素直になれない人の恋愛がうまくいく方法とは?

街コンレポート_封筒を持つ手

思ってもいないことを言ってしまったり、わざと冷たい態度をとってみたり・・・素直になれなくて恋愛がうまくいかないことはありませんか?好きな人とのコミュニケーションをスムーズにして恋愛を成功させるために、素直になれない性格の克服法をチェックしておきましょう。

恋愛で素直になれない人の行動パターン

褒められても否定する

気になる異性から容姿や性格を褒められたらうれしいのは当然です。素直になれない人は気持ちを表現するのが苦手なので、本当はうれしくても即否定してしまう傾向があります。また、褒められすぎだと感じると、必要以上に自分を低く見せるような発言をしてしまいます。

そっけない態度をとる

好きな人を前にするとドキドキしてうまく話せないという状況を避けるため、返事も態度もそっけなくなるのが素直になれない人の特徴の1つ。たとえ好きな相手でも、会話を長く続けるのは気まずく感じ、早く切り上げたいという気持ちになるのです。

すぐに返信しない

相手に本心を悟られたくないという気持ちが働き、メールやLINEなどの返事もすぐに返さないことがあります。後で返信しようと思っているうちに返信すること自体忘れてしまい、興味がないんだと相手に誤解を与えてしまうこともあるようです。

忙しいふりをする

予定がいっぱいだからデートに誘われても無理!と、忙しくて相手が入り込むスペースはないと印象付けようとすることもあります。自分のプライベートについて深く知られたくない・知られたら恥ずかしい、という気持ちもあるかもしれません。

まずは否定から入る

同じ意見を言うのはつまらないと考える傾向があり、相手が言ったことに対しついつい否定から入り批判してしまいます。たとえ相手の言葉や行動をいいなと思っても、素直に褒められないのです。上から目線になってしまうこともあり、相手への印象が悪くなってしまう可能性もあります。

好き避けが原因?恋愛で素直になれなくて後悔したこと

好き避けとは?

好きだからこそ意識しすぎて素直になれず、相手を避けてしまう、という人はいませんか?この状態を「好き避け」といい、好き避けで悩んだり、恋愛がうまくいかないケースが多いようです。

好き避けが原因で恋愛がうまくいかず後悔するのはどんなケースが考えられるでしょうか。

気持ちとは裏腹な行動で逆効果

好きな気持ちが相手にわかってしまうのが嫌で、気持ちとは真逆な言動をしてしまうのが素直になれない人のいつものパターン。心にもないことを言って相手の出方を見るのは恋愛のテクニックの1つではありますが、多用すると相手が疲れてしまいます。

素直になったときには手遅れ

そっけない態度やなかなか返ってこないライン・・・このような状態が続くと、相手の気持ちがどんどん離れていってしまう可能性があります。このままだと終わってしまうと焦り、気持ちを伝えたときにはもう遅かったということも起こりかねません。

なぜ素直になれないのだろう?恋愛で陥りがちな心理状態とは

傷つくのが怖い

自分の気持ちを相手に気づかれ嫌われたらどうしよう、振られるのではないかと考えて、必要以上に不安になる傾向があります。相手に受け入れられず傷つくよりも、気持ちを知られない方がいいと考えてしまいます。

気持ちを伝えるのが恥ずかしい

好きな気持ちを伝えるのは、多少の気恥ずかしさを伴うものです。素直になれない人は、かなりの恥ずかしがり屋なため、気持ちを伝えるのも苦手。照れ隠しのため気持ちを隠す言動をとってしまいがちです。

自分に自信がない

本当の自分を知られることを避けたいと思うのは、自分に自信が持てず、自己肯定感が低いからかもしれません。気持ちを伝えることで、嫌われるのではないか、受け入れられないのではないかと考えてしまうのです。

プライドが高い・負けず嫌い

自分から折れたり、負けを認めるのが嫌な人は、恋愛でも素直になれないことが多いでしょう。「先に惚れた方が負け」のような恋愛観もありますが、好きな気持ちは勝ち負けや人間的な弱さではありません。

弱音を吐けない頑張り屋さん

人に頼らず何でもひとりで頑張ってしまう人は、異性にもなかなか弱音を吐けず甘えることができません。相手に心配されてもついつい大丈夫だからと本音を隠し、強がったり相手を拒絶したりしてしまうのです。

伝え下手

「会いたい」「好き」「謝りたい」という気持ちを素直に伝えられないために、遠回しな表現をしてしまいます。気持ちや言いたいことが伝わらず、うまくいっていた関係が気まずくなってしまうことも。後になってああ言えばよかった、と後悔します。

素直になれなくて後悔しないための、素直になる方法

自分を認め、自分に自信を持つ

素直じゃないことを自ら認めることが、素直になるための第一歩です。ありのままの自分を見せ、素直に自分を表現しても、嫌われることはないと自信を持ちましょう。相手に受け入れられると思えれば、怖がることなく素直な振る舞いができるようになるでしょう。

相手の提案にYESと言ってみる

思いとは逆のことを言ってしまう人や否定的な言葉を言ってしまう人は、たとえ本意でなくても、いいよといったん相手を受け入れてみましょう。最初は難しいかもしれませんが、自分本位にならず相手に任せてみると、うまくいかない恋愛のパターンが変わってくるかもしれません。

素直に伝える練習をしてみる

本当はどうしたいのかを考えてみましょう。その気持ちに沿って、少しずつでも気持ちを表現できるように練習してみてください。いきなり思ったことを伝えなくても、同意したり感謝を伝えたりという簡単なことからでOK。続けていれば習慣になり、素直な態度をとれるようになるでしょう。

相手の気持ちを考えてみる

なかなか素直になれず自分でも嫌になるときは、こんな態度を取られたら相手はどんな気持ちになるか想像してみるといいでしょう。相手が振り回されていないか、嫌な気持ちになっていないかを考えるだけで、今度会うときは素直になってみようと思えるのではないでしょうか。

好きな人に会う前に会話のシミュレーション

そっけない態度や相手を避けてしまういつものパターンに陥らないように、事前に会話を想像してみるのもおすすめです。まず明るく挨拶して、ファッションを褒めてみよう、などとシミレーションしておきます。多少気まずくなっても大丈夫。言葉を投げれば必ず相手が返してくれるので、考えすぎず流れに任せてみるくらいでいいのです。

素直になれないことを思い切って伝えてみる

もしも相手との間がぎくしゃくしそうになったら、素直になれないことを伝えてみると現状打破できるかもしれません。自分から苦手なことを打ち明け、歩み寄る気持ちを感じてもらえれば、誤解が解け二人の距離が縮まる可能性もあります。

まとめ

なぜ素直になれないのかと、自分を責めてしまうこともあると思いますが、いつもの行動を少し変えてみることで状況は変わってきます。

まずは、自分の気持ちに素直になること。素直じゃない自分を認め、自己評価を上げれば、自分に自信を持てるようになるはずです。気持ちを素直に表現できるようになれば、恋愛がうまくいくようになるでしょう。

コメントを残す