30代で実家暮らしの女性は「幼いおばさん化」している!

街コンレポート_朝食を見つめながら乗り気じゃない顔をしている女性

30歳を超えても「楽だから」といった理由で、実家から出たことがない人がいるようです。その割合は年々増えています。

そういった人たちは、一人暮らしを経験しないことで生活や感受性が学生から成長せず「幼いおばさん化」してしまっている人もいるとか。
ギクッとした人は、以下の項目に当てはまらないかチェックしてみましょう。

あなたは「幼いおばさん化」していない?チェックリスト

大人のつもりでいても、周りから見るとちょっとズレた感覚をもっているように見られる幼いおばさん。項目に3つ以上当てはまるなら要注意です。

金銭感覚が学生時代から変わらない

30代にもなるとある程度の金銭感覚が身に付いてくるもの。食費がこのくらい、引っ越しにかかるのはこのぐらいと、一般の金銭感覚ができてくるでしょう。
しかし、一人暮らしをしたことがない女性だと、経験不足から少しずれた金銭感覚を持っている様子。
例えば、一か月にかかる食費がどのくらいなのか把握していなかったり、高額な化粧品を大量に購入したり、といった行動が当てはまります。
実家にいると家賃やご飯のお金を心配する必要がないため、ある程度お金に余裕ができます。一人暮らしなら節制するような部分にも、何も考えずにお金をかけてしまう。金銭感覚がバイトを始めた学生と何ら変わらない状態です。

家事はほとんど親任せ

自分はひたすら仕事と実家の行き帰りを繰り返すだけで、家事はすべて親任せ。朝は親に起こしてもらって、親が作った朝食やお弁当を食べて、家に帰るとキレイに掃除された部屋が待っている。
10代と全く変わらない状態を過ごしているとアウトです。男性のドン引き対象に入ります。
「休みの日くらいは自分でやっている」「冷蔵庫の中で何か作るのはできないけれど、レシピと材料があればできる」
そんな反論をする人もいますが、そんなのは残念ながら家事をしているとは言えません。
家政婦を雇うくらいの所得や環境があれば何も言いませんが、一般的な生活を送るうえで、ちょっとした家事もまともにできない大人は幼いおばさんの仲間入りです。

部屋に勉強机がまだある

実家で暮らしていて、自分の部屋は小学校から使っている勉強机。壁にはアイドルのポスター、好きなぬいぐるみに囲まれている…いわゆる「子供部屋おばさん」です。
自分だけの空間が学生時代から何も変わらない状態だと、成長が見られません。
その部屋に好きな男性を呼べるでしょうか。恥ずかしいと思うなら、その小学校スタイルの机からまず変えましょう。

低所得で家から出られない

所得が低いから家から出られない、と嘆く人もいます。
けれど、家から出ようと思えば、安いアパートからでも一人暮らしは始められます。学生がバイトをしながら一人暮らしが出来ているのです。30代が出来ないわけがありません。
いざとなったら、最初のうちは親に援助してもらっても良いでしょう。やろうと思えばできるのです。

また、実家暮らしの人は、仕事で成長したいという気持ちが低いという話しもあります。
一人暮らしを始めてから生活がきつい。だから、もっと仕事で成果を出したい、給与を上げたいという気持ちに繋がります。
一人暮らしは、成長のきっかけにもなるのです。

実家に甘えていてはそういった焦る気持ちが起こらないため、仕事でも「今のままでいいや」と現状維持になり、低所得のままになってしまうのかもしれません。

高級品を買って大人気分になる

「大人だからちょっと高い服を買おう」と、高級品を買うことで大人気分を楽しんでいませんか?
高いものを買えるようになるほど、稼げる大人になった。と気分が上がるのは分かります。
ただ、その感覚は社会人になり始めた20代前半で終わるものです。

30歳にもなれば、高級品を買うことも良いですが、家計のことを考えてうまく貯蓄に回すのが賢い考え。
大人気分にならず、通常のこととして捉えるでしょう。

必要のない化粧品や洋服を買っていませんか?
所得があるならまだしも、実家暮らしで自由なお金があるからと、給与をほとんど使い切ってしまうような使い方をするのは、将来のことを考えられない幼い思考と言えます。

周りの友達も実家暮らし

仲の良い友達が実家暮らしだと話しも合いますし、会話に違和感を感じないでしょう。
その居心地の良さから、「自分が周りと大きく違うわけではない」と思って、実家暮らしを続けてしまうパターンが多いです。

けれど、その友達も含めて幼いおばさんになりかけている可能性が高いです。

類は友を呼ぶと言います。
自分の周りに一人暮らしの人が少ないなら、一人暮らしをしている人と話をしましょう。
感覚が一段上で、大人の考えをしていると実感するでしょう。

親が「出て行かないで」と共依存状態

実家暮らしをしている人の中には、「親に出て行かないでと言われたから…」という人もいるでしょう。
子どもの成長をさたまげる毒親を持つ場合は、致し方ないと考えるかもしれませんが、親の呪縛を振り切ってこその成長です。

親に言われたから仕方なくと反論する人は、共依存している可能性が高いです。
それで、40、50になっても実家に暮らしていて、突然親が亡くなった場合、どうしますか?
いきなりの一人暮らしを歳を重ねて経験したとき、「もっと若い時に経験しておけば…」と後悔するでしょう。

門限を気にせずに家に帰る。好きな時に好きなものを食べる。そんな自由を楽しむ邪魔をする親の言うことを聞く必要はありません。
親にとってもここでしっかりと依存から解放するのが吉です。
親も子どもが40、50になって結婚もせずずっと実家にいる状態を最終的には自分のせいだと苦しむことになるのです。
子どもから離れてあげましょう。

男性には自立を求めてしまう

実家暮らし同士で理解しながら過ごすならまだ良いでしょう。
しかし、自分は実家に暮らしてぬくぬくと過ごしているにも関わらず、30代の男性が実家で暮らしていると聞くと「え?実家暮らしなの?」と、引いてしまいませんか?
そんな自立しない男性に、マザコンの気や金銭感覚の無さを感じてしまうのでしょう。

けれど、それは立派な棚上げです。女性は実家暮らしも奥ゆかしく捉えられるんじゃないかと、期待してはいけません。
男性と同じく「自立できない性格」「付き合ったら依存されそう」と、身構えてしまう存在です。
自立した経済力のある男性とお付き合いを望むのなら、自分自身も自立に向けて動きましょう。

ペットから離れられない

実家でペットを飼っていると、離れがたくて一人暮らしができない。という人がいます。
では、ペットが亡くなったら実家から離れられるのでしょうか?

「はい」と言えないなら、別の理由があるはず。

答えは、ペット以外に癒しがない、ペット以外にもこうなりたいという目標意識がないからでしょう。
ペットが大好きでも一人暮らししている人は、新しい趣味や恋人という癒しを見つけて、生活を豊かにできています。また、ペットが大切でも自分の目標に向けて一人暮らしに動き出す人もいます。
そのような変化を見いだせず、ずっとペットに依存しているために、趣味の変わらない幼いおばさんになっていくのです。

家から出るのが怖い

そもそも論ですが、家から出ることが怖いという人がいます。
家から出ると自分は生きていけないのではないか、何かトラブルを起こしてしまうのではないかと、異常に心配をしてしまう人です。
自分に自信がないと、そのように過剰な心配で押しつぶされてしまいます。

誰しも皆、最初は同じように不安です。
しかし、大人になるとみんな自分で考えて動かないといけません。いつまでも誰かに頼って生きていく姿勢こそ、幼いおばさんの特徴といえます。

自分で家を決めて、自分で付き合う相手を決めて、何かあっても自分で責任を持つ。
責任感ある姿勢を身につけられるようになるのも、一人暮らしを経験してからこそ得られるのです。

幼いおばさんから卒業しよう

いかがでしたか? 3つ以上当てはまるなら、思考が成長しきれていない幼いおばさんの予備軍と言えます。

自分自身がこのままでもいいと思うなら、そのまま実家暮らしを続けても良いでしょう。
しかし、「いろいろと事情があって、今は実家暮らしをしているけれど、このままではいけない!」と感じたのであれば、少しずつ生活を変えていきましょう。
家事を始めるところから始めても良いですし、一人暮らしの友達を作るところから始めても良いでしょう。とりあえず何か始めてみることが大切です。

彼氏がなかなかできなかった女性が、これをやったら彼氏ができたという行動が「一人暮らし」とも言われています。

いつか結婚したい、子どもが欲しいと考えているのであれば、迷う時間はありません。
是非、一人暮らしを検討してみてください。

また、幼いおばさんを卒業するために、交流イベントや恋活パーティーに参加することで、交友関係や人脈を広げてみるのも方法のひとつです。

いろいろな人と接してみることで、幼なかった自分に気づいたり、これからの意識も変わることでしょう。また、人生を変えるような素敵な出会いもあるかもしれませんよ。

自分を変えようとする勇気を持った貴方を応援しています!

24 COMMENTS

匿名

実家暮らしの女性に何の恨みがあるんだろう(笑)
この記事のライターは価値観が可哀想な人。文化水準が低いんだろうな。

返信する
まる

貴女が言っている意味が不明です。
可哀想なのは貴女とその周りの家族。
親不幸です。
介護生活を完全に知らないから全てを舐めている。

返信する
匿名

まともに家事が出来ない時点で終わってる。いつまでもお姫様気分(お殿様気分)でいると痛いことに

返信する
am

一人で暮らしてみて、勉強になることがある、というのはわかりますが、記事の書き方に配慮が無いですよね。
きっと、この記事を書いた方はお気づきではないのでしょう。無知な方の観点だと思います。

返信する
匿名

知り合いのことを書いてるのかと思って笑った
多分身近にこういうのいるんだろうね。

返信する
匿名

低所得でも安いアパートを~と書いてますが、私は地方暮らしですが、所得は毎回ワースト3位以内に入ってる県なのに、家賃は異常に高いです。無理して1人暮らしして、貯金もなくて…結局、実家に戻った人が多いです。それぞれ事情もあるし、一概に「こうすべき!」というのは、どうかと思います。

返信する
匿名

たしかに!
30越えてなにかを決めるのに親に相談してみるって返答は決まって実家暮らしの人に多い気がする。

返信する
わろた

友達は実家3つあるけど別にいんじゃない?家と仕事近くに購入したマンション2つ
家あまってるしもったいないじゃん。
職場から近いならなおよし。
このマンション、友達が言うには親の名義だし母親はほぼ毎日来てる。
彼女の収入は私と同じくらいで高給取りではなし。
これを書いた人は『○○だから××の傾向が強い』ていう、ステレオな考えしか出来ない人なんだなぁ……と思いました。
そうじゃなくて、『○○だけど××、そして中には△△のタイプも1~2割、しかし10人に取材したところ1人は◎◎だった。』のような書き方だったらよかったんじゃない?
やっぱちゃんと取材しないと意味ないもんねぇ。
これを書いた人、もしかしてネット上の他のブログ参考にして、書いてるだけなんじゃなかろうかw
すまんw

返信する
匿名

一人暮らし始めたら彼氏が出来たってそれ相手からしたら無料の宿付きセフレかなんかなんじゃないの?笑

返信する
匿名

男はどうなんですか?
結婚してもみんな奥さんに任せっきりの人もいるじゃないですか?
こうやって特定の女を責める記事書いて何が楽しいの?
偏見の目で人見て攻撃するのやめた方がいいよ。

返信する
一人暮らしに依存しすぎ

全体的にこの記事書いた人の考え方もおかしいw依存依存っていうけど逆に一人暮らしに依存しすぎだし考え方に偏りありすぎwペット飼ってて一人暮らししてるのがなんなの?個人の自由でしょう。

返信する
匿名

子供おばさんっていうんだよ。それは。幼いおばさんっておかしな表現
家事しないとかあり得ない。

返信する
匿名

非正規雇用が大半のこのご時世に一人暮らししようとしてもできない人が山ほどいるのは馬鹿でも分かるのにこの記事書いた奴あまりにも情弱過ぎ
こういう話題は荒れるからまともな記事書けないバカは書かない方がいいですよ。

返信する
匿名

幼いおばさん、まさに会社の先輩。
ご両親が旅行で不在の時は、何も作れないので全て外食。固定資産税、光熱費なども何それ状態。
もうアラフィフです。

返信する
匿名

記事の内容は若干の悪意があるけど、こういう人ってアイドルとか2次元のオタクに多いよね
ランダムのグッズとかを惜しげもなく買いまくってる所とかみるとうわぁってなる。

返信する
匿名

「無駄に家賃と光熱費払うだけで自立してる」ってのがおかしいと思うけど。

例えば実家暮らしでも親の手伝いして感謝されてる人もおるし。他人が選んだ生き方にケチ付ける時点で、実家暮らしに嫉妬してるんやないの?

返信する
匿名

批判的なコメントしてる人が多いけど、どれも男目線から見たらその通りと思います。
本当の事を言われて悔しいから吠えてるようにしか見えない。

返信する
うな

長文失礼します。私個人な意見ですが、
正直人生は人それぞれで状況も違うので、優劣付けて比べられる物では無いと思います。

あくまで例の話ですが、実家暮らしで仕事と家事を両立し、人数分の食事を用意しながら支えてる人もいれば、一人暮らしで働かず仕送りのみで生活。掃除は適当、飲み歩き、パチンコ三昧で何もせずぐーたらしてる人もおります。

極端に殺人などは別として、何を尊敬し、どんな人生を歩もうと、個人の自由。
人間最後は皆平等に亡くなるので、自分で納得した生き方をすれば良いのではないでしょうか。

今まで自分の歩んでこられた生き方にさぞ自信がおありな様で… 記事でよほどそこまでおっしゃるのであれば、あなたは大変ごりっぱな方なのでしょうね。

他人の生活に口を挟んで、余計なお世話! と言った所で、私の発言もライターさんからしたら、何を記事に書こうが自分の自由でしょ! と思うかもしれないですね♪

返信する

コメントを残す