メンズスーツをかっこよく着こなす方法

街コンレポート_スーツを着た3人の男性が会話をしながら歩いています

メンズスーツを着こなすために重要なのはサイズ感

スーツをかっこよく着こなすため大切なのはサイズ感です。体型より大きなスーツを着ていると、「野暮ったい」「おじさんっぽい」と老けた印象を与えてしまいます。女性の多くは頼りがいのあるオトナの男性に魅力を感じるものです。サイズの合ったスーツを上手く着こなせていれば「できる男」という印象を与えられるツールとなります。

正しいジャケットのサイズ感

スーツを正しく測るにはまず、肩のサイズをチェックしましょう。正しいサイズのジャケットは、肩の縫い目が肩の端にくるように作られていて、腕に沿って下に落ちていきます。サイズが合っていればくぼみやシワがなく、引っ張られることはありません。

袖はシャツが1.5cmほど見えるくらいが最適とされています。ジャケットの袖にシャツが隠れたり、シャツの袖口が見えたりするのはよくありません。

着丈については流行に左右されやすい部分です。一般的にはおしりがギリギリ隠れるくらいが適切とされています。

パンツの丈

丈の長さが適切でないと全体のバランスが崩れて見えてしまう、重要な部分です。パンツの丈は裾がシューズにあたるくらいが適していると言われています。くるぶしを出すアンクル丈はカジュアルな印象を与えますので、TPOに合わせて決めましょう。

計測はウエストを腰骨の位置に合わせるようにします。ベルトをするのを忘れずに。計測中は腰を曲げずに背筋をまっすぐにして測るようにします。

シャツのサイズ感

シャツについてもジャケットと同様に肩のラインが自分の体格にあっていることが大切です。肩から腕にかけてのラインを意識すると、見た目もよくなるだけでなく動きやすくなります。

首回りは指一本分ゆとりを持たせましょう。首回りが苦しいからと指一本以上のゆとりがあるシャツだと、だらしない印象を与えます。ブランドによってサイズ感が異なるので、試着を必ずするようにしましょう。

着丈の測定はシャツを入れて、バンザイをした状態でチェック。パンツからシャツが出てしまうのはNGです。試着時にチェックしておくことをおすすめします。

ネクタイの選び方

ネクタイは襟元の印象を左右する重要なポイントです。

ネクタイの柄は無地やストライプ、小紋柄などありますが、それぞれ異なる印象を与えます。

  • 無地はどんなメンズスーツに合わせられるベーシックなタイプです。紺色や赤を持っておくと使い勝手がいいでしょう。
  • ストライプは無地と同じく定番の柄です。ビジネス用だとストライプの幅が細く色数が少ないタイプを選ぶと◎。ストライプの幅が太くなるとカジュアルな印象を与えます。
  • 小紋柄は和服にも使われる柄です。柄が大きいとカジュアルな印象となり、小さいとクラシックな印象を与えます。

ネクタイを結ぶときは、ディンブル(窪み)を作って立体感を出すといいでしょう。ネクタイの型が崩れない、胸元に華やかさが出るメリットがあります。

オーダースーツという選択肢も

体型は人によって異なるもの。既成のスーツだと、ジャケットとパンツのサイズがどちらかしか合わなかったり、袖が短かったりと体型によって合う・合わないがあります。サイズ選びで失敗しないためにも、体型を採寸して仕立てていくオーダースーツがおすすめです。オーダーと聞くと高級品のイメージが強いですが、今は手に届く価格となりました。きちんと採寸をしてあなたの体型に合わせて調整するので、既製品にはない着心地を得られます。生地や裏地、ボタンなど好みから選べるので、こだわるなら自分だけのメンズスーツを作ってみてはいかがでしょうか。

カラー別スーツの着こなし方

メンズスーツの色はネイビー、ブラック、グレーがあります。

ビジネスではネイビーやグレーがおすすめです。色が濃くなるほどフォーマル、明るい色だとカジュアルよりになります。

ブラックは本来、フォーマルな場面で着るものでしたが、最近ではビジネスシーンに取り入れられるようになりました。

ネイビースーツの着こなし方

ネイビーは溶け込みやすく、古臭い印象になりにくいので、年齢に関係なく着用できるのが大きなポイントです。合わせやすいため色々なコーディネートを楽しめます。一口にネイビーと言っても色身はさまざま。黒に近いダークネイビーや青に近いライトネイビーと、好みやシーンに合わせて選ぶといいでしょう。

パーティーシーンでは白シャツと無地の赤系統のネクタイを組み合わせたクラシカルなコーディネートがおすすめです。アクセントとしてポケットチーフを刺すとお洒落度がグンと上がります。

結婚式に適しているのは、無地のネイビーです。はっきりしたストライプは場違いとなってしまうので避けるようにしましょう。ジャケットにベストを加えたスリーピーススーツだとエレガントな印象を与えます。

ブラックスーツの着こなし方

ブラックスーツは礼服のように真っ黒な色でなく、奥行きのある黒の色となっています。ビジネスシーンでブラックスーツを選ぶ際は、体にフィットしたタイプを選ぶといいでしょう。黒色は上品な印象を与えるため、白のシャツと無地のネクタイを合わせるだけでスタイリッシュな印象に。シンプルなコーディネートになるよう心がけましょう。

フォーマルやパーティーなどのシーンでは、黒と白のモノトーンを意識するときちんとまとまります。ビジネスシーンでは使うのが難しいナロータイをお洒落アイテムとして活用できるでしょう。黒いシャツに黒いネクタイのオールブラックのスタイルもパーティーシーンでモダンな印象となります。

グレースーツの着こなし方

スーツの基本色と言われるグレー。多くの色と相性が良く主張し過ぎない色です。コーディネートしやすく、落ち着いた印象を与えます。グレースーツもネイビースーツのように色はさまざま。明るい色のライトグレーはカジュアルで軽い印象となり、爽やかさを演出できます。黒に近いチャコールグレーは合わせるシャツやネクタイの色によって大きく印象を変えられます。オールシーズンでも使えるので1着持っていると便利です。

ピンクシャツと合わせると柔らかい印象となり、黒シャツと合わせるとモダンなコーディネートに。シャツだけではなく、ポロシャツやTシャツと組み合わせてもお洒落に着こなせるでしょう。

街コンレポート_スーツを着た男性がハートのパネルを持っています

スーツをよりかっこよくするアイテム

メンズスーツをかっこよく見せてくれるベスト、ポケットチーフを紹介します。コーディネートの参考にしてください。

ベスト

ビジネススタイルだけではなく、結婚式をはじめとするフォーマルな場面でコーディネートの幅を広げるアイテムです。体をたくましく見せる効果があり、お洒落な印象を与えます。季節の変わり目に防寒具としても使えるアイテムです。スーツと同じ色のものを一つ持っておくといいでしょう。さらにお洒落に見せたい場合、ミドルグレーのベストがおすすめ。ネイビースーツやブラックスーツにも合わせられるので、いつもと違う着こなしをしたい人にピッタリです。

ポケットチーフ

ポケットチーフはアクセントを作るアイテムです。ビジネスや結婚式と違うシーンでも折り方を変えるだけで使いまわせるので、白のポケットチーフがおすすめ。胸元に指すだけでお洒落度を高め、全体のバランスに統一感を与えます。白のポケットチーフを使いこなせたら、青やチェックなどの柄ものにチャレンジしてみてください。主な素材はシルクとリネンの2つです。しなやかさと光沢感のあるシルクは結婚式やパーティーにピッタリ。形状が崩れにくいリネンはビジネスシーンで合わせやすく一つ持っておくといいでしょう。

スーツに限らず、身だしなみは大切ですよね。大人の着こなしで街コンに参加してみましょう!

コメントを残す