断食系男子の攻略法とは?特徴を知れば答えが見えてきますよ

街コンレポート_悩まし気な男性

断食系男子とは女性が嫌いというわけでもないのに、恋愛に対して積極的なアクションを取らない男性を表す言葉。そんな人を好きになってしまったらどうすればいいのか。彼らの特徴から攻略の糸口を探してみました。

もしかして彼も断食系男子?その特徴をご紹介

女性が苦手なわけではない

恋愛をしないのが特徴の断食系男子ですが、女性に苦手意識があるわけではありません。友達として会話したり、一緒に遊びに行ってくれるなどフレンドリーに接してくれる人が多いです。しかし、それ以上の深い関係になることを求めていないのであっさり(ドライ)な関係が続いてしまいます。“断食”と言われるだけあって、意識して恋愛を遠ざけているようです。

恋愛よりも他のことを優先

断食系男子の恋愛しない理由は、「過去の恋愛のトラウマ」「趣味を優先」などさまざまです。普段の生活から自分の楽しみを優先している人が多いので恋愛は二の次、三の次。恋人と付き合った時のデート代やプレゼント代を余計な出費と捉え、それよりは自分の趣味を優先するという男子もいます。

あまり恋愛について話さない

女性との距離を一定ラインで保つので、恋愛観や過去の恋愛話などなかなか核心的な話を聞けるチャンスがありません。好意をみせても意図的にスルーされますし、そもそも恋愛対象として見ないように意識しています。自分のことを話そうとしたり、無理に聞き出そうとするのは逆効果になるのでNGです。

自分の世界観を持っている

長い期間恋愛を遠ざけているので、独特の価値観を持っている人が多いです。自分のペースを大事にしており、趣味を優先したり、自分に投資をしたりすることに楽しみを覚えている人たちです。しかし、人付き合いが苦手というわけではなく、誰とでも分け隔てなくコミュニケーションを取ってくれるのも特徴の1つでしょう。

男友達と遊ぶ方が楽しい

異性といるとどうしても気を使わないといけない場面がありますよね。断食系男子はめんどくさがりなので、気を使わない男友達と一緒に遊ぶ方を優先します。女性との関わりを少なからず面倒だと思う男性もいますが気を落とさずに。特定の誰かに対してではなく女性全員に対してそう考えているので、割り切って考えましょう。

街コンレポート_男女4人でピクニックを楽しんでいる

焦りは禁物!断食系男子の攻略法とは

長期戦のつもりで焦らず友達から

「でも猛アピールすれば何とかなるかも」と思う人もいるかもしれません。しかし過度なアタックは成功率を下げ逆効果になってしまいます。断食系男子の攻略で焦りは禁物。長期戦の覚悟で少しずつ彼との距離を詰めましょう。彼らは恋愛をしないと決めている状態なので、「恋愛っていいもの」と感じてもらえれば、自然とチャンスは広がります。まずは友達として趣味や好きなものを知ることから始めてみましょう。

同じものを好きになろう

断食系男子の趣味や好きなものがわかったら、今度は自分もすきになる努力をしてみましょう。共通の趣味で繋がれるというのは、友達として接する機会が増えるチャンスです。知らなくても知ろうとする努力をみせるのが大切。彼らもせっかく同じ趣味を持ってくれそうな人を冷たくあしらったりはしません。
しかし、気を付けたいのは中途半端な「にわか」状態。自分の価値観を大事にしているので、学ぶ気ゼロと思われてしまうと一気に引かれてしまうかもしれません。

恋愛の押しつけは引かれてしまうかも

意識して恋愛から距離を置いているので、過度なアピールは逆効果です。恋愛話はするのも聞くのもあまり好きではないのでほどほどにしておきましょう。仲が良くなって脈ありに見えてもいきなり猛アタックするのは危険です。最初からやり直しどころかマイナスまで好感度が下がる可能性があるので見極めが必要です。ガツガツ攻めてくる肉食系な女子は特に苦手なので気を付けましょう。
また、女性の紹介や合コンのセッティングなど世話を焼かれるのも嫌います。自分の価値観やペースを大事にしていることを忘れずに。

あざとさを捨てつつ女性らしさをアピール

女性との関係は友達まで、と線引きしているのでわざとらしい仕草は気付かないふりが基本。流されるだけならまだしもマイナスな印象を持たれてしまう場合もあるので、やりすぎには気を付けましょう。友達として接しながら、時々女性らしさを見せて「女性である」ことを意識させられると◎です。

まとめ

断食系男子の攻略は一日にしてならず。焦ってしまうかもしれませんが、友達として接していくことを忘れないようにしましょう。女性が嫌いというわけではありませんし、「ずっと独身」という考えではないので諦める必要はありません。「そろそろ恋愛してもいいな」と思ってくれるようにさりげないアピールが大切です。長期戦かもしれませんが必ずチャンスはくるので、その時を逃さないようにしてくださいね。

↓↓↓こちらの記事では、他にも存在する〇〇系男子〇〇系女子をご紹介↓↓↓
気になる彼・彼女は○○系

コメントを残す