吊り橋効果でカップル成立!ラフティングコンの口コミと攻略法

街コンレポート_流れのはやそうな川の写真

ラフティングコン

ラフティングとは6~10人でチームを組み、ゴムボートに乗って川の激流を下るレジャースポーツのこと。このラフティングと出会いを組み合わせたイベントが、ラフティングコンです。

こちらでは街コンのなかでもちょっと珍しいラフティングコンについてまとめてました!参加者の口コミや攻略法も紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

吊り橋効果で成功率UP!?「ラフティングコン」の特徴

大自然のジェットコースター!吊り橋効果で恋に落ちやすい

ラフティングコンの魅力はその名の通り、男女でラフティングを楽しめること。急流を下るスリル感や自然が織りなす絶景を楽しみながら、チームで力を合わせてゴールを目指します。ボートの漕ぎ方はガイドさんが最初に教えてくれますし、難しいレジャースポーツではないので初心者でも問題ありません。

「街コンでラフティングってどうなの…?」と感じるかもしれませんが、ラフティング中はいわゆる吊り橋効果が得られるため、出会いにぴったり。ボートが大きく揺れたり水しぶきを浴びたりしたときのドキドキを恋愛感情と勘違いして、恋に落ちやすいのです。

話下手な方・あがり症の方にもおすすめ

ほとんどの街コンはたくさんの異性とのトークがメインのため、コミュニケーションを取るのが苦手な方にとってはハードルが高く感じてしまいますよね…。ラフティングコンはトークがメインではないので、話すのがあまり得意でない方でも楽しく参加できるのがメリットの1つです。自己紹介やトークタイムはバスでの移動中に軽く行われます。簡単なトークなら大丈夫かも…!という方も多いのではないでしょうか。

ラフティング後はチームに団結力が生まれて、会話も自然と弾むようになります。打ち解けたあとは積極的にコミュニケーションを取って、気になる相手と連絡先を交換しましょう。

アウトドアやレジャーが好きな方と出会える

ラフティングコンに参加するのはアウトドアやレジャーが好きな方ばかり。趣味が一緒であることが前提なので、カップルが成立しやすいのです。また会話の糸口を見つけやすいのも嬉しいポイント。他に好きなアウトドア趣味や最近参加したレジャースポーツ、やってみたいアウトドアレジャーなど話のタネが豊富で、話題が尽きることはありません。「今度一緒に参加してみませんか?」と、次のお誘いに結びつけやすいのも魅力です。

ラフティング後はアウトドアクッキングでさらに親密に

ラフティング後はバーベキューや手作りランチなどのイベントが行われます。この時間は気になる人とコミュニケーションをとる大チャンス。ラフティングですっかり打ち解けたあとなので、ちょっと奥手気味な方でも楽しく会話できます。このタイミングで連絡先も交換しておきましょう。

また、なかには2次会が設けられているラフティングコンもあります。希望者のみ参加というケースが多いので、好みの人がいるときだけ参加できますよ。ランチタイム中に連絡先交換を言い出せなかった…という人はぜひ2次会に参加して、次のチャンスを狙ってくださいね。

ラフティングコンの基本情報

ジャンル趣味コン、スポーツ
費用の相場男性:7,800円~15,500円
女性:7,800円~13,500円

実際にラフティングコンに参加した方の口コミ

アウトドア系街コンのなかで一番楽しめます

数あるアウトドア系街コンのなかでも、ラフティングコンが一番楽しめると思います。私自身、楽しすぎて何回も参加しちゃったほどです。少人数でチームを組むので打ち解けやすいのがラフティングコンのメリット。最初は「ちょっと合わないかも…」と思っていた女性でも、一緒にラフティングを楽しんでるうちに「意外といい子かも!?」という気分になります。これが吊り橋効果なんでしょうか(笑)。

気になる人がいなくても、ラフティングが楽しいので「時間をムダにしてしまった」という気持ちになりません。そういう意味でもおすすめです。(男性/20代)

ラフティングが楽しすぎて緊張が解けました

今までに参加した婚活のなかで、ラフティングコンが断トツで楽しかったです。移動中に行われた自己紹介タイムやトークタイムでは緊張しすぎて上手く話せなかった私も、ボートに乗ったら楽しくなってきて、すっかり打ち解けることができました。初対面の方とこんなに仲良くなれるとは思ってなかったので、びっくりです。

婚活はもちろんラフティング自体も楽しくて、途中で見た岩畳の景色は圧巻の一言。本当にあっという間に終わってしまいました。ぜひまた参加したいと思います。(女性/30代)

ラフティング初心者でもまったく問題なし!

はじめてのラフティングだったので参加する前は不安でしたが、まったくの杞憂でした。スリルと爽快感、そして開放的な大自然を存分に味わうことができ、とても楽しかったです。

また、朝から夜までがっつりスケジュールが組まれており、移動中バスのなかでもラフティング後のバーベキューでも、和気あいあいとコミュニケーションを取れました。一緒にラフティングを楽しんだおかげか会話も弾んで、充実した婚活だったと思います。ラフティング初心者でも、思っていた以上に楽しめました。(男性/30代)

街コンレポート_乾杯している外人たち

ラフティングコンの攻略法とは?

ラフティングだけでも十分楽しめるラフティングコンですが、真の目的は素敵な人との出会って、親密な雰囲気になることです。婚活の成功率を上げるためには、ちょっとしたコツを心得ておくのが◎。ラフティングコンの攻略法をまとめたので、早速チェックしていきましょう。

男性はカッコいい一面、女性は楽しんでいる姿でアピール

トークタイムが短い分、メインとなるラフティングでアピールすることが大切です。男性なら「リーダーとなってチームをまとめる」「女性を水しぶきから守る、大丈夫?と声をかける」「力いっぱい漕いで男らしい姿を見せる」など、男らしくカッコいい一面を見せて良い印象を与えましょう。女性なら「楽しんでいる笑顔がかわいい」「無邪気にはしゃぐ姿が可愛い」と感じる男性が多いため、思いっきりラフティングを楽しむのがおすすめです。

自己紹介やちょっとした話題を用意しておく

トークタイムがメインではないと言っても、バスの移動中にずっと黙っているのはNG。話しかけづらい、怖いといったマイナスな印象を与えてしまいます。緊張しながらでもいいので、コミュニケーションをとるようにしてくださいね。自己紹介は事前に考えておくと良いでしょう。ラフティング経験の有無や好きなアウトドア趣味、楽しかったレジャースポーツなど、スポーツ系婚活ならではの内容のほうが会話が広がりやすく◎です。

自己紹介だけでなく、ちょっとした話題も用意しておくと無言の気まずい時間を過ごさなくて済むかもしれません。相手の趣味や休日の過ごし方、やってみたいアウトドアレジャーなど、話題を事前にストックしておくと良いですね。

服装や靴、持ち物に要注意!

アウトドアに適した、動きやすい服装や靴で参加しましょう。場にそぐわないファッションは常識がない人と思われかねません。とくに女性は短いスカートやヒールはNG。動きにくいだけでなく、転んで怪我をしてしまう可能性もあります。

また水着やタオル、着替え、身分証明書など必要な持ち物が多いのもラフティングコンの特徴。せっかくラフティングコンに来たのにラフティングに参加できないうえ、準備ができない、だらしない人だと思われることも…。用意するものを前日に必ず確認して、忘れ物がないようにしましょう。

また汗や汚れを拭けるように、ハンカチやウェットティッシュを用意しておくと清潔感を演出できます。女性はウェットティッシュを多めに用意すると、片付け時に使用したり汗をかいている男性に渡したり、ちょっとした気遣い上手をアピールできますよ。

コメントを残す