こんな男に要注意15選

街コンレポート_スーツを着た男性が手を差し伸べています

美しすぎた青年の悲劇! “ナルシスト”の語源

自分のことが大好きで、いつも鏡を眺めていたり、カメラで自撮りをしてSNSにアップしたり。そんな自己愛の強い人、自己陶酔型の人のことを“ナルシスト”と呼びますよね。実はこのナルシストという呼び方は、ギリシャ神話に出てくる美青年のエピソードに語源があったんです。

ギリシャ神話に、“ナルキッソス”という類稀な美青年が登場します。彼は自分の美しさを自覚しており、「自分より美しい女性はこの世にいない」と自信満々。美青年ですから勿論モテるんですが、言い寄る女性には冷たい態度ばかり。森の妖精エコーも冷たくあしらわれた女性の1人です。エコーは悲しみのあまり姿を失い、声だけの存在になりました。因みに“こだま”を意味するエコーの起源はここからきているとか。

これを知った復讐の女神メネシスは激怒し、ナルキッソスに“誰との恋にも報われず自分しか愛せなくなる”呪いをかけます。そしてあるときナルキッソスは水を飲もうと覗き込んだ泉を見て、自分の姿に恋をしてしまいました。ナルキッソスは自分に見惚れ続け、やせ衰えて死んでしまいました。彼のいたところには水を覗き込むように頭を垂れる水仙の花が咲いたそうです。因みに水仙の花言葉は「自己愛」なんですよ。

ナルキッソスの悲劇的なエピソードから、自己愛のことを「ナルシシズム」と呼び、自己愛の強い人を「ナルシスト」と呼ぶようになったんです。しかしこんな壮大なエピソードが隠されていたなんて驚きですね。

この兆候があったら要注意! “ナルシスト男子”を見抜くポイント

気になる彼のいる女性の皆さん、その相手は、自分大好きな“ナルシスト男子”ではありませんか? 自分を好きなことは悪いことではありませんが、「付き合ってみたら全然こっちをみてくれない!」っていうのは嫌ですよね。実は“ナルシスト男子”かどうか、判断できるポイントがいくつかあるんですよ。

「靴音がうるさい」
ナルシスト男子はヒールのある靴が好物。なので自然と、コツコツという女性のハイヒールのような大きな音が出てしまうんです。
「周りをやたら見る」
自意識過剰なので、視線を感じたらついそちらを見ちゃうんです。いつも人に注目されているという意識があるみたい。
「胸元を開けたがる」
ファッションにこだわりが強く、アクセサリーをつけている人が多いです。胸元を開けるのは、アクセサリーが隠れないように。冬でも胸元が開いていないと落ち着かない人もいるほど。
「知り合い自慢」
有名人と知り合いなことを吹聴して自分を大きく見せたがります。口癖は「俺の知り合いにさ~」です。人脈はもちろん大切ですが、本人に中身があるかどうかが大切。もし近くにいたら、着飾った見た目や自慢話に惑わされないように注意ですよ!

付き合ったら必ず後悔する!? なるべく避けたい“地雷男子”

いま婚活中、恋活中の女性は、きっと「早く恋人が欲しい」とお思いのことでしょう。ただ、是非とも知っておいて欲しいのが、世の中には付き合ったらとても後悔する“地雷男子”という存在がいること。いくつかの“地雷”のパターンを見てみましょう。

「店員への態度が横柄」
自分より立場の弱い人に対して威張るのは、明らかな地雷。結婚後、奥さんに対しても「誰のおかげで生活できてるんだ!」とか言ってしまうタイプ。避けるのが吉ですよ。
「クリエイター気取り」
自分のことをクリエイターだと言う人は要注意。過去に芸術系の学校を卒業しただけで、実際は何もしていない、ただの怠け者という場合も。
「学歴がコンプレックス」
かなり大きい地雷かも。特に希望大学を落ちていつまでも引きずっている人は、大学の話になると途端に機嫌が悪くなったりムキになったり。
「実家がお金持ち」
金銭感覚が普通とかなりズレている可能性があります。近場でも「タクシーで行こうよ」なんて言ってくる人は、家庭を持ったら大変。財布の中身と相談して、お付き合いを考えたほうが良さそうです。

あなたのことよりママ優先! 意外と多い“マザコン男子”の見極めポイント

念願かなって良い男性とお近づきになれた! でも付き合ってみたら、彼女よりママ優先の“マザコン男子”…。将来的なことも考えれば、できればそういう出会いは避けたいもの。マザコン男子にありがちな特徴をいくつか覚えておきましょ。

「酔って女性に甘える」
マザコン男子は基本的に甘えん坊。特にお酒を飲むと赤ちゃんのような話し方になる人は、その気質が強いです。長く付き合ううちに、「服を着せて!」「食べさせて!」なんてせがむようになるかも。
「女性に決めてもらう」
何かを決定する時にすぐに女性に「どうしたらいい?」と聞いてくるのは、明らかなマザコンの兆候。幼い頃から母親に全てを決めてもらっていた習慣が染み付いているんです。
「乱暴な口調で口説く」
女性を口説くときにマザコンの自覚がある男性は、それを隠そうとして極端に乱暴な口ぶりになるようです。
「好き嫌いが多い」
マザコン男子は母親に甘やかされていることが多いです。嫌いなものは、もちろん「食べなくていいよ」と言われて育ったので、偏食家が多いみたい。どうですか? 気になる彼が当てはまるようなら、長いお付き合いになる前に少し様子を見たほうがいいかもしれませんね。

“彼女いない歴=年齢”のカレと上手く付き合うポイント

パーティーで気になる異性と出会ったけど、その彼は“彼女いない歴=年齢”だったとき、少し不安を感じませんか? でも、より不安を感じているのは彼の方。あなたがうまくリードすれば、問題なくお付き合いしていけますよ。

「無言を避ける」
まだ女性とお付き合いしたことのない彼の中では、“会話がない=つまらないと思われてしまう”という強迫観念のようなものがあるようです。黙っていると、必死で喋って空回りしてしまう傾向が。あなたから話題を切り出すか、鼻歌でも歌ってあげると安心してくれるみたい。
「こちらから手をつなぐ」
女性と触れ合うことのなかった男性にとっては、手をつなぐのも一大イベント。どのタイミングで繋ぐかで、デート中も毎回上の空です。デートが始まったらなるべく早く、「繋いでいい?」と聞いて繋いじゃいましょう。
「NGワードに注意」
恋愛経験の少なさをコンプレックスに感じている男性がほとんど。「本当に彼女いなかったの?」「モテ期は?」なんて質問は絶対にNGですよ。

甘く見てると怖い目に! ストーカー予備軍“粘着男子”を見極めるポイント

付き合いたての時は、やきもちを焼かれたり、少し束縛されたりするのも嬉しいもの。ただ、“粘着男子”には要注意。後々ストーカーにもなりかねないので、今回は見極めポイントをチェックしていきましょう。

「友人は年下のみ」
常に自分が正解、常に見栄を張りたい。だけど、同年代や年上だとバレてしまう…。そうなると、自然に付き合うのは年下の人のみとなるみたい。
「SNSチェックは当たり前」
相手の行動を知るために、ネットでSNSチェックは当然のこと。スマホやPCを触らせると、IDやパスワードを調べようとするので気を付けて!
「お金で解決」
何か問題が起こっても、真の解決策は取らずにお金で解決。問題をすり替えてしまう人は豹変の可能性アリ!
「周囲に恋愛相談する」
独占欲の強い粘着男子は、周囲に恋愛相談をすることで、“自分のモノ”だとアピールするみたい。はじめのうちは気付きにくい“粘着男子”。もし当てはまったら、行動がエスカレートする前に距離をとってくださいね。

“こじらせ男子”が絶賛増殖中!? 恋愛へ進展するためのタイプ別攻略法

自分の女性としての魅力に自信が無い人を“こじらせ女子”なんて呼びますが、実は男性でも、男性らしさに自信の無い“こじらせ男子”が増殖中とか。今回は、女性の皆さんが“こじらせ男子”を好きになった時の、タイプ別の“落とし方”をご紹介しましょう。

「妄想タイプ」
恋愛経験が乏しく、妄想と現実とのギャップに苦しむタイプ。2次元のキャラクターに逃げてしまう傾向があります。女性から優しくリードしてあげましょう。
「ネガティブ口下手タイプ」
基本ネガティブ思考であまり喋らず、日頃の不満はネットで発散します。こういうタイプは、運動や買い物など、積極的に外に誘ってあげると不満も薄れて良い関係が築けるかも。
「できる男像に縛られるタイプ」
男だから稼がないと、地位が高くないと、など“出来る男像”に縛られまくり。自分にプレッシャーをかけて恋ができなくなっています。味方であることを伝えて、おびえた心を安心させてあげましょう。
「やる気省エネタイプ」
基本的にやる気が無く、遊びの誘いにも「今日は気分じゃない」「近場でいい?」など、興ざめな返事を返しちゃいます。こういう彼は、普段何に興味を持っているかチェックしておいて、同じ趣味を持つと良いかも。

絶対に避けたい! 浮気症男子の特徴をチェック

男性の中には、本命の彼女がいても、他の女性が気になってつい浮気してしまう人は多いようです。でも彼氏にするなら、やっぱり誠実で一途な男性が一番。“浮気症男子”にひっかからないために、その特徴をチェックしていきましょう。

「とにかくマメ」
同時に複数の異性とお付き合いするのは、とかく面倒なもの。面倒くさがりやさんには、浮気はできません。マメな男性は、浮気をするための必須条件をクリアしているので注意しましょう。
「断れない」
職場でお願いされると、ついつい引き受けてしまう。そんな男性は、女性から見ても声をかけやすいタイプだったりしますよね。女性からの誘惑も多いので危険ですよ。
「元カノと連絡を取っている」
浮気相手で圧倒的に多いのが元カノ・元カレ。元カノと連絡を取っている男性は、それだけで要注意人物確定です。
「気軽に誘う」
誰でも食事やお茶にすぐ誘うタイプ。社交性があり、挨拶代わりに誘っているという面もありますが、誘われた女の子は自分に興味があるのかと思い、恋に発展することも。まとめると、優柔不断でマメな八方美人系男子にはご注意を。

あなたのイマ彼は大丈夫? “別れてよかった”と女性が思うモト彼のタイプ

恋人と別れてすぐの頃は、大好きだった彼を想い、悲しみに暮れるのが世の常。でも、数年、あるいは数ヶ月後には「なんであんなのと付き合ってたんだろ? 別れてよかった!」なんて思うことも少なくありません。そんな、女性が“別れてよかった”と思うモト彼像を見ていきましょう。

「優柔不断」
何事も自分で決められないタイプ。自分に自信が無いため、さも気配りができる男のように彼女の意見を求めます。
「相手を振り回す」
付き合い始めて暫くすると、自分勝手な行動を取る男性。相手に対する思いやりが欠けているということ。言って直るようなものじゃないかも。
「お金に細かい」
貧乏でもないのにドケチ。節約も行き過ぎるとデートも楽しめませんよね。
「お先真っ暗」
顔も性格も良いんだけど、将来性だけがないタイプ。真剣に付き合っていくなら、未来の見えない彼だけは避けないと。どうでしたか? もしイマ彼に当てはまるなら、関係を見つめなおすのも手かもしれませんよ。

付き合う前に見極めろ! 独占欲の強い男性の特徴

彼ができても、独占欲旺盛で「俺以外の男と話すな」「休みの日は家にずっといろ」なんて言われたら、ちょっとぞっとしますよね? そこで、付き合う前にわかる“独占欲の強い男性の特徴”をご紹介します。

「“おまえ”と呼ぶ」
少し親しくなると、「おまえ」呼ばわりする男性は、人よりも独占欲が強い傾向があります。女性を乱暴に扱うことで、“自分のもの”と実感したいみたい。また人前で「おまえ」と呼ぶときは、周囲に自分のものだと示したいからなんですよ。
「口下手」
意外な感じがしますが、喋りが苦手なのは、独占欲の強い男性に多く見られる傾向なんだとか。上手く喋れず相手に気持ちを上手く伝えられないため、その不安から独占欲が強くなるようです。
「母親と仲が悪い」
女性に対して、不安や疑いを持っていることが独占欲に繋がるみたい。その原因としては、一番身近な母親との関係が影響することが多いとか。ちょっと気になる男性がいたら、「いつも母の日に何かあげる?」といった質問で親子仲を探ってみてくださいね。

騙されるな! 平気で嘘をつく男性の特徴

小さな嘘から大きな嘘まで、男性は女性よりも嘘をつく生き物と言われているとか。「仕事で忙しい」と言いながら、ほかの女性と密会をする浮気男子もいますよね。そんな男性に騙されないために、“嘘をつく男性の特徴”をこっそり教えます。

「自己顕示欲が強い」
見栄を張る人は、嘘をつきがち。人に対して器を大きく見せようとしていますが、嘘をついた段階で器は極小サイズ。女性が「嘘だよね?」と、はっきり伝えると激怒したりするので気をつけてね。
「過剰な拒否反応」
常に客観的で理論派だけど、自分への批判に対しては過剰な拒否反応を示す人は、嘘つきさんになるポテンシャル十分。自分の体面を気にして、責任を転嫁するやっかいなタイプです。
「そもそも嘘をついている意識がない」
嘘をつきすぎてしまい、常に嘘がまとわりついているタイプ。周囲の人間に嘘をついて“理想の自分”を演じているのですが、どう考えてもスペック的に不可能なことが多いみたい。しかも本人は一切嘘がバレてるという自覚がないようです。チーン。

長く付き合ってからガッカリしたくない! 結婚に興味がない男性を見極めろ

せっかく相性の良い男性が見つかっても、彼に結婚する気が無かったらガッカリですよね。長年お付き合いした後に、そんな人だとわかったら悲劇です。はたして、結婚に興味がない男性に共通するポイントとは?

「何度も同棲してる」
同棲は結婚の事前準備です。何度も同棲までいくのに一度も結婚に踏み切らない男性は、何かよっぽどの訳あり物件。彼にその気がないのか、同棲すると現れるダメな部分があるのか、しっかりと見極めましょう。
「友人が結婚していない」
独身の友人に囲まれていると、まだ大丈夫と安心してしまううえ、自分が先陣をきって結婚するのは足がすくんでしまうみたい。既婚者に、結婚して良かった話を聞かせてもらうと彼も前向きになるかも。
「潔癖症」
最近増えているのがこのパターン。他人と共に生活すること自体が難アリ。外出先だと隠せるようなので、早めに自宅に遊びに行きましょう。長~いお付き合いに進む前に、しっかりと彼に結婚の意思を確認してくださいね。

相手選びは天国と地獄の分かれ道! 知っておきたい“結婚してはいけない男”

結婚はまだこれからという女性の皆さん、あなたが思い描く将来の旦那さんはどんな人ですか? 結婚は人生を左右する一大事。相手次第で人生は天国にも地獄にもなります。そこで今回は“結婚相手に絶対に選んではいけない男”をお教えいたします。

「才能が無い」
誰でも社会や人の役に立つ何かしらの才能があるもの。才能が無い男性というのは、自分で才能を見つける努力をしていないだけなんですよ。
「女性に媚びる」
女性に対して「愛してる」「好きだよ」と連発するのは、自信の無い証拠。女性に嫌われていないことを確認したいだけ。いつも不安がっている男性は頼りないですよね。
「AVを堂々と借りられない」
AVを借りるくらいでドギマギ、コソコソするような男性は要注意。もしかしたら、おかしな性癖があるのかも。
「何でもすぐ聞く」
女性に「どうしたい?」とすぐに聞く男性は、優しいような気もしますが、実際は決断力がないだけ。さらに、選択を失敗した時に、自分が責任を負いたくないというズルい一面も。それでは皆さん、相手選びには気をつけてくださいね。

あなたの彼は当てはまる? 彼氏の浮気を早期発見する方法

急に饒舌になったり、妙に優しかったり、あげくの果てには他の女性と比べるようなことを言ってきたり。もしかしたら彼は浮気をしているかも? 彼氏を信じたい気持ちはわかります。けど、バカ正直に信じるのはイヤ。そんな人のために彼氏の浮気を早期発見する方法、お教えします。

「身だしなみに気を使うようになった」
定番ですが、もっともわかりやすいポイントだといえるでしょう。ムダ毛を処理していたり、下着にも気を使うようになったり。さらにはちょっと筋肉がついてたくましくなったというのもポイントに挙げられるのではないでしょうか。
「フェイスシートを持ち歩くようになった」
浮気相手と接近したときに付いた、化粧やラメなどを落とす時に使えるアイテムがフェイスシート。冬場でも待ち歩いていたら、ほぼそのために使用していると考えてもいいかもしれません。
「排水溝の髪の毛が減った」
彼氏の家に行った時にチェックしてみましょう。排水溝の髪の毛が減ったということは、他の場所でお風呂に入っている可能性があります。これらの項目に当てはまっても、すぐに「浮気してるの?」と詰め寄ってはダメ。まずはカマをかけて相手の反応を伺ってみましょう。

電話に出なくても怪しまれない!? 浮気がバレない&ごまかす方法

よくないことだと思いながらも、つい恋人(結婚相手)以外の異性とも関係を持ってしまったという人は、案外少なくありません。現時点ではしていなくても、この先そうなるやもしれません(勧めてませんよ)。そこで、いざという時のために、浮気を上手にごまかす、またはバレないようにする方法を伝授しましょう。

「電話」
本命といるときに、まさかの浮気相手からの電話が…。当然出ることは不可能。でも、出ないと怪しまれてしまいます。それなら出なくて当たり前の相手にしちゃえばいいのです。例えば、登録名を“保険勧誘○○”としておけば、「ほら、また勧誘だよ」と出るのを避けられます。基本ですね。
「外泊」
浮気相手の部屋にお泊りなんてこともあるでしょう。そんなときは、“出張”と銘打つ。しかし、それだけでは回避になりませんので、本当に出張先のお土産を購入するのです。すると途端に信憑性10倍増しです。ネットでもご当地名物が買える時代って便利。
「夕飯」
夕飯を必ず一緒に食べるだけで、本命を安心させられます。たまには浮気相手とも一緒に食べたいと思うでしょうが、バレたくなければ我慢。
「活動範囲」
基本的なことですが、本命が活動の主としているところでは絶対に遊ばないこと。浮気がしたい人は、多少遠くに住む相手を選んだほうがよいでしょう(勧めてませんからね)。

↓↓↓誠実な男性とはどういう人を指すのでしょうか?こちらの記事をご覧ください↓↓↓
誠実な男性の見分け方とは?

コメントを残す