独身は親不孝?親不孝と言われないためには

街コンレポート_女性がボーっとしています

生涯独身の人が増加し、結婚に対する価値観が多様化しているこのご時世でも、結婚しないのは「親不孝」だと言われることがあります。価値観はそれぞれですが、「親不孝」と言われるとうまく反論できないのがつらいところです。

ここでは、生涯独身でいることが親不孝だと言われる理由や親不孝だと言われないためにはどうすれば良いのかをまとめました。

独身は親不孝?なぜそう言われる?

結婚しないとどうして親不孝と言われてしまうのでしょうか?その理由をまとめました。

親に依存しているように見られる

何か困ったことがあった時、気軽に頼れるのは家族です。結婚していないと家族と呼べるのは親や兄弟だけ。兄弟が結婚し家を離れると、何かあった時に頼れるのは親だけになります。高齢の親に、自分たち以外にも頼れる人がいると安心させてあげられないため、独身は親不孝だと言われてしまうのです。

特に実家ぐらしで親に甘える機会が多いと、親の不安は大きくなります。自分の生活が親ありきで成り立っている人は、一度生活スタイルを見直してみると良いかもしれません。

孫を見せられないから

独身を貫くことが親不孝だと言われるのは、「孫を見せられない」というのが最も大きな理由。親は自分の孫が見たいというのはもちろん、一定の年齢を超えると周りには孫がいる人がどんどん増えはじめるため、意識せざるを得ない状況に。孫は多くの祖父母に活力を与える存在です。周りが孫トークで盛り上がっている中、親に寂しい思いをさせている状況に、親不孝という意見が出ます。

結婚しない理由を親が代わりに聞かれるから

適齢期を過ぎても結婚しないと、周囲の人は本人ではなく親から状況を聞き出そうとすることがあります。自分の子どもが結婚しない理由を聞かれながら、孫の話を聞かされることも。親自身もできれば結婚してほしいと思っている場合、周りから聞かれるほど肩身が狭くなり面子がつぶれてしまいます。

当てはまる人は親不孝に見られる?独身女性の気を付けたいこと

人の価値観に口出ししてくるのは大きなお世話。しかし、独身で親不孝だと言われるのは、周囲から見て両親を不安にさせているのが分かるからかもしれません。ここでは、親不孝だと言われる独身者の特徴についてまとめました。

自分でも親不孝だと思っている

周りから親不孝だと言われるのは、自分自身そう思っているからかもしれません。自分で親不孝だと思っていると、周りの人から結婚や子どもの話題が出た時に、ネガティブな雰囲気や発言を出るようになります。自分で「どうせ独身だから…」といったような発言を繰り返すと次第にそれが印象付けられてしまい、不幸せな印象に。親不孝だと言われやすくなります。

親や家族以外との関わりが少ない

独身で関わるのはほとんど親だけという人は、親を不安にさせてしまうため親不孝だと言われることがあります。特に実家ぐらしで会社と家の往復だけだという人は、親や兄弟がいなくなった時にどうするのだろうと周りの人から思われてしまうことも。他人だけでなく、親も不安に感じているかもしれません。親以外との関わりが多く活動的な人に対しては、親がいなくなった時のことを心配する人は少ないでしょう。

今を充実させようとしていない

今の状況に満足していないのに、何も行動しない人は親不孝だと言われてしまいます。例えば、本当は結婚したいのに諦めてあきらめた人は当然親も不安に感じてしまうでしょう。今を充実させようとしない人は親がいなくなった後に辛いことがあっても、楽しみを切り開いていくエネルギーを感じさせません。

将来設計がない

将来についてしっかり考えないまま独身を貫くと、周囲の人に親不孝だと思われてしまいます。結婚しない理由が「今が楽しいから」「今が充実しているから」という人は要注意。今の状況が今後も続くとは限りません。将来的に結婚しておけば良かったと後悔しているような情景が容易に浮かび、親不孝だと言われてしまうのです。

親はなぜ結婚して欲しいのか?親が不安に感じていること

親不孝と言われるのは、親を不安にしているから。では、親自身は何を不安に感じているのでしょうか?ここでは、結婚しない我が子に対して親が感じている不安をまとめました。

寂しくないのか

周りが結婚してそれぞれ家庭が忙しくなると、友人と遊ぶ機会が減っていきます。家庭を持った親自身それを感じているため、結婚しないままの生活がどのようなものかイメージできません。そのため、結婚しない我が子が寂しい生活を送るのではないかと不安に感じてしまうのです。

楽しめることはあるのか

特に実家ぐらしで単調な暮らしをしていると、親は普段の生活パターンがそのままずっと続くのかと不安になります。休日もどこにも出かけず熱中している趣味もない場合、親がいなくなっても楽しく暮らしているイメージが沸きません。

老後支える人はいるのか

一生独身を貫き何とか生活していても、年をとって自分で動けなくなった時に誰が面倒を見てくれるかという心配もあります。誰かと暮らしていると体調が悪くなった時にすぐに助けを呼ぶことができますが、一人で暮らしているとそれができません。親はあなたの老後まで幸せでいて欲しいのです。

親不孝だと言われないためには?

結婚をしていなくても、親不孝と言われないためにはどうしたら良いのでしょう。ここでは独身でも親不孝と言われないためにはどうすればよいかをまとめました。

楽しめることに熱中する

楽しめる何かがあるなら、それに熱中しましょう。楽しみがありあなたの人生が充実するなら、親の不安はぬぐえます。独身であることに引け目を感じ、すべて中途半端になってはいませんか?仕事や趣味など、結婚生活以外でも楽しめることがあるなら自信をもって謳歌すれば良いのです。

親にはっきりと意思表示する

親が不安に思うのは、あなた自身の気持ちがはっきりと分からないからではないでしょうか。結婚していなくても充実しているなら、ちゃんと伝えてあげましょう。あなた自身がこれからどうするか曖昧なままだと、親はずっと不安なままです。

一生結婚しないと意固地にならない

結婚できずに独身でいる場合、自分を納得させたりプライドを守るために「一生結婚したくない」と意地になるケースがあります。しかしそれでは良い出会いを遠ざけてしまうだけ。もし結婚したい気持ちが少しでもあるなら、諦めずに良い出会いを探し続けるのが得策です。

幸せになる努力をする

今の生活に不満を感じながらも何もしない姿勢は、まさしく親不孝。自分の育て方が悪かったからこうなったのかとか、もっとお尻を叩くべきだったとか、いろいろな後悔の原因になります。親不孝と言われないためには、あなた自身が人生を楽しむ努力をすることが大切です。結婚したかったのにできなかったという場合でも、出会いを求めたり他の楽しめることを見つけたりする姿勢が親を安心させます。

まとめ

独身で親不孝だと言われるのは、一人で自分の人生を切り開いていくエネルギーを感じさせないからです。親はあなたが独身でも幸せそうなら不幸ではありません。現状維持ではなく現状をもっと楽しくしようという努力をすることで、いくらでも人生を豊かにできます。楽しそうなあなたを見ることで、周りの人も独身が親不孝だという考えを改めるでしょう。

コメントを残す