楽しい街コン!はずれ街コンの見つけかた

街コンレポート_シャンパンで乾杯

街コンと言えば、わいわいと盛り上がり参加者同士で楽しさを共有するイメージが強いですよね。しかし、中には会話が盛り上がらず気になる異性が見つからなかったという「はずれ街コン」があります。

はずれを引かないための10のポイントをチェックして、思い出に残る街コンに参加しましょう。

開催される街コンのココを見るべし!

ポイント1:運営会社の実績をチェック

街コンを運営している会社や主催者の実績を公式サイトでチェックしましょう。また、街コン名で検索してみると、参加したことがある人の口コミが見つかるかもしれません。

運営会社の質は、当日の街コンを仕切るスタッフの質にも関わってきます。盛り上げ上手なスタッフがいると雰囲気が良くなるので、主催者の実績は外せないポイントです。

ポイント2:街コンのスタイルをチェック

街コンには主に3つのスタイルがあります。スタンダードなのは、座って飲食するスタイル。女性が着席し、男性が時間ごとに入れ替わるタイプです。2つ目は、立食スタイル。気になる異性に話しかけやすいのが特徴。3つ目は、趣味コンでよく見られる体験型の街コン。一緒に何かをすることで、仲良くなるのが目的です。

会話作りが苦手な人は、待っていても男性がやってくる着席スタイル、人と話すのが好きという人は立食スタイルがおすすめ。共通の趣味を持つ人と仲良くなりたい人は、趣味コンを選ぶと楽しめるでしょう。

ポイント3:参加料金をチェック

一般的に、女性よりも男性の参加料金が高く設定されています。一般的な相場は、男性が7500円程度、女性が3,500円程度のようです。開催場所や内容によって料金は変わってきますが、参加費が高すぎる街コンは特に女性の集まりが悪いと言います。また、「参加費のわりになんか安っぽい」街コンには、男女問わずあまり参加者が集まりません。そういった街コンは、料金を引き下げて参加者を募っている可能性があります。安すぎる参加費の街コンも要注意です。

ポイント4:席の埋まり具合をチェック

参加人数が少ないとそれだけで空気はどんよりしてしまうもの。盛り上げ上手なスタッフがいれば問題なく楽しめるかもしれませんが、そもそも参加者が少なく人気のない街コンなので期待もできません。

予約状況をチェックするのに便利なのが、ポータルサイト。開催される街コンごとに、席の埋まり具合が確認できるので、人気のある街コンかがすぐに分かります。

ポイント5:参加条件をチェック

年代・住んでいる場所・参加人数などの条件が一般的です。少しくらい年の離れた人とでも楽しめる!という人は問題ないのですが、同世代でないと話しにくいと感じている人は年代が限定されている街コンを選びましょう。また、参加人数が決まっている街コンもあるので、チェックするようにしてくださいね。1人参加限定の街コンは、やや婚活に近い傾向なので恋人が欲しい人にはおすすめ。2人以上や特に決まりがない街コンは、交流を広げたいと考えている人におすすめです。

参加するための心構えも自分に問いかけて

ポイント6:友達を増やすくらいの感覚で

街コンは婚活パーティーと違い、いろいろな目的を持った人が参加します。もちろん、彼氏や彼女が欲しいと思って参加する人もいますが、友達を増やしたい・わいわい楽しくお酒が飲みたいといった目的で来る人も少なくありません。気持ちに温度差があると街コン自体も楽しめなくなってしまいます。街コンに参加するときは、「交友関係を広げるきっかけ」くらいに思っておく方が、自然体なあなたの魅力が異性に伝わるかもしれません。

ポイント7:理想は高くなりすぎてない?

せっかくお金を払って街コンに参加しているのだから、理想の異性と出会いたいと思うのは自然です。しかし、理想が高すぎると良くありません。理想と現実にギャップを感じると、人は無意識に顔や態度に出てしまうもの。そうなると、楽しむことを忘れてしまいます。自らが楽しくないはずれ街コンにしてしまうのです。そうならないためにも、相手に望むハードルは理想よりもちょっと下げておく方が◎。せっかく出会ったのですから、良縁につなげていくイメージで会話を楽しむのがいいでしょう。

ポイント8:参加する街コンに合わせたファッションで

飲食店を貸し切って行われるものをはじめ、街コンにはいろいろなスタイルがあります。参加するときは、開催内容に合わせたファッションを心掛けると◎。服装が浮いてしまうと、話しかけにくい空気が生まれる可能性があるためです。街コンによっては、どのような服装で参加すればよいのかが書かれています。ドレスコードが書かれておらず不安なときは、電話で問い合わせると良いでしょう。

参加後のお付き合いをスムーズにするために

ポイント9:連絡先の交換はあとで見返せるようにしておく

参加した街コンで多数の連絡先をゲットできても、誰が誰やら分からないと結果的にはずれ街コンに…。気の合う人と連絡先を交換したら、どんな人だったかのメモをしておくと良いでしょう。メモには、印象に残りやすい職業や髪型、席の配置などを記入します。あらかじめ、何をメモしておくかを決めておくとスムーズです。気になった人からの返信が埋もれてしまわないようにしてくださいね。

ポイント10:関係性が維持できるかは本人次第

良いなと思った人と連絡先が交換できたなら、自分から連絡するのが◎。それだけで、相手が自分を意識してくれるはずです。待ちの姿勢だと、街コン後の関係を築くことは難しいですよ。また、街コン後にデートを重ねられるかどうかも、自分次第。せっかくの縁を無駄にしないよう、努力も必要です。

はずれ街コンには、参加者にはどうしようもできない主催側の問題と参加者本人の考え方という2つの理由がありました。前者は、チェックポイントを押さえて情報を収集すれば避けられます。後者は街コンを婚活ではなく交流を広げる場と捉えると解消できるでしょう。参加者同士が街コンの楽しさを共有できれば、良い縁にもつながっていくはずです。

10のポイントを押さえて、楽しい街コンに参加しましょう。

  街コンに参加する>

 

↓↓↓連絡先交換のタイミングが分からなかったり、交換したけれど何て送ればいいのか分からない。そんなお悩みをお持ちの方の為の記事です↓↓↓
街コンで出会った異性とLINE(ライン)交換&送るポイント

コメントを残す