カレー好きな人にはたまらないカレー婚活

街コンレポート_丸い鉄板皿にチキンカレーとターメリックライスがあります

カレー婚活

日本人の国民食として、はたまた男性が好きな食べ物として上位にランクインしている「カレー」。カレー好きな人にはたまらないカレー婚活の特徴や口コミ、攻略法をまとめてご紹介します。

刺激的でほんのり甘い出会いが味わえる「カレー婚活」の特徴は?

カレー好きな人が集まる

カレー婚活というだけあって、無類のカレー好きが集まるイベントです。カレーを食べるのが好きなのはもちろん、カレー屋を巡るのが趣味、はたまたオリジナルカレーを作るのが得意な人たちが多く集まります。「カレーが好きな人と出会いたい」という人は、一度試してみる価値アリです。運命の彼氏・彼女に出会えるだけでなく、カレー友が一気に増えるチャンス!

専門店のカレーがリーズナブルな価格で食べられる

カレー婚活というからには、ステキな人に出会うだけでなく、美味しいカレーにも出会いたいもの。カレー婚活のイベントによっては、銀座にある専門店のカレーが楽しめるそうです。多くのカレーファンをとりこにするそのお店は、新橋エリアのカレー店のなかで1位を獲得するほどの有名店。カレー婚活では、この日のために準備された5,000円相当のスペシャルコースを1,000円で食べられるという、至福な時間が味わえます。シーフード・野菜カレーやタンドリーチキン、ナンといった料理が続々と出てくるそうなので、つい食べることに集中しそうですね。

カレーの専門家によるトークが聞ける!

カレーを食べるだけではなく、カレーの専門家によるトークが聞けるのも嬉しいポイント。実際に行われたカレー婚活では、カレー界の第一人者ともいえる飯塚 敦(ぴい)さんから、カレーにまつわるお話やクイズを出していただけたようですよ。飯塚さんは、カレーを中心とした取材執筆活動やブログを運営している、フードジャーナリストです。ちなみに、奥さまとの出会いのきっかけも「カレー」なんだそう。カレー好きな人たちが集まるぶん、クイズも熱く盛り上がりそうですね。

男女ペアでカレーとナンを作る

カレー婚活では、お店で作ったカレーを食べるのではなく、いちから自分たちでカレーを作る企画もあります。男女で、インドカレーとナンを生地から作るスタイルなので、「カレーを作るのが好き」「カレー好きな人と一緒に料理をしてみたい」という人にぴったりの企画です。料理がニガテな人でもスタッフがサポートしてくれるので、安心して楽しめます。食事をするときは相手と1対1でゆっくり話ができるよう、着席スタイルで行います。

婚活料理専門の講師がサポートしてくれる

プロの講師が料理を教えてくれる婚活イベントはいくつかありますが、カレー婚活では「婚活料理専門」の講師がWサポートしてくれるセミナーもあります。カレーの作り方を教えてくれるだけでなく、婚活もアシストしてくれるので、有意義な時間が過ごせること間違いナシ。料理という共通の話題があるぶん会話が弾みます。

カレー婚活の基本情報

ジャンル
趣味系

費用の相場
1,000円~6,000円前後

開催地
東京都、愛知県など

実際にカレー婚活に参加した方の口コミ

人見知りな私でも楽しめました

今回私が参加したのはバスツアーの婚活パーティー。そのパーティーのメイン企画は目的地に着いてからのカレー作りでした。「実は料理が苦手で…」と言っている男性がいたので、その隣で手伝いながら一緒に作ることに。「結婚をしたらこんな感じなのかな」と話しつつ作ったのがとても印象に残っています。人見知りなので、初めて会った人とカレーを作るのが心配でしたが、予想以上に楽しめました。(女性/年齢不詳)

料理をするので女性と近い位置で話ができる!

一緒に将来を添い遂げる人なら、料理が上手い人が良いなと思ったのが、カレー婚活に参加したきっかけです。私が参加した カレー婚活では、キッチンとは離れた部屋でフリートークを行ったあと、料理をする流れでした。ちなみに作ったのはドライカレーです。女性が包丁を扱うところを見たかったのですが、周りの女性も同じ気持ちなのか、男性側の腕前をチェックしているような感じでした。でも、学生時代の部活やキャンプに行ったときに近い感じで楽しかったです。普通の合コンとは違って、近くで話しができるのもポイント高いんじゃないかな。(男性/30代)

本格的インド式スタイルのカレー婚活でした

私が参加したカレー婚活では、男女合計の16名が集まっていました。フリートーク前に行われたカレーパーティーでは、床に座ったうえで手で食べる本格的なインド式スタイル。和気あいあいとした雰囲気で皆さん楽しんでいるようでしたよ。満席状態で一人ひとりの距離が近いからか、会話も思ったより盛り上がりました。5組のカップルが誕生していたので、確率的に高いと思います。(性別年齢不詳)

料理好きな人・得意な人は参加すべきです

私はカレーを作るイベントに参加しました。料理が好きなのも関係していると思いますが、野菜を切る様子を見た男性から手際が良いと褒められました。女性が思っている以上に、男性はそういうところもチェックしているのかもしれません。料理が好きな人・得意な人は、実際に料理をするパーティーに行くと、アピールできる場が増えるのでおすすめです!(女性/年齢不詳)

女性の素が垣間見れるイベントです

婚活イベントに参加して思ったのが、色んな女性がいるということです。
料理上手で段取りも良い女性もいましたが、個人的に気になったのが、細かいところを黙々とやっていた女性です。お皿をサッと準備したり、使い終わった調理道具を何も言わずとも洗ったりしているのに、目を引かれました。ちょっと面倒臭いと思うところをやってくれる女性ってとても魅力的ですよね。もちろん人それぞれ好みがあると思うのですが。女性の素が垣間見れるイベントだと感じました。(男性/30代)

街コンレポート_アットホームな木目調のレストラン店内

「カレー婚活」の攻略法

カレー婚活はその名の通り、カレー好きな人と出会えるチャンスが高い婚活です。食べ物が同じ好みだと話題も広がりますし、何より距離がグッと縮まります。夫婦になると毎日食卓を囲むぶん、美味しいものを一緒に食べて語り合いたいもの。「今日はどんなカレーにしようか…」とお互いで悩む時間も楽しいですよね。カレーを作るイベントでは、お互いの料理の腕さばきをチェック出来るのも嬉しいところ。ここでは、カレー婚活で成功するために押さえておきたいポイントをいくつか紹介します。

相手の話をちゃんと聞く

お互いカレーが好きなぶん、カレートークになることは間違いありません。好きなカレーのお店、カレーを作るときのコツ、カレーの雑学など話題は尽きないでしょう。ですが、一方的に話をし過ぎると相手が飽きてしまったり、引いてしまったりする可能性があります。自分の話だけではなく、相手が話すことに耳を傾けましょう。

料理が苦手な場合は相手に伝える

「料理が苦手だけど、カレーが好きなので参加してみたい」と考える人も多いはず。カレーをペアやグループで作るイベントに参加する場合は、料理が苦手である旨を周りに伝えましょう。料理ができるといくら口で言ったとしても、上手いかどうかは行動で表れます。「苦手だけど参加してみた」と正直に伝える姿勢が、アピールポイントに繋がるかもしれません。ですが、それを伝えるだけで相手に任せっきりなのはもってのほか。できることは率先して行いましょう。自分が考えているよりも、周囲はあなたに目を向けてくれていますよ。

アピールだけでなく、周りへの気配りを大切にする

料理が得意な人は、そのぶん相手からの関心を惹きつけられます。ですがそれにうぬぼれてはいけません。「自分はできるアピール」をし過ぎると、マイナスイメージに繋がる可能性があります。あくまで普段通りに行うのがポイント。周囲へ目を向けたうえで、料理が苦手な人のサポートも行うのがベストです。同性・異性問わず優しい人には自然と視線が集まりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。