話題の体験型趣味コン!農業コンとは?

街コンレポート_畑に収穫された農作物が置かれています

農業コン

農作業や収穫を体験しながらステキな相手と出会える街コン「農業コン」。農業に興味がある人や、農家で働いている人と出会いたい人におすすめの街コンです。野菜の収穫体験や動物のふれあい体験ができるので非日常感を味わえます。ここでは農業コンの特徴や口コミ、攻略法についてまとめました。

農業コンの特徴

農家で働く人・農家に興味がある人と出会える

農業コンの大きな特徴は、農家で働いている男女と出会えること。JAグループや農家の人が運営している農業コンでは、本格的な農業に触れ合えるだけでなく、農業をしている男女と出会うきっかけをつくってくれます。お互いに農家でなくとも、農業に興味がある人同士が知り合えるイベントも開催。「将来は地方でのんびり暮らしたい人」「日頃の生活では、農家の異性と知り合う機会が少ない人」におすすめの街コンです。

農作業・野菜や果物の収獲体験ができる

「農業には興味があるけれど、花や作物を育てたことが無い」という女性も多いはず。ですが、指導員が細かく指導してくれるイベントもあるので、農業初心者の人でも安心して参加できます。男性からは、農作業の仕方や収獲方法を手取り足取り教えてもらえるのが大きなポイント。相手の人柄や性格だけでなく、農家にそそぐ熱意も垣間見れます。土に触れあい、野菜や果物を収穫しながら相手と接するイベントなので、緊張することなく会話ができます。収穫した野菜や果物はおみやげとして持ち帰りOK。ステキな相手と新鮮な野菜を一気にゲットできるチャンスかも!?

牛やヤギといった動物と触れ合える

農業コンの運営者のなかには、畑だけでなく、牧場や酪農を管理しているところもあります。そのため、動物の触れ合い体験も一緒にできるイベントも。実際に開催しているイベントでは、男女ペアとなりヤギに触れ合いながら話をするスタイルなどがあります。農業コンでは、農作業や収穫の手際はもちろん、動物に対する接し方を見れるのも大きなポイント。動物に対してどういう対応をするかでその人の性格が分かるそうです。動物がニガテな人は触れ合い体験込みのイベントは避けて申し込むと◎。

料理体験ができる

野菜や果物を収獲をしたあとは、ピザ焼きやバーベキュー体験を用意しているイベントもあります。「新婚生活ってこんな感じなのかな…」と具体的にイメージしやすいかもしれません。包丁や食材の扱い方だけでなく、料理の腕前も確認できるのが嬉しいですね。

農作業講習のチケットがもらえる

「農業の知識や体験ができたけど、それを活かせないのはもったいない…」と感じる人もいるのではないでしょうか。農業コンのなかには、そんな人のために、農作業の指導を受けられるチケットを用意しています。農作業の知識がより深まるだけでなく、農業をしている人と出会うチャンスがグッと高まるため、是非とも利用したいところですね。

農業コンの基本情報

ジャンル
趣味コン

費用の相場
男性:6,500円~7,700円
女性:2,000円~4,500円

開催地
北海道・千葉県・埼玉県など

実際に農業コンに参加した方の口コミ

「出会える&ストレス解消&美味しい」でメリットだらけ

農業体験とピザ焼き体験がセットになっている農業コンに参加しました。私のパートナーは第一印象が大人しい男性だったのですが、農業経験があり、種まき・収穫の作業が素早い(笑)。知識も豊富で学びが多く、2時間の農作業をがっつり楽しめました。ピザ焼き体験は石窯を使って自分でピザを焼くのですが、これがかなり美味しくて感動もの。すべて合わせて4時間スケジュールのイベントでしたが、時間が短く感じるほど楽しかったです。土いじりでストレス解消ができ、帰りは野菜ももらえて、彼氏もできる。一石三鳥の街コンでした。(女性・20代)

同じ目的意識があるから会話がはずみます

最初は緊張でガチガチでしたが、農作業を一緒にしていくうちに、相手と自然と話せるようになりました。立食パーティーのようなギラギラした婚活パーティーだと気遅れしてしまう人も、農業コンなら作業を通してリラックスしながら相手と向き合えると思います。ギラギラした婚活に疲れた人や、婚活初心者におすすめの街コンですね。分からない点があれば、イベントスタッフが丁寧にサポートしてくれるので、不安もありません。ステキな男性と知り合えて、良い思い出になりました。(女性・30代)

農業コンで出会った女性と結婚しました

体を動かすのが好きなので、「もし出会いがなかったとしても農業体験ができればいいか」くらいの気持ちで参加しました。そこで一緒に作業を進めた女性と意気投合し、順調にお付き合いに発展。最近、籍を入れました。どんなところにステキな出会いがあるか、本当に分からないですね。このイベントでは彼女だけでなく、気が合う男友達もできて交流関係が広がったので、参加して本当に良かったです!(男性・30代)

真剣交際を考えている人多め

参加者は真剣に結婚まで考えていて、将来設計を立てている人が多かったです。「農作業を一緒にやる」という時間が設けられていて、他イベントと比べても相手と話す時間がしっかり取られている点がいいですね。会場の雰囲気は和やかで、進行もスムーズだったので、不安なく過ごせました。帰る時には、お土産として野菜をもらえるのも個人的に嬉しいポイントです(笑)。また参加します。(女性・30代)

農業男性と知り合えました

お米の収穫体験をしてきました!まる一日農業を体験するというプランで、一日が終わる頃には多くの参加者に打ち解け合える相手ができていました。私も気の合う男性がいたので、連絡先を交換してメールのやり取りをするように。交際には至りませんでしたが、良い出会いだったことは間違いありません。また機会があれば参加したいです。(女性・30代)

街コンレポート_畑に農作物が植えられています

「農業コン」の攻略法

野菜や果物の収穫体験や動物の触れ合い、料理も一緒に作れる農業コン。農家の人はもちろん、農業に興味がある人と出会えるチャンスが高い街コンです。普段では味わえない体験ができるぶん、その作業に没頭してしまう可能性があるため、ここでは農作業を楽しみつつ、ステキな相手と出会えるポイントをいくつか紹介します。

汚れても良い格好で参加すべし!

土いじりや農作業を行なえるのが醍醐味のイベントなので、汚れても良い格好で参加しましょう。白い洋服やスカートはもってのほか。空気をよめない女性は農業コンだけでなく、他の街コンでも「イタい人」だと思われてしまいます。農作業や収穫作業をしたあとに、別会場でフリートークタイムが設けられる可能性があるため、着替えを持っておくと◎。

「疲れた・汚れた」といった言葉を避ける

農業コンでは、農作業体験や収穫体験を行なうので、力仕事や作業が必須です。そのため、通常の街コンよりも「疲れた・汚れた」と感じる可能性があります。ですが、周囲の人がその言葉を聞いてどう思うでしょうか。楽しかった気持ちがしぼみ、話をする意欲が無くなってしまうかもしれません。「楽しかった」「貴重な体験ができた」というようなポジティブな言葉を使うと、相手も気持ちよく会話ができますよ。

なんでも相手任せにしない

農作業や収獲作業の経験があまりないからと、相手に任せっきり・頼りっぱなしになるのはNG。「自分はできないアピール」をここで出してはいけません。頼りがいある姿勢を見たいという気持ちも分かりますが、経験が無いからこそ、相手と触れ合えるチャンスなのです。工具の使い方一つにしても、どのように使うかを尋ねるだけで会話の話題はグンと広がりますよ。

農業コンには「農業を本格的に将来行いたい」「家庭菜園を楽しみたい」「農業には興味がある程度」と色々な人が集まります。そのため、なんでも積極的に楽しんでやる姿勢が参加者を惹きつける大きな魅力になるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。