ドン引き!30代の痛いメイク

街コンレポート_女性の周りにコスメなどのイラストが描いてある

周りの人に自分のイメージを印象付けるメイクですが、1つでも方法を間違えると「痛い」と思われてしまうことも。特に30代の場合は、年齢を考えずに痛いメイクを続けていると知らずしらずのうちにドン引きされているかもしれません。どんなメイクが「痛い」と思われるのか、ここで知っておきましょう。

30代でコレだと痛い!NGメイク例

メイクはオシャレの基本ですが、年相応のメイクが出来ないとドン引きされる可能性があります。30代になっても20代のメイクをやっていると、「30代なのにまだそんなメイクの仕方してるの…?」と知らない間に陰で言われてしまっているかもしれません。

30代でこんなメイク、している方はいませんか?

滑り台並みに角度のついた細い眉毛

時代の移り変わりが一番出やすい眉毛こそ、流行に乗り遅れてはいけない部分です。眉毛の細さと角度は、年齢やその年の流行によって変えていかなければすぐに時代遅れと認識されてしまいます。一時代を築いた歌手のメイクをマネして、細くて角度のついた眉毛をしていた時期があったはず。今も滑り台並みの細い眉毛をしていませんか?今すぐやめましょう。

アイラインをガッツリ入れてデカ目をアピール

目がパッチリしている子はもてはやされますが、それはあくまで20代まで。30代になっても目をパッチリさせるためにがっつりとアイラインを入れるのはNGです。

マスク被っているかのような厚塗りファンデ

肌の調子に合わせてだんだんと厚塗りになっていくファンデーション…。これも30代の痛いメイクの特徴です。年齢とともに増えてくるシワが気になるかもしれませんが、だからといって厚塗りはNG。まるでマスクでも被っているかのような厚塗りファンデは、「メイクで隠してます」と知らせているようなものです。

テカリにしか見えないハイライト

10代・20代のフレッシュさを出すための必需品だったハイライトは、30代の痛いメイクの代表格です。肌のツヤ出しをして良いのは20代まで。30代でハイライトを入れても「テカリ」にしか見えません。「顔にアブラが浮いてる」なんて言われたくないですよね?

テクニックを知らないと危険なナチュラルメイク

モデルさんを中心に広がっているナチュラルメイク。それを目指してアイライン、マスカラ、リップ、グロスをどんどん引き算していくと、ただのスッピンになり、ドン引きされる可能性が高くなります。そもそもモデルさんのナチュラルメイクは、プロのメイクアップアーティストがナチュラルに見えるメイクを施してくれているからナチュラルに見えているのです。ナチュラルに見えるメイクテクニックを知らないままメイクをすると、大切な年齢肌を隠せずに外出することになってしまいます。

30代の痛いメイクに遭遇した人の声

実際に30代の痛いメイクと遭遇した方はどう思ったのでしょうか?30代の「痛メイク」に遭遇した方の声を集めてみました。

コンタクトとマスカラ盛り盛りは怖い

黒目が大きくなるコンタクトとかカラコンをつけて目力アップさせている30代を見ると「痛いなあ」と思います。マスカラも盛りすぎているのを見ると怖くて目が合わせられません。

ぬりかべレベルの厚化粧は痛い

シミ・しわを隠したいんだろうなというのはわかるんですが、それで厚化粧になるのはいただけない。逆に老けて見えます。ぬりかべレベルの厚化粧は痛いですね。

白塗りのファンデーションに赤い口紅が痛い

首から下の肌との境目がくっきりするほど白いファンデーションを塗っている人が痛い。顔色を良く見せるために赤い口紅をしているんだろうけど、どこから見ても殿様にしか見えません。

下品に見えるラメメイクはやめてほしい

ラメだらけのギャルメイクをしている人を見ると下品ぽくてドン引きしちゃいます。30代なんてギャルじゃないし、バカっぽく見えちゃうのでやめてほしいですね。

30代の痛いメイクに遭遇した方は、ゴリゴリに盛ったメイクや年齢に合わないメイクなどを痛いと感じるようです。

30代に突入した女性からの声は?

こちらでは、30代女性が「痛い」と思われないメイクをするために心がけていることを集めました。痛いと思われないためのヒントがちりばめられています。

  • 髪色が落ち着いたらメイクも変えなくちゃいけないと思います。そういう私は最近黒髪にして、どんなメイクが似合うか悩み中です…。
  • ガッツリ描くアイラインとつけま、カラコンをやめました。今使っている基礎化粧品と下地は、少し高くても自分の肌に合ったものを使っています。
  • 30代でもマツエクしている人いるけど、その代わりにメイクを控えめにしている人が多いかも。
  • しっかりしたメイクがめんどくさくなってだんだん薄くなってきてるんですが、唇の色が悪く見られないようにリップだけはキレイな色を付けるように気をつけています。
  • パーソナルカラーに合わせたメイクにチェンジ。アイメイクは黒から茶色に変えて、つけまからマスカラに変えました。
  • アイメイクよりもチークとリップが大事かな。顔色良くしないと老けて見えちゃう。
  • 元々メイクが薄いほうですが、さらに薄くなりました。年齢を重ねるにつれて落ち着いた方が逆に若く見えるかも。ゴリゴリに盛ったメイクは老けて見えますよ。

30代からのメイクってどうしたらいいの?

痛いと思われないためのヒントを知ったうえで、実際にどんなポイントに気をつけてメイクをするべきでしょうか?こちらではパーツごとにメイクのコツを紹介しているので、参考にしてください。

ファンデーションは顔の中心に使う

ファンデーションは顔全体ではなく、顔の中心だけに使いましょう。フェイスラインに向かってファンデーションが薄くなるように塗ると、顔に立体感が生まれやすくなります。皮脂が多い鼻はファンデーションが崩れやすくなるので、量は控えめに。細かい部分は指で押さえて密着させましょう。しわが気になる口元は、ほうれい線を伸ばすように塗ると◎。厚塗りするとかえって目立ってしまうので注意が必要です。

シミやほうれい線などを隠すときはコンシーラーを使って

ファンデーションを塗ってもほうれい線やシミなどが消えない場合は、スティックタイプのコンシーラーを使いましょう。シミを隠すだけでも肌が明るくなり、ぐっと若返って見えます。目の下のクマが気になるときのカバーにもおすすめです。

チークは血色良く見えて地肌に近い色をチョイス

チークは地肌に近い色を選びましょう。血色が少し良く見えるくらいが◎。チークを塗るのは大きめのブラシがおすすめ。平たい形のブラシは顔の一部だけが濃くなってしまうので気をつけましょう。つけすぎを防ぐために、チークを塗った後はティッシュで軽くおさえるのを忘れずに。

アイシャドウを選ぶならマットなタイプがベスト

アイシャドウはマットなタイプを選びましょう。ラメ入りのアイシャドウは小じわを目立たせるので、若作りしているように見られます。ラメ入りを使いたいときは、粒子の細かいタイプを選びましょう。アイホール全体にうまくなじませるならチップよりブラシ、または指先で塗るのがおすすめです。

アイブロウはナチュラルな滑らかな曲線に

顔の印象を決定づける眉は、少し太めの滑らかでナチュラルな曲線に仕上げましょう。アイブロウパウダーを使うときは、髪の毛よりもやや明るいカラーを使うのがワンランク上のテクニックです。

リキッドルージュで透明感をプラス

リップはリキッドルージュがおすすめです。唇のカサつきと輪郭のぼやけをカバーしつつ、透明感も出ますよ。塗るときはチップを使って、唇の輪郭をなぞるようにして塗っていくのがポイント。全体的に塗ったら、軽く唇の上下をこすり合わせましょう。強くこすると輪郭がぼやけてしまいます。最後に唇中央にルージュをちょっとだけ重ねて完成です。

「痛い」30代メイクから抜け出すために

30代で痛いメイクをしないためには、年相応のメイク術を身につけることが大事です。年齢に合わせてファッションが変わっていくのと同様に、メイクも変えていきましょう。肌の曲がり角真っただ中なので、ケアも一緒にできればキレイな状態を保てるはず。30代相応のメイク術を習得して、「痛い」30代から抜け出しましょう。

↓↓↓メイク以外にも「痛い」と思われないための対処法をこちらの記事でご紹介↓↓↓
30代の痛い女って?アラサー独女のふるまい方とは

2 COMMENTS

コメントを残す