意外と参加しやすいかも!街コンはメリットがたくさんあった!

街コンレポート_男女がお酒を手に持って会話を楽しんでいる

街コンはメリットがたくさんある!

街コンは毎月さまざまな場所で開催されています。たくさんの人が参加して、ワイワイと楽しそう。

そんな街コンには、実はメリットがたくさんあったんです。

街コンのメリットとは?

街コンに参加するメリットをまとめました。メリットをうまく活用して、街コンを思いっきり楽しみましょう。

ハードルが低いから気軽に参加しやすい

街コンは料金を払って申し込めば誰でも参加できます。婚活に比べて参加までのハードルが低く、気になる異性とお付き合いするかどうかを決めるのも自分次第。結婚を意識するというより出会いを求めるための場なので、『異性と出会うチャンスは欲しいけど、結婚を前提としたお付き合いはちょっと…』という人におすすめです。

たくさんの異性と知り合うチャンスがある

街コンは指定されたエリア全体で自由に異性へ声掛けができるので、たくさんの異性と知り合えます。

参加者は少人数から大人数まで様々で、10名程度のものから100人規模のものまで。。さらに大規模な街コンになると数千人にもなります。一般的な合コンの平均的な参加者は6名程度なので、多くの異性と知り合えるチャンスがあるのです。

街コンは基本的に同性2名1組となってエリア内で指定された店舗を訪れ、異性とコミュニケーションをとります。立食スタイルなら話が弾まないと思えばすぐに席を外せますし、フィーリングが合えばそのまま会話を続けてもOK。どんな異性と相性が良いのかを知るきっかけにもなりますよ。

ハイスペックな参加者との遭遇率アップ

大勢の人が参加するイベントなので、ハイスペックな異性がいる可能性が高くなります。でも一つの場所に立ち止まっていては、出会う確率は低くなるでしょう。

積極的に動いて、チャンスを見逃さないようにしたいですね。

街コンレポート_3種類のビールが並んでいる

おいしい食事とアルコールが楽しめる

街コンでは、異性との会話と食事の両方を楽しんでいる人がいます。街コン会場は有名店舗も多く、気になっていてもなかなか行けなかったお店の場合もあるのだとか。お酒好きの人は、珍しいお酒を用意しているお店を見つけるとウキウキするかもしれませんね。

飲食代は参加費用に含まれていることがほとんどなので、異性との出会いを楽しみつつ、お店巡りをしてみても良いでしょう。

自分に合ったイベントなら会話が苦手な人でも大丈夫

自分に合ったイベント形態が選べるのも街コンのメリットです。街コンには食事と会話を楽しむ一般的なスタイルのほかに、会話メインの恋活・婚活パーティ、同じ趣味の異性と出会える趣味コン、体を動かしながらコミュニケーションをとる体験コンといったスタイルがあります。

特に趣味コン・体験コンは文科系・運動系ともに種類が豊富です。自分が得意とすることや趣味などで集まった異性同士なら、会話が苦手な人でも話しやすくなるかもしれませんね。体験コンは一緒に体験することで意気投合しやすくなります。

異性と話す時のトークスキルが身につく

街コンはトーク力が磨かれる場でもあります。新しい異性と出会うと、必ずといっていいほど行われるのが自己紹介。

それを何度も繰り返しているうちに、初対面の人とでも話しやすくなっていきます。

街コンはフランクな場なので、人見知りの人、口下手な人でも話しやすくなっていくでしょう。

自分の好きなタイプを知るきっかけがつかめる

街コン参加者は、異性にさまざまな方法でアプローチを仕掛けてきます。そこから異性が本気かどうかを見極められるようになるのだそう。

本気で運命の人を探している人は、とにかくたくさんの異性と話すのが大事です。自分の好みのタイプを見極める場としても有効なので、会話に積極的に参加しましょう。

昼間に開催される日があるから安心

街コンは、土日なら13:00~18:00と昼間から夕方にかけての開催がほとんどです。

帰りの電車を気にしなくて済みますし、街コン終了後にそのまま二次会へと向かえます。夜出歩くこともないので、帰りも安心です。

主催に気を使わずに楽しめる

街コンは、企業や団体などが主催しているので、主催者やスタッフなどに気を使うことなく参加できます。

一般的な合コンは幹事がメンバー集め、スケジュール調整、お店の手配を進めるパターンがほとんど。しかし、幹事のスキルや参加メンバーなどによっては、合コンを企画した幹事に不満が出る場合があります。それでも企画してくれた幹事には不満をぶつけられませんよね。

街コンであれば気を使わずに楽しむだけでOKです。気になる点もスタッフや主催者側に話せば、ちゃんと反応してくれるでしょう。

近くに頼りになるスタッフがいる

アルコールが絡んでくると厄介な絡み方をしてくる人がいる場合があります。そんな時、頼りになるのがイベントスタッフです。

たとえば一気飲みを強要してくる異性がいたとしたら、すぐに割って入って止めさせます。大規模の街コンでもしっかり見てくれるスタッフがいるので、安心して街コンに参加できるでしょう。

街コンレポート_悩んでいる女性

街コンにはデメリットもあるの?

メリットが多い街コンですが、デメリットがあるのも事実です。異性との出会いを良い思い出にできるように、街コンに参加するうえでのデメリットを知り、対策を取りましょう。

人気の街コンはすぐに定員オーバーする可能性アリ

気軽に参加できる街コンほど、すぐに定員オーバーになってしまうことがよくあります。特に人気が高い街コンは、募集とともに定員に達することがほとんど。

気になる街コンを見つけたら、募集に遅れないようにしなければなりません。参加したい街コンの募集要項と開催スケジュールはしっかり確認しましょう。

限られた時間で全員と話すのは難しい

時には参加人数が100人以上になることがある街コンでは、限られた時間の中ですべての参加者と話すのは不可能です。

だからこそ、気になる異性を見つけたら自分から話しかけていく必要があります。気になる人にはすぐにアプローチしていきましょう。

短い時間でどれだけ異性に自分のことを印象付けられるかが勝負です。

人見知りには難しいかも

街コンは異性と気軽にコミュニケーションが取れるのがメリットですが、人見知りしてしまう人にとっては、軽いノリで話すのは難しいものです。もしかしたらなかなか話せないまま街コンが終了してしまうかもしれません。

もし人見知りを自覚しているのであれば、異性と積極的に話せる同性の友人とペアまたはグループを組むのがおすすめです。友人を声掛け担当にして同席できれば、後は思い切って話しかけるだけ。ただし、コミュニケーションを友人任せにしてはいけません。最初は受け身でも、徐々に自分で声をかけるようにしていきましょう。

トラブルを起こす参加者がたまにいる

気軽に参加して異性と出会える街コンは、その気軽さゆえに参加者が狙われるトラブルが起きやすいともいわれています。

よくあるのが、参加者の中に既婚者がいるということ。結婚を意識している人からすると、せっかく良い雰囲気になっても既婚者だとわかったら一気にテンションが下がってしまいますよね。

既婚者以外にも、一夜限りの関係で連絡が途絶えたり、良い出会いがあったと思ったら宗教や保険などの勧誘だったということもあるのだそう。街コンに参加している人のほとんどは、純粋に異性との出会いを求めている人たちばかりです。しかし中にはトラブルの種になる人がいるかもしれない、ということを知っておきましょう。

実はメリットだらけの街コン

街コンに参加することはデメリットもありますが、対策をきちんととれば楽しく過ごせるポイントばかりです。

大事なのは、異性にどれだけ積極的に話しかけられるか。街コンへの参加を迷っている方だけでなく、初心者の人もメリット・デメリットを参考にして、異性とのひと時を楽しんでください。

コメントを残す