相手の心をいとめるダーツコンの特徴から攻略法までを徹底調査!

街コンレポート_ダーツバーにカクテルやビールが置いてあります

ダーツコン(趣味コン)

ダーツを気軽に楽しみつつ、参加者と交流がはかれるダーツコン。
ゲーム前にプロのダーツ経験者がコツを教えてくれるイベントもあるので、初心者の人でも気兼ねなく参加できます。「ダーツバーに行っているけれど、なかなか良い出会いがない…」という人にもぴったりなイベントです。相手の心をいとめるテクニックはもちろん、ダーツコンの特徴や口コミを紹介します。

ダーツコンの特徴

ダーツ好きな人やダーツに興味を持つ人と出会える

ダーツコンには、ダーツが好きな人・興味を持つ人が集まる趣味コンというジャンルの街コンです。
ダーツコンは単純にダーツを楽しむだけでなく、出会いを求めている人が参加するので、素敵な人と巡り合えるチャンスが高いイベントです。会場ではお店の人が投げ方をレクチャーしてくれるので、ダーツ初心者でも安心して参加できますよ。
ダーツが上手い参加者から投げ方のコツを教わるのもOK。ダーツはこれまで見る専門だった人もこれを機に参加してみてはいかがでしょうか。

ダーツと一緒にお酒&軽食が楽しめる

「ダーツコンってダーツだけをずっとやるの?」と思ってしまうかもしれませんが、お酒や軽食も一緒に楽しめるイベントが多く開催されているので、最後まで飽きることなく楽しめます。
婚活パーティーの種類によっては食事やお酒無しで開催されることがあるので、参加者の中には終始緊張して上手くアピールできなかった…という人も。ですが、ダーツコンならお酒をたしなみつつダーツを楽しめるので、和やかな空気のなか交流を深められます。イベントによっては飲み放題を設けているところもあるので、お酒&ダーツが好きな人にはぴったりの企画ですね。

オシャレな格好で楽しめる

体を動かすダーツコンは動きやすい格好で参加するのがマストです。
しかし、ダーツは気軽にできる遊びなので、服装に大きな決まりはありません。そのため、スカートやワンピースといったオシャレな格好をしながらゲームを楽しめます。
とはいえ、10cm以上のヒールがある靴だと転んでケガをする可能性も。ヒールが高すぎるものは極力避けたうえでオシャレを楽しみましょう。

1プレイ制or投げ放題とイベントによって分かれる

ダーツコンには、1プレイごとに料金を支払うものもあれば、投げ放題で設定されている場合もあります。会費とは別でダーツ代がかかるイベントもあるため、自己負担分はどれくらいかを見積もって参加するのがベストです。

ダーツコンの基本情報

ジャンル趣味系
費用の相場女性:1,200円~3,000円
男性:4,500円~5,500円
開催地東京都・神奈川県・大阪府など

実際にダーツ婚活に参加した方の口コミ

初対面同士でも気軽に参加しやすいイベントです

私が参加したダーツコンは1,500円で投げ放題だったので、ダーツを楽しみたい方にもってこいのイベントだったと思います。男性は20代、女性はアラサーの年代が多かったですね。チーム戦だったので、初対面同士でも気軽に話しかけることができ、自然と仲良くなれました。こういうイベントごとが好きな人が集まっていたこともあり、ワイワイ盛り上がりながらゲームができたので、とても楽しかったです。街コンにも最近は色々な種類があると思いますが、ダーツコンは気軽にコミュニケーションができるので、距離を縮めやすいイベントだと感じました。(年齢不詳・男性)

同じ年齢層のイベントだったので、周りに浮くことなく話せました

40代になると相手と出会えるチャンス自体が減る一方…。半ば諦めかけていたときに、同じ年齢の友人が婚活パーティーに参加し、そこで新たなパートナーを見つけたとの報告がありました。その友人の強い勧めで今回ダーツコンに行ってみることに。30代から40代対象のイベントを選んだので、周りと浮くことはなく安心しました。ありのままの自分で話せたからか、感じの良い方と巡り合うことに成功。あのとき友人の勧めが無ければ、寂しい日々を送っていたと思います。友人には大変感謝しています。(40代・男性)

気さくな方が色々と話しかけてくれました

普段の生活では、異性との出会いが全くといっていいほどありませんでした。なので、婚活イベントでは男性と良い感じになる、というわけではなく、異性と楽しむことをメインで考えていました。参加者はカッコイイ人も多くて思っていた以上に緊張…。ですが、気さくに話しかけてくださった男性がいたので、緊張もほぐれ、お互い色々お話をしながらダーツを楽しみました。イベントが終わりに差し掛かったとき、連絡先を聞かれたのでとても嬉しかったです。最後にはなんとカップル成立。気になっていた方だったので、これから色々なことを一緒に共有できると思うと、毎日楽しみでたまりません。(30代・女性)

素敵な人が沢山いたので驚きです

東京で就職をし、そろそろ結婚を本気でしたいと思ったのですが、話し下手は私は合コンにも抵抗がありました。もっと気軽に参加できるものを探していた時に見つけたのがダーツコンです。とはいえ、初めて婚活に参加するため、本当に良い人に出会えるのか不安でした。もし微妙な雰囲気であれば、今回限りにしようと思っていたのですが、当日は素敵な女性が沢山参加されていたので、良い意味で裏切られた感じです。ダーツを楽しみたいという方がそろっているなか、真剣にお付き合いを考えている人もいらっしゃったので、今後も婚活イベントには行くべきだと感じました。(30代・男性)

共通の趣味を持った男性と出会えました

形式ばった感じの合コンはニガテだったので、ゲームも盛り込んであるダーツコンに今回初めて参加しました。人見知りなので相手の人と上手く話せるか心配だったのですが、ゲームをしながら会話ができたので、思ったよりも気軽に話せて嬉しかったです。参加者のなかで共通の趣味を持った男性と出会い仲良くなれた方と、この度お付き合いすることになりました。実はイベントに申し込んだあと「やっぱりやめたほうが良いかな…」とためらったのですが、勇気を出して行ってみて良かったです。(年齢不詳・女性)

街コンレポート_木目の板の上にgameの文字板が置いてあります

「ダーツコン」の攻略法

ダーツを楽しみながら相手と交流を深められるダーツコン。ですが、ただ楽しむだけでは出会いを逃してしまいます。ゲームを盛り上げつつ、相手の心も射とめる攻略法を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ダーツはあくまで引き立て役です

ダーツコンはダーツが楽しめるのが大きな魅力のイベントです。しかし楽しめるからといって、がっつりゲームにのめり込むのはアウト。本来の目的は「婚活」なので、あくまでダーツは出会いの引き立て役であることを忘れないようにしましょう。ダーツ初心者の人も集まるイベントなので、ゲームにがっつり集中してしまうと、周囲との温度差が出てしまいます。ゲームで競いたい場合は、街コンではなくダーツバーに行くことをおすすめします。

ハイタッチを恥ずかしがってやらないのはNG!

ゲームを行なうイベントなので、勝敗はつきもの。試合の流れでハイタッチ、なんてこともごく自然に行われます。
そのときに恥ずかしがっては絶対にNG。
恥ずかしい気持ちも分かりますが、せっかく相手と触れ合えるチャンスを棒に振ってはいけません。異性はもちろん、同性同士の場合もきちんとタッチすると◎。ダーツコンのようにゲームを楽しむイベントは、同性同士と仲良くなったという声もよく聴かれます。友達の輪が一気に広がり、出会いのチャンスも高まること間違いなし!

投げ方が分からないときは周りを頼る

ダーツ初心者の場合、ダーツを的に当てるだけでも難しいもの。
そこで重要なのは「周りを頼ること」です。
投げ方がきちんと定まっていないと、的外れなところに矢が飛んだり、はじかれたりします。下手だからやりたくない…と思うかもしれませんが、できないからこそ異性との交流が深められるチャンスなのです。
ダーツ上級者に投げ方のコツを教われば、自然と会話が生まれます。親切な人であれば、手をとって投げ方のフォームを教えてくれるかもしれません。ただし、教わってもらっているにもかかわらず「できない」を連呼するのは×。
出来ないなりに頑張っている姿こそが、相手を惹きつけるポイントですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。