婚活に前向きになれないモヤモヤの正体って?

街コンレポート_女の子が何か考え事をしている

年齢的にそろそろ婚活に本腰を入れて頑張らなきゃいけないのはわかっているけど、どうも前向きになれない。結婚したい気持ちとうまく頑張れない気持ちの間で揺れている女性は多いものです。

この記事を書いている私の周りもまさに結婚・出産ラッシュ。ついこの間まで芸能人を楽しそうに追いかけていた後輩(27歳)にまで先を越されて、この絶望感から脱げ出す方法を模索中なのです…。

自分では見つけられないモヤモヤの原因があるはずだ!と思い至り、婚活に前向きになれない理由を探りました。

婚活に前向きになれない理由はこれだ!

1.独身生活を謳歌している

20代後半から30代は仕事のやり方を覚えて自分の職域を広げ、後輩や部下ができ、仕事だけで充実した毎日を送っている女性も少なくないはず。遊びたい・お外でご飯が食べたいと思った時、誘いに応じてくれる友人がいて、休日は打ち込める趣味があると、それだけで独身生活に不満はないですよね。

むしろ、どこに「恋人」の時間をつくれば良いのか迷うほど、充実した毎日を送っているでしょう。

ただ、結婚した友人の話を聞いたり、夜に1人でいたりすると何となく「このまま結婚できなかったらどうしよう…」と不安に感じることもありますよね。

独身生活を楽しんでいる自分と、未来の自分との間で気持ちが揺れ動くため、婚活の2文字に対してモヤモヤしてしまうのかもしれません。

2.ここ数年で恋をした記憶がない

思い返してみてください。あなたが最後に恋をしたのはいつですか?

1~3年前だと答えられるならまだしも、5年以上も恋をした覚えがない方は恋愛に対してあまり前向きではないのではないでしょうか。最後に恋をした相手からひどい振られ方をしたのかもしれませんし、これまで恋愛に興味がなかった方もいるでしょう。

恋に前向きになれないきっかけがあって、長らく恋をしていないと、婚活も重く感じてしまいます。

3.親や親戚からのプレッシャーが重い

「親からせがまれて婚活を始めた」「『私があなたくらいの歳には子どもがいたのよね』なんていう親戚からのプレッシャーに押しつぶされそう」という女性はたくさんいます。親や親戚が「結婚することがあなたの幸せだ」と暗に押しつけてくるように感じて、婚活に対して明るいイメージが持てず、気持ちも後ろ向きになっているのでしょう。

それはきっと家族や親戚を大切にしているからこそ、感じるプレッシャーです。結婚をほのめかしてくる家族や親戚も、あなたが憎らしくてプレッシャーをかけているわけではありません。

難しいかもしれませんが、婚活が苦しいのなら、正直に打ち明けて「今はそっとしておいてほしい」と伝えてみてください。

4.結婚生活に夢がない

「大恋愛の末に結婚したのにスピード離婚した」という方が周りにいると、結婚生活に夢が持てなくなるのも仕方がないかもしれません。

私の知り合いにも、中学の同級生だったことを知らないまま、大人になって運命的な出会いをし、子どもができて結婚した夫婦がいます。最初は幸せそうに暮らしていましたが、離婚してしまいました…。

周りに「結婚して良かった!幸せ!」と言っている方が多ければ、自然と結婚にも夢が持てるかもしれませんが、マイナス要素ばかり聞かされていると、やはり結婚に前向きな気持ちになれないものです。

婚活に息苦しさを感じている理由は、結婚に対して明るいイメージを持てているかどうかなのかもしれませんね。

5.出会いの場に行くのが億劫

誰しも新しい人と出会うのは気力がいるもの。婚活を頑張りたくても、毎週のように知らない人と出会うのは疲れてしまいますよね。

婚活は知らない異性と出会う場所へ行くことになるので、もともとコミュニケーションが苦手な方ほど、億劫になるでしょう。

常に新しい人と出会うことが重荷になっているのであれば、そういう場所へ行く回数を少し減らしてみてください。毎週頑張っていたなら、2~3週間に1回ペースに減らし、思いきってリフレッシュする時間にあてましょう。

「今ならもう少し頑張れそう」というタイミングが来たら、その時はちょっとだけ頑張ってみてくださいね。

婚活に前向きになりたい女性に捧ぐ3STEP

STEP1.婚活成功者の話を聞く

「そんなの聞いてもつらいだけ」と思いますよね。わかります。余計にモヤモヤしてしまいそうです。

ただ、婚活に前向きになりたくてもがいているなら、やはり婚活成功者の体験談を聞くことがモヤモヤを晴らす第一歩になります。

私の友人も某婚活アプリを利用しながら2年ほど頑張っていて、最近「結婚を前提にお付き合いしてください」と告白されたことを報告されました。うらやましい限りですが、「やっぱり頑張り続けることは無駄じゃないんだな」と感じませんか?

結婚したい一心で婚活に励み、成婚した方の体験談はあなたへのエールになること間違いなしです!

街コンレポート_ウェディングドレス姿の女性

STEP2.リアルな人生設計をつくる

「30歳にはお付き合いしている人がいて、32歳で子どもができて…」というリアルな人生設計をすると、「婚活頑張ろう」と前向きになる方が多いようです。

コツは、かなりリアルにつくりこむこと。両親の介護が必要になりそうな年齢や自分自身の退職までリアルに書き込んで逆算すると、「今頑張らなきゃ」とスイッチを入れやすくなるのだとか。

現実と向き合うのは怖いものですが、自分の婚活スイッチをONにしたいという方はぜひ試してみてください!

STEP3.しんどい時は休憩をはさむ

前向きな気持ちで頑張り続けるのって、思っている以上にしんどいものですよね。時には休憩をはさんでも、怒られることはありません。気持ちだけが焦っていて、不安定な時に頑張り続けても自分を追い込むだけ。それならいっそのこと、休憩をはさんでみるのも婚活を前向きに頑張るための秘訣なのではないでしょうか。

だらだらと休憩をはさむのではなく、ある程度の期間を決めて「この期間はお休み!」と割り切ってしまうと良いかもしれませんね。

婚活に前向きになれないのはモヤモヤしている原因がある

年齢を重ねるにつれて「頑張らなきゃ」と自分を追い込んで婚活している女性は多いかもしれませんが、まずは自分の気持ちと向き合ってみてください。

結婚することがゴールではなく、これまで1人で歩んできた人生を支え合いながら一緒に歩いてくれる相手を得ることがゴールですよね。

婚活を頑張りたいのにエンジンがかからないなら、自分がどういうところにモヤモヤしているのかを見つけて、自分なりの婚活スイッチの入れ方を考えてみましょう。

↓↓↓婚活に悩んでいる方は、こちらの記事を是非ご覧ください↓↓↓
婚活の戦略がわからなくなった人が読む記事

コメントを残す