街コンでモテる男になるためのポイント

街コンレポート_男性の足とアスファルトに沢山の矢印が書かれている

街コンでモテる男になるには?

街コンに参加するなら、やっぱりその場でモテたいもの。ここでは、街コンでモテるための身だしなみや行動、下準備についてまとめています。街コンに参加する前にぜひチェックしてみてください。

街コンではイケメンだけがモテる訳ではない

ハッキリ言ってしまえば、イケメンがモテやすいのは確かです。しかし、顔が良かったとしても、モテ要素で女子にNGと思われた場合、モテることはありません。また、顔イケメンでなくても、複数のモテ要素を兼ね備えた人のほうが人気という傾向にあります。

そこで、意識したい「身だしなみ」と「行動」から、それぞれ3つのポイントをピックアップ。また街コンに参加する前に用意しておきたい「下準備」として4つのポイントを紹介しています。

「自分はイケメンじゃないし…」と諦めるのではなく、できる行動からはじめて素敵な彼女をゲットしましょう。

街コンでモテる男:見た目・身だしなみ編

清潔感がある

「清潔感」は好印象を与えるための要素の一つ。とくに街コンの場合は、一人ひとりと会話できる時間が短い傾向にあるので、見た目で判断される割合が大きくなります。ヒゲや爪、鼻毛、ニオイには最低限チェックしておきましょう。

人によっては朝にヒゲを剃っても、夜になるころには目立ってしまう方もいるかと思います。そういう時は、街コンに参加する前にきちんとヒゲ剃りをしましょう。

また、参加前にシャワーを浴びることができれば最適なのですが、仕事帰りに直接向かう方もいるかと思います。ワイシャツや靴下の着替えや、汗ふきシートなどを準備するとベターです。

その場の雰囲気にあったオシャレ・服装ができる

街コンはカジュアルな雰囲気で開かれることが多いので、基本的には私服で参加する方が多いかと思います。オシャレな服装といっても、どういったものが良いのか、自分に似合うのかを知るのは難しいもの。そこで、女性からの印象が良くなるポイントをピックアップしました。

  • トップスは明るい色がベター
  • 無地の襟付きシャツ
  • アクセサリーを付け過ぎない
  • シワやシミのある服を着ない

平日に街コンへ参加する場合、スーツで参加する方もいると思います。その場合は、無理に着替えなくてもネクタイを外す、上着を脱ぐなど、ラフな雰囲気を演出するだけで問題ありません。

体型がスリムor適度に鍛えられている

ムキムキのマッチョになる必要はありませんが、適度に鍛えられている・スリムな体型であることは男性らしさをアピールできるポイントです。

ぽっちゃり男性は親しみを持たれやすいですが、頼りがいをアピールすることが難しく、モテからは少し離れてしまいます。また人によっては、太っていると少しだらしないと思われてしまうことも…。少なくともシュッとした体型であれば、マイナスイメージを持たれることはありません。

引き締まった体を手に入れたくても、1日2日の努力では手に入れることはできません。日々アスリートのような厳しいトレーニングをする必要はありませんが、だらしない体型にならないよう、日ごろから運動を意識することがモテに繋がります。

街コンレポート_スーツの男性がネクタイを締め直している

街コンでモテる男:行動・立ち振る舞い編

聞き上手な男性は合コン・街コンではモテやすい

「聞き上手な男性はモテる」という言葉を一度は耳にしたことがあると思いますが、ただ聞けばいいのではなく、聞き方にもコツがあります。それは「女性の話に対して、否定や指摘をしないこと」です。聞き方を間違えてしまうと、逆に引かれてしまうことも…。

男性にありがちなのが、女性の話しを聞いているうちにアドバイスをしてしまうこと。まだ関係性の浅い相手からのアドバイスは、説教に捉えられることがあります。親しくない人から説教されて魅力的だと感じる方は限りなくゼロだと思います。

女性の話に対して、否定や指摘、アドバイスをせずに「共感」することが大切。アドバイスは避けて、聞き役に徹することを意識しましょう。

笑顔でいる男性がモテやすい

男性や女性に問わず、笑顔でいる人のほうが話しかけやすく、親しみも湧きやすいと思います。街コンに参加したとしても、笑顔もなく楽しくなさそうな女性には魅力を感じませんよね?また「この人は怒っているの?」「つまらないのかな?」と余計な気を使うかと思います。

この気持ちは女性側も同じです。

常にニコニコしている必要はありませんが、話を聞く時や飲み物が運ばれてきた時などに、笑顔でコミュニケーションをとるようにしましょう。

さりげない気遣いができる

その場にいる方に気遣いや気配りができる人は、魅力的に映ります。常に周りを見ておく必要はありません。例えば女性のグラスが空になっている時にさりげなく、メニュー表を渡すといった小さなことに気付けるくらいでいいのです。普段から意識することで、徐々に身に付くものなので、街コン当日に意識するだけでなく、日常的に気遣いの練習をしておきましょう。

↓↓↓モテる男性が実践している、女性に好かれる話し方の記事もご紹介。意識するだけで変われる事なので、是非読んでみてくださいね↓↓↓
モテる男が実践している女性に好かれる話し方

街コンでモテる男:下準備編

チームワーク重視で一緒に行くメンバーを厳選する

持てる男になるために自分磨きをすることは大切ですが、実は街コンに一緒に参加するメンバーも重要。街コンで個人プレーに走り過ぎてしまうと、良い雰囲気に持っていくことも難しくなります。そういった事態にならないためにも、盛り上げ上手な友人と一緒に参加すると良いでしょう。楽しい雰囲気の中で自然と連絡先の交換に持ち込むこともできるはずです。

また事前に役割を決めることや、気になる女子が被ったときの対策も考えておくことも大切です。「彼女が欲しい!」とやる気に満ち溢れすぎている友人は、抜け駆けしようとして空気を乱す可能性もあるので、呼ばないほうがベターと言えます。

会話の導入に便利な質問を考えておく

気になる女性と話そうと思っていても「初対面相手だと緊張して、何からを話したらいいのか分からなくなる…」と悩む方も多いはずです。街コン前に会話の導入文を用意しておくことがおすすめ。文章を考える時に使えるのが「シタシキナカ(親しき仲)」という言葉です。シタシキナカは以下のようにテーマの頭文字をとったものです。

  • 「シ」・・・趣味
  • 「タ」・・・食べ物、旅
  • 「シ」・・・仕事
  • 「キ」・・・季節、気候
  • 「ナ」・・・仲が良い人の話
  • 「カ」・・・家族の話

「私の趣味は○○なんですが、何か趣味はありますか?」と自己紹介を含めつつ、相手のことも知るような質問を準備することでスムーズに会話ができるでしょう。

盛り上がりやすいネタを仕入れる

街コンでは気になる女性と話せたとしても、共通の話題が少ないことがあります。そういった状況で話を広げるためにも、事前に盛り上がるようなネタを仕入れましょう。特別な話題ではなく、誕生日占いや血液型トーク、早生まれあるあるなどの鉄板ネタでOKです。

ただし、話題のニュースの場合はネガティブなものや政治問題など、意見が分かれるようなネタは避けるようにしましょう。

2次会のための「ちょっといいお店」をあらかじめ押さえる

街コンが終わった後、盛り上がったらそのまま2次会に移るケースがあります。そんな時に、2次会の場所がなかなか取れず、待ち時間が経過してしまうと、盛り上がった気持ちが下がってしまいます。

そんな状況にならないためにも、あらかじめ2次会用の場所を決めておく・キープしておくことがおすすめです。気持ちが冷めるのを防ぐだけでなく、スマートな対応によりデキる男としてモテにも繋がります。

街コンの前にはいくつか候補をピックアップしておき、すぐに予約が取れるように準備すると良いでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。モテる男になるために日ごろから意識する必要があることもありますが、すぐに実践できることのほうが多かったかと思います。

初対面の方と話すことが苦手だったとしても、事前に準備することで対策できることも多かったはず。今回紹介したものをすべて実践するのは難しいと感じる人もいると思いますが、一度にすべて実施する必要はありません。できることから一つずつこなして、モテる男性を目指しましょう。

コメントを残す