30代はお金がかかる年代!30代男性の平均貯金額の実態

街コンレポート_豚の貯金箱とお金

生活面や経済的にも余裕が出始める30代男性。結婚や子供など将来を考え始めるなかで、お金の心配をする男性も少なくないでしょう。周りの30代のみんなはいくら貯金しているのか、将来どれくらいお金が掛かるのかいろいろ不安を感じる年齢でもあります。このページでは、30代男性の平均貯金額についてまとめてみました。

30代男性の平均貯金額は?

男性は女性より平均貯金額が高い

平成26年度の「全国消費実態調査」によると、独身の30代男性の平均貯蓄額は373万円で、女性が264万円でした。この結果から、30代の平均貯蓄額は女性より男性のほうが多いのがわかります。理由としては男性の平均収入の高さが挙げられますが、そのほかにも女性は浪費支出の割合が高く、男性65.8%に対して女性は88.8%です。女性の支出金額は37,473円で、男性よりも9,250円多く消費。女性の支出額が多い原因として、化粧品や洋服などにお金がかかることが挙げられます。

30代男性全体の中央値

30代は社会人として働いている方がほとんどで、働き始めて10年以上の方も多い年代です。平均年収が300~500万円の30代独身男性では貯金額は平均647万円ですが、大きな差があり、様々な年収の方の貯金額の平均は259万円となっています。

貯金ゼロの30代男性もいる

30代男性で貯金が1,000万円超えている方もいますが、逆に貯金がゼロの方もいます。金融広報中央委員会が発表した「家計の金融行動に関する世論調査(2016年)」によると、貯金額がゼロの割合は34.2%という結果に。30代全体の約1/3が該当します。

結婚を考えるなら貯金はいくら必要?

結婚するうえでかかるお金は、男女合わせて300万円が理想と言えます。結婚式や披露宴、新婚旅行も含めると費用は460万円ほど。また、結婚後にも生活費や新居費用などが必要になってきます。招待客からもらえるご祝義が約200万と考えると、やはり300万円くらい貯金はしておきたいところです。2人で300万円と考えると、結婚費用は1人あたり150万円の貯金額が目安となるでしょう。

女性から見る男性の理想貯金額は?

女性が結婚相手の男性に求める理想の貯金額は「500万円くらい」が1位で、次いで「300万円くらい」が2位です。理由としては「毎年100万円は貯金できるイメージ」「浪費グセがなければ5年働くと500万円は貯まる」といった声が挙げられます。男性より女性のほうが相手に求める貯金額が高く、貯金が少ない男性に不安を持つという結果に。

30代はこれからお金がかかる年代

30代男性の貯金額の平均額を紹介してきましたが、注意しなければいけないのは「これくらい貯金があれば安心」といった基準はないということ。人それぞれの価値観やライフスタイルは異なり、それによってかかる生活費も違ってくるでしょう。そのため、自分はどういった生活スタイルを目指していくのか考えることも大切。自分が目指すライフスタイルによって必要なお金は変わってきます。30代男性のお金が必要となってくるインパクトのある項目をいくつか紹介していきますので、チェックしてください。

子供

先ほど結婚に必要なお金について紹介しましたが、授かる子供の教育費は1人あたり約1,000万円です。中学や高校を私立に通わせたり、理系の大学に通わせたりすると掛かる費用もプラスされていきます。

30代にもなると、車を購入している男性も多いのではないでしょうか。車の維持費は毎年約20万円。それに加えて車の車両代やガソリン代、保険代、高速代などがかかります。

旅行

行き先や日数によって大きく費用は変わってきます。一緒に行く後輩の分まで出すことになると、数十万円レベルは掛かるでしょう。

30代のうちに貯金を増やしておこう

貯金額を増やすための目標を決める

30代のうちに貯金額を増やすには、何のためにお金を貯めるのかを紙に書き出しましょう。目で見ることで貯金に対する目標を具体的に意識できます。食欲や睡眠欲などに比べ、お金はどこまで必要なのかがわかりにくいもの。頭の中で漠然と考えるよりも目標を明確にすれば、貯金への意欲を持つことにつながります。

無駄な出費を見直そう

無駄な出費を見直すことも、貯金を増やすための条件のひとつ。自分が知らないうちに、無駄な出費をしている方も多いのではないでしょうか。例えばブランド品の購入や過剰なギャンブル、外食や飲み会などを控えるだけその分お金を貯められます。1度、自分がどういったことにお金を使っているのか見直してみると良いでしょう。不必要な出費に気付けますよ。

確実に貯めたいなら積立と運用

確実に貯金額を増やしたいなら、毎月の給与から自動的に積み立てをするべきです。給与から残った金額を貯金しようとしても、知らない間に出費を重ねて結局お金が残らない場合があります。給与の2割を貯金に回して運用していけば、老後には十分な貯金が貯まっているでしょう。2割が難しそうであれば、1.5割から始めてみても◎。残ったお金でやりくりするようになればそれが習慣化され、無駄な出費をしなくなります。

目指せ、40歳までに1000万!

現在貯金がある・ないに関わらず、40歳までに1,000万円の貯金を目標にしましょう。貯金することが習慣化されれば無駄な浪費も減り、結婚や老後など将来の生活設計のプラスとなります。1,000万円あれば結婚費用や住宅資金の頭金の準備にもなるので、40歳までに1000万円を目指してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す