保育士に出会いがないのはなぜ?恋活をうまく進めるポイントとは

街コンレポート_女の子の頭上にアルファベットが浮かんでいる

保育士は出会いがないってホント?

理想的な結婚相手の職業といわれる保育士は、男性ウケが良く合コンでも人気の職業です。しかし、実際は保育士をしていると出会いがないのだとか。なぜ出会いがないのか、どうすれば出会いのきっかけが増えるのかを調べてみました。

とにかく仕事が忙しい!

保育士は毎日子供のお世話をするだけでなく、用具の準備や片付け、日誌の記入など多くの業務がある仕事です。保護者や職員への対応もあり、毎日くたくたで疲れがたまっていくばかり。仕事は山積みだし、休日出勤や残業も珍しくない…なんて方も多いのではないでしょうか。そのためプライベートの時間がとりにくく、出会いを探すどころではなくなってしまいます。

出会うきっかけがあまりない

保育士の職場は女性が多く、男性保育士は全体的に少ないといわれています。他の異性は基本的に園児か保護者になるため、女性保育士にとっては出会いが少なく、恋人を作るきっかけがほとんどない環境です。社会人の出会いの場は職場が多いことを考えると、きっかけがない限り恋活・婚活は難しいかもしれません。

出会いが少ないと感じている方の口コミ

  • 友人は職場内や取引先など出会う機会が多く交際するケースもあるのですが、保育士だと家と職場の往復になってしまうので、あまり出会いがない環境だと感じます。
  • 職場が女性ばかりの保育園で、大学の友人も女性が多かったためプライベートでも女性と仲良くなることがほとんどです。
  • 残業が多いため、気軽に人と約束できません。習い事も続けられませんし、朝も早いため飲み会で夜遅く帰るのはきついと思います。
  • 保育園の職員はほぼ女性で職場内の恋愛は期待できないし、仕事が忙しいので積極的に合コンとかに出かけることもできません。
  • 好感を持たれていても、今は保育士が社会的に問題視されているので心配されることが多く、恋愛にはつながらないです。

出会いの場を広げることから始めてみましょう

保育士が異性と出会うには、積極的に行動することが大切です。恋人を作るためにも、出会いの場を広げていきましょう。とはいえ、仕事が忙しく疲れがたまっている状態では動く気にもなれません。まずは見た目に気を使ったり、たまに外出してみたりといった小さな行動から始めてみるのがベター。出会いのきっかけづくりに実践してみてください。

恋人を見つけるために実践すべきポイント4つ

保育士は男性からの印象も良く、結婚相手としても好条件な職業です。その魅力を活かせば、すぐに気の合うパートナーを見つけられる可能性も。恋人を作るために大切なポイントをまとめているので、実践して魅力を高めていきましょう。

自分から出会いの場に行ってみる

普段の生活で出会いがない場合は、自分から街コンや合コンなど出会いの場に行ってみると良いでしょう。仕事が忙しくて時間が取れないなら、友人や保育士仲間に紹介してもらうなど、人脈をフル活用するのも手です。「出会いがない」と言いつつ何もしないのはNG。いろいろな手段を使って出会いを探すことが、パートナーを作ることにつながります。

見た目に気を遣う

異性と出会いたいなら、外見を整えることも大切です。初対面だと見た目を重視する方が多いこともあり、見た目に気を遣うのは欠かせないポイントと言えるでしょう。男性・女性に関わらずいくら着飾っていても清潔感がないと台無しですし、相手の対応も変わってきます。保育士は女性が多い職場だと見た目がなおざりになりがちですが、異性と接するときは清潔感のあるスタイルに整えましょう。

内面を磨く

いくら外見が整っていても性格がダメだと関係が続かないことも。街コンや合コンに参加しても、教養がないと相手にがっかりされてしまいます。一般的な保育士のイメージとして、恥ずかしくないよう、地理や一般常識などの教養は身に付けておきましょう。ふとしたときの気遣いやしぐさなど、魅力的に見せるための自分磨きも欠かさず行うとより効果的です。

週に1回は外出する

平日は忙しいから週末はのんびりしたい気持ちもわかりますが、そんなときこそ外出するのが恋人を作るコツ。忙しくて出会いがないなら、プライベートの時間をうまく使って探しましょう。出会いを探すだけでなく新しい習い事を始めたり、友人と会ったりするのも気分転換になるのでおすすめです。

街コンレポート_男女がお酒を手に持って会話を楽しんでいる

イベントや人脈を活用して出会いのきっかけをつくろう

出会いのきっかけはいくつかあります。友人からの紹介や、街コン・合コンなどのイベント、マッチングアプリなどを活用すれば、気の合うパートナーを見つけることも夢ではありません。ただ人によって向き不向きもあるので、いろいろ試してみて自分に合った方法で出会いを探してみましょう。

友人から紹介してもらう

友人に相談するのは気が引けるという方もいますが、年齢が上がってくると紹介してもらうのも難しくなります。いざというときにチャンスを逃さないよう、頼ってみるのも一つの手です。友人からの紹介なら、身元も信頼できます。

ただ、近い職業の友人だと紹介される相手が限られてしまい、なかなかうまくいかないことも。そんなときは、別の職業の友人から異性を紹介してもらうと話がしやすく、良い関係を築けるかもしれません。

イベントやマッチングアプリなどを使ってみる

出会いが欲しいとは言っても、相談するのはちょっと…と思う方もいるでしょう。その場合は、イベントやマッチングアプリなどで探してみるのがおすすめ。街コンなら色々な人との出会いがありますし、イベントによっては話が合う方との時間を楽しめます。マッチングアプリは条件を指定して相手を探せるので、好みの異性を探すことが可能です。それぞれのメリットや向き不向きをまとめているので、参考にしてみてください。

街コン

街コンのメリットはさまざまな人と知り合えること。テーマがある街コンなら好きなことの話で盛り上がれるので、仲良くなるのも早いでしょう。中には真剣に結婚を考えている方もいますが、ほとんどはライトなお付き合いを目的としています。参加人数が多いイベントはその分出会いも多く、多くの方と仲良くなれるのが魅力です。とはいえ、たくさん人がいるため、人混みが嫌いな方、自分から声をかけるのが苦手な方には向いていません。

↓↓↓こちらの記事では年代別に街コンのメリットをご紹介↓↓↓
年齢層を分けた街コンのメリットとは?

合コン

街コン同様、気軽に異性と知り合える合コン。友人に合コンを設定してもらう、ネットで合コンのセッティングサービスを利用するなど、いろいろな方法があります。ネットのサービスは登録するだけで費用がかからないものもあるので、登録だけしておくのも良いでしょう。最短で当日に会うことができるので、早めに恋人を探したい方におすすめです。雰囲気を壊さないよう、参加する場合はある程度の積極性が求められます。

マッチングアプリ

積極的に声をかけるのは苦手、出会いを探す余裕がないという場合は、自分の好みの相手を見つけられるマッチングアプリがピッタリ。最近はSNSを利用してつながることが多いため、出会うハードルも下がってきています。身分証の提示や有料化など仕組みがしっかりしていて、365日間管理をしているため不安要素が少ないというメリットも。登録者数の多いところを選べば、理想の相手を探しやすいでしょう。

恋人を見つけるなら自分から積極的に動くのが◎

保育士の出会いがない理由や恋人を見つけるためのポイント、出会うための方法などをまとめましたが、実践しないと意味がありません。まずは簡単な方法から試してみて、徐々に出会いの場を広げていきましょう。

ただ「出会いがない」と待っているだけはNG。本当に出会いを求めるなら、自分から動くことが大切です。自分に合った恋人を見つけられるよう、出会うためのイベントやツールを活用して恋活をしてみてください。

コメントを残す