街コンで連絡先を交換するタイミングとその後にするべきこととは?

街コンレポート_女性が携帯電話を操作しています

スポーツコンやゲームコンなど、日々さまざまな種類のイベントが開催されている街コン。せっかく良い相手を見つけても、連絡先を交換できずに終わってしまう方はいませんか?「良い人をみつけたけど、どうしたらいいの?」「連絡先は交換したけど、その後はどうするの?」など悩めるあなたに、街コンで上手に連絡先を交換する方法とその後のやりとりで押さえておきたいポイントをご紹介します。

街コンで連絡先を交換する時のポイントは?

チャンスを逃がさない

多くの街コンでは、自分の好きなタイミングで連絡先の交換ができるようになっています。

気になる相手と趣味やプライベートについて共通点を見つけながら話し、自然な流れで連絡先を交換する理由を作れるとベストですね。会話が盛り上がったところで「もっとお話ししたいので連絡先を交換しましょう」「それについて詳しく聞きたい」などと切り出せばスムーズに交換できるはずです。また、席替えのタイミングも交換のチャンス!
「会話が楽しかった」と素直に伝えると、相手も好感を持って連絡先交換に応じてくれるでしょう。

また、主催側が連絡先の交換を行う時間を設けているイベントもあるので、その場合はチャンスを逃さず相手から聞き出してみてください。

複数人でテーブルを囲うイベントの時は、盛り上がった流れでLINEグループができることがあります。一対一だと緊張してしまい、うまく相手と連絡先が交換できるか不安という方もグループLINEを狙えば気軽に連絡先の交換ができますよ。

相手に印象を残す

多くの人と出会える街コンでは、連絡先を交換してもイベント後に振り返ると誰だか分からないという困った状況もしばしば。こちらは覚えていても相手が覚えていなければ、メールやLINEを送っても返信がない場合もあります。そんな状況を避けるためには、自分の印象を相手に残すことを心掛けるのが大切。
趣味コンであればイベントのテーマに関して自分の知識を詳しく話してみるのも良いでしょう。その内容について興味がある・好きという方の参加が多いので、会話が弾むと相手の印象に残ります。

相手のプライベートや趣味について積極的に質問することも、一つの話題を共有することに繋がり相手に好印象を残せるでしょう。

また、相手に自分を覚えてもらうためには、自己紹介が大切。名前を覚えてもらえば、イベント後に連絡しようとしたけど誰か思い出してもらえないという失敗を避けることができます。自己紹介に特技や愛称などをまじえると相手に印象が残りやすいでしょう。

街コンで連絡先を交換した後は…?

自分から連絡する

イベント終了後、相手の連絡を待ち続けていませんか?

せっかく良い相手と出会えたのに受け身になっていては、いつまで経っても相手と進展できません。「相手が連絡をしてくれるまで待とう」「いま送ったら迷惑かな」と考えている間にも、相手は他の方とやり取りを始めているかもしれませんし、印象がすっかり薄れてしまっている可能性もあります。

街コン参加者に聞いたアンケートでは男性・女性関係なく、自分よりも先に相手からコンタクトをとってくれると「自分に興味を持ってくれていると感じる」「連絡をくれて嬉しい」という声も。消極的にならず、ぜひ自分からメールやLINEをしてください。

会話をして今後に繋げる

ただ「今日は楽しかったです」という内容を送るだけでは、やり取りが一度で終わってしまいやすく、その後に繋がらない可能性があります。

メールやLINEを送る時は、今日の感想だけでなく、返信が予想できる言葉を投げかけるようにして会話を続けましょう。「あの話の続きが気になった」「興味が出たから今度やってみたい」など相手の趣味や特技、会話で印象に残っているものについての話題だと相手も返信がしやすいはずです。

イベント後も楽しいやり取りが続けば、相手をもっと知りたい、もう一度会ってみたいという気持ちに。ちょっとした質問を入れるなど地道に会話を続けていくことが今後に繋がります。

街コンレポート_みんなで携帯電話の操作をしています

連絡のやりとりで相手と発展する方法は?

イベント後も、LINEやメールを通して相手と会話を続けることが今後の発展の第一歩となります。しかし、相手に好印象を与える方法が分からず悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。慎重になりすぎてしまうと逆にデートに至るまでの進展が見られないことも。面倒がられて連絡が途絶えてしまうのも避けたいですね。

ここでは、気になる相手と今後の発展が期待できるやりとりのポイントをご紹介します。

すぐ連絡する

連絡するタイミングとして一番自然なのは、相手と連絡先を交換したその日。気を遣って翌日に持ち越してしまうより、楽しかったイベントの印象が残っている間に連絡を取ると良いでしょう。帰りの電車の中などの帰宅途中のタイミングだと、相手の面倒も少ないので気軽に連絡できます。

連絡をする際は、相手がすぐに思い出せるように名前を伝えることも忘れないようにしましょう。イベントでの出来事を付け加えると相手も返事がしやすいはずです。

相手を気遣った内容に

メールやLINEのやり取りは、実際の会話と同じように相手を気遣う姿勢が評価されます。

街コンの当日なら「気を付けて帰ってね」などの言葉を入れるだけで好感度がアップ。自分のことばかり話し続けると、相手が返事に困ってしまい徐々に疎遠になってしまう可能性があるので注意してください。相手に関する質問を投げかけるなど、一方通行にならない会話を意識しましょう。

お互いを知ることで、もう一度会って話したいという気持ちが芽生えてくるはずです。

趣味の話から始めてみる

会話が続きやすい趣味の話は、今後の発展に繋げやすいので話題としておすすめです。

イベント中に趣味や特技の話で盛り上がったなら、その続きをLINEやメールですることで「一緒にやりませんか?」と自然な流れでデートに誘うことができます。趣味を通じることで、実際に会った際の会話もスムーズに。お互いにストレスを感じることなく過ごせると、また次のデートの約束に繋げることができます。

逆に相手が困ってしまうNG行為とは

返信の頻度は適度に行う

1日にLINEやメールを何度も送ってしまうのは相手の負担になるので避けましょう。相手から返事が届いてもすぐに返すのではなく、数分おいて送るなどガツガツしすぎない適度な回数を意識することが大切です。

相手によっては数日経って返事をするなどマイペースな人や、1日に何度もやり取りをしても平気な人など様々。何度かやり取りをするなかで相手のペースを掴んで合わせてみると良いでしょう。

堅苦しい表現はしない

相手を気遣う文面を意識するあまり、ビジネスメールのような堅苦しい内容にならないように注意しましょう。かしこまりすぎた内容は、相手との距離が縮まらない原因になります。イベント中の相手の口調を思い出しながら、相手に合わせた明るく楽しい雰囲気の文面を意識してくださいね。

まとめ

楽しいイベントを通して、気の合う相手を見つけられる街コン。次に繋げるためには連絡先の交換はもちろんのこと、その後のやり取りも重要です。

メールやLINEだと相手の口調や表情が見えず、楽しんでくれているのか悩んでしまうこともあるかもしれません。しかし、ご紹介した幾つかのポイントを意識するだけで楽しいやり取りができ、デートなどの進展にも繋がります。ぜひ、イベント後も素敵な関係を築いてくださいね。

自分に合った街コンを探す

 

↓↓↓気になる人へのLINE術をもう少し詳しくこちらの記事でご紹介しています。こちらからご覧ください↓↓↓
好きな人とのLINE術

コメントを残す