【Q&A】街コンに女性が一人参加したら目立ちませんか?

街コンレポート_鏡を見ている女性

Q. 24歳の女性です。着席形式の20代限定街コンに一人で参加しようかと思っているのですが、女性の一人参加というのはあまりいないのでしょうか?

A.男性に比べると少ないかもしれませんが、女性の一人参加は増加傾向にあります

街コンが大流行した2012~2013年頃は、二人一組で参加するイベントが中心でした。友達とスケジュールを合わせる必要があったため、当時は参加したくてもできないもどかしさを感じることも…。

街コンが出会いの場としてスタンダードなものになった今では、誰もが参加しやすいように街コンのルールが柔軟に変化しています。一人で参加できる街コンだけでなく、一人ひとりとじっくり話せる20人前後のイベントも増えてきました。

なかには、参加者のほぼ全員が一人参加という街コンも。一人参加に不安がある場合は、まずは「一人参加歓迎」と書かれている街コンを選ぶのが良いでしょう。

本気度が高い女性の多くが街コンに一人で参加しています

街コンのシステムが変化した今でも、友達を誘って参加する女性はたくさんいます。しかし友達と一緒に参加した場合、友達の目が気になって男性参加者へ声をかけにくくなる可能性も…。友達と同じ男性を好きになり、気まずい思いをするケースもあります。

リスクを避けながら1回1回の出会いで積極的に行動するには、余計なことを考えなくて良い一人参加が良いのです。

着席ではなくスタンディング形式の街コンも◎

質問者さんが参加を検討している着席式の街コンは、居酒屋やレストランなどで行われるオーソドックスなスタイル。一人参加の強みである「気軽に動ける」ことを活かすなら、スタンディング形式の街コンもおすすめです。

広い会場の中で中央に料理が並べられていて、バイキングのように好きな料理・飲み物を取って参加者と自由に参加できるスタンディング形式の街コン。通常は時間ごとに男性・女性どちらかの参加者が移動しますが、スタンディング形式なら時間に関係なく、気になる人へどんどん声をかけられます。待つ必要も、「時間だから…」と盛り上がっている相手と突然引きはがされることもありません。

もちろん、自分だけでなく男性側もアクションを起こしやすいので、声をかけられる可能性がより高まります。

自分から声をかけるのが苦手な場合は、着席形式から始めてみるのが◎

「初対面の人との会話に緊張してしまう!」と不安を感じる場合は、無理にスタンディング形式に挑むのではなく、一人ひとりとじっくり話せる着席式が良いでしょう。

着席式には一対一のイベントと、普段の飲み会のように男女グループになって交流をはかるイベントの2種類あります。一人参加の場合は、他の一人参加の同性参加者とペア・グループになって参加。「友達とは都合がつかないけど、男性参加者と二人っきりなのも間が持たない!」と心配な人は、一対一ではなく少人数グループになってワイワイ楽しめる街コンを選ぶのが良いでしょう。

1人参加可能な街コンから、自分に合ったイベントへ参加してみましょう!

コメントを残す