街コンで守るべきマナーとは?

街コンレポート_花があるお店の入り口

楽しみながら相手を探せる街コン。素敵な相手に出会うためには、マナーを守らなければいけません。マナー違反をしてしまうと、せっかくの出会いも台無しにしてしまうからです。街コンで良い相手を見つけるためにも、守るべきマナーを学んでいきましょう。

街コン参加時に気を付けるべきマナー

身なりや開始前の到着など、基本的なマナーは必ず守りましょう。相手に良い印象を持ってもらうためにも、参加する前に身なりや自己紹介などの準備・確認もしておくべきです。準備が整っていないと、悪い意味で目立ってしまいます。

遅れて参加しない

これは基本的なマナーの1つですが、同時に重要なことでもあります。遅れてやってくると、周りからだらしない人だと思われてしまうからです。街コンによっては、遅刻すると参加資格を失うことも。せっかく申し込んだのに遅刻して参加できなかった、という事態は避けなければいけません。事前に交通手段や、開催場所に着くまでにかかる時間を確認。余裕を持って開始5~10分前などについておくのがベストです。

清潔感のある服装で参加

気合いを入れて参加する人も多くいるかもしれませんが、服装はできるだけカジュアルかつ清潔感のあるものにしましょう。街コンの内容にもよりますが、派手な服や肌の露出度の高い服、ジャージでの参加は避けたほうが無難です。同様に、髪やヒゲなどの身だしなみも整えておく必要があります。髪は濡らすなどして寝ぐせを直し、無精ヒゲは剃るなどして対処。爪も長すぎず短すぎない程度に切りそろえておくと、よりキレイに見えます。

明るい挨拶や自己紹介を心がける

挨拶や自己紹介は明るい声でやるのがおすすめ。開催地に着いた際、スタッフや参加者に一言挨拶するだけでも印象は良くなります。逆に何も言わないと、不愛想な人だと思われるかもしれないので注意。自己紹介はアドリブで行うより、事前に名前や年齢、職業などについて簡潔にまとめておきましょう。準備しておけばスムーズに自己紹介ができますし、明るく話せばより好印象を与えることができます。恥ずかしがらず、自信を持って話すことが大切です。

街コン参加中に気を付けるべきマナー

特に気をつけなければいけないのが、参加中のマナーです。自分では気づかなくても、相手には不快な思いをさせていることも。知らず知らずのうちに悪い印象を与えないためにも、参加時のマナーについて学んでおきましょう。

周りに気を配る

街コン中は自分から行動することが大切です。ただ話しかけるだけでなく、周りのフォローもしてみましょう。例えばお店での街コンの場合、皆の話を聞きまとめて注文する。空いているお皿を下げてもらうなど、自分から声をかけることで行動力をアピールできます。店員に声をかける時も、丁寧な言葉づかいで注文しましょう。参加者以外にも丁寧に接する人は、周りから見ていて気持ちがいいものです。また、横柄な態度をとらないように気をつけてください。

相手の話を聞く

自分だけ話し続けるのではなく、相手の話にも耳を傾けましょう。そうすることで、楽しく会話を続けることができます。顔を見ながら相づちをうち、時に相手の話に対して何か返すのも大切です。それが相手の話を聞いているという証明になります。気をつけるべきは、スマホをいじりながらの会話です。真面目に聞いていないように見えますし、周りからも失礼な人だと捉えられてしまいます。話を聞くときはスマホを置いて、相手の会話に集中しましょう。

愚痴や自慢話ばかりしないように注意

自分が話す場合、仕事や家族の愚痴、自慢話は控えましょう。愚痴やネガティブな発言ばかりだと、楽しい雰囲気を壊してしまいます。自慢話は見栄っ張りだと思われるかもしれません。自分のことを話したいという気持ちは分かります。しかし、街コンとは楽しみながら出会いを探す場所です。愚痴や自慢話はグッとこらえて、相手と一緒に楽しめる話題にしましょう。そうすれば後に、愚痴や自慢を気軽に言い合える仲になるかもしれません。

過度なスキンシップはNG

相手の体にさわるのは、基本的にやってはいけない行為です。初対面で頭にさわる、肩を組むというのは失礼にあたります。セクハラだと感じて傷つく人もいるので、過度なボディタッチをしないように気をつけましょう。さわるだけでなく、近づきすぎるのもNGです。人には他人に近づかれると不快に感じる距離間があります。相手との距離感も気にかけつつ、楽しくコミュニケーションをとりましょう。

お酒を飲みすぎない

街コンによってはワインパーティや日本酒コンなど、お酒が飲めるものもあります。その場合に気を付けるべきは、必要以上に酔っぱらわないことです。特に酒乱やお酒に弱い人は、こうしたイベントは避けたほうが良いでしょう。酔っぱらって大声を出す、酔いつぶれるなどは周りの迷惑になります。それだけでなく、自分の管理ができない人とみなされる可能性が高いです。お酒を飲む際は悪酔いしてしまわないよう、量を抑えることを心がけてください。

食べ方に気を付ける

食事の際に気をつけたいのが食べ方です。特に口を開けて音を立てながら食べるのは、大きなマイナスイメージとなります。この食べ方をしている人はクチャラーと呼ばれ、自分で気づけない人もいます。ただ、クチャラーは口を閉じて食事すれば改善できるものです。街コンに参加する前に、自分でのチェックや家族、友人に聞いてみるなどして確認。口を閉じて食事を意識して、事前に改善しておきましょう。

楽しみながら参加する

街コンでは、楽しみながらの参加が重要です。そうすることで場の雰囲気も良くなりますし、好印象を得られます。逆に沈んだ気持ちで参加してしまうと、それが周りにも伝わり全体の空気が悪くなるかもしれません。人によっては、街コン前日や当日に嫌なことが起きることもあります。しかし、それをイベント会場まで引きずってしまうのは良くありません。沈んだ気持ちを持っていても、参加すると決めたならば気持ちを切り替えて楽しむことに集中する。そうすれば、沈んでいた気持ちも解消されるはずです。

街コン終了後に気を付けるべきマナー

街コンが終わった後も、守るべきマナーがいくつかあります。終わったからといって自分勝手にせず、周りに対する気配りを忘れないようにしましょう。

終了後は会場に残り続けない

イベントの主催者や街コン会場となった店舗は片付けや次のお客様を迎える準備をしなければいけないので、開催場所である店や会場に長居するのは良くありません。街コンが終わった後はできるだけ早めに退出。まだ話したりないという場合は、他の場所への移動や連絡先の交換などで対応しましょう。参加者だけでなく、スタッフに配慮した行動をとることもマナーの1つです。

連絡先の交換や二次会参加を無理強いしない

街コンでは、今後も連絡を取り合いたい相手が見つかるでしょう。ただし、相手も自分と同じ気持ちとは限りません。勇気を出して連絡先の交換をお願いしたり、二次会に誘っても断られる可能性はあります。そういう時は無理強いせず、すぐに引き下がるのがベストです。ここでしつこくすると印象が悪くなり、周りで見ている人も嫌な気分になってしまいます。自分のことばかりではなく、相手の意見もしっかりと聞く大人として行動しましょう。

まとめ

街コンに関するマナーは、日常生活にも関係があるものばかりです。街コンに参加している時だけでなく、常日頃から意識して守るようにしましょう。マナーを守る人は周りからの好感度が高く、素敵な相手と出会える可能性が上があるからです。交際がスタートした後、円満な関係が築きやすくなるといったメリットもあります。良い相手を見つけるためには、まず自分自身が良い大人になる必要があるのです。まずはマナーを1つ、守るように意識してみてください。

↓↓↓こちらの記事は、年代別のおすすめ街コンをご紹介。是非チェックしてみてくださいね↓↓↓
【必読】年代別でオススメの街コンを聞いてみました。

コメントを残す