一度は試したい!婚活女子にオススメの美容法

街コンレポート_お風呂に入りながら本を読んでいる女性

お手軽に美肌が作れる!お風呂に入れると美容効果が得られる意外なもの

恋人をゲットするために日夜努力を惜しまない乙女の皆さん、バスタイムはどのように過ごしていますか? 入浴剤やバスソルトなど、美容に効くバスグッズは色々とありますが、実は身の回りにある意外なものに、美白や保湿といった美容効果が含まれているみたいですよ。

「日本酒」
デトックス・美白効果。38度くらいのぬるま湯に小さめのコップ1杯程度の日本酒を入れます。日本酒が血流を良くする働きがあるので、代謝が良くなり、デトックス効果が期待できますよ。さらに日本酒に含まれる“こうじ酸”が美白に導いてくれるそうです。酔いやすい人は少なめの量から試してみてくださいね。

「はちみつ」
むくみ解消、保湿効果。湯船にスプーン1~2杯分のはちみつを入れてください。はちみつにはカリウムがたっぷり入っています。これがむくみ解消に効くんです。またビタミンやミネラルが豊富なので、保湿効果も抜群といいことづくめ。

「緑茶」
にきび・肌荒れ改善。緑茶の葉を古いストッキングなどに入れて湯船にイン! お茶っ葉はでがらしでOKです。お茶の葉には殺菌作用があるので、にきびや肌荒れに効果あり。香りも良いのでリラックスできそうですよね。それでは心地良いバスタイムをお過ごしください。

飲む点滴・・・いや美容液!?女性に嬉しい“甘酒の美容効果

綺麗になって恋がしたいという女性の皆さん、甘酒って普段飲みますか? 寒い季節だけ、お正月だけ、殆ど飲まない、なんていう人が多いんじゃないでしょうか。実は甘酒は“飲む点滴”と言われるほど栄養豊富。美容にもとても効果があるんです。どんな美容効果があるのか探ってみましょう。

「美肌&美白」
甘酒にはメラニン生成を抑制してくれるコウジ酸が含まれているため、シミやくすみが予防でき、綺麗な白い肌を保つことが出来ます。また細胞の活性化を促すビタミンB2は、アンチエイジング効果、ビタミンB6は保湿効果、必須アミノ酸は肌の乾燥防止など、甘酒には美肌になるために有効な成分がたっぷり。一度にこれだけ豊富な種類の美容成分が摂れるのは嬉しいですね。

「ダイエット効果」
甘酒に入っているブドウ糖が血糖値を上げることで、少量で満足感を得ることができます。そのため食事前に少し飲むと、食事量を少なめに抑えられるんだとか。さらに甘酒にたくさん含まれているビタミンB群は脂肪燃焼を助ける働きがあるのでダイエットに効果的。ただ、カロリーが低いわけではないので飲みすぎには注意ですよ。

「便秘解消」
甘酒の材料には麹が使われており、食物繊維やオリゴ糖といった腸に働きかける成分が入っています。食物繊維は便通をよくし、オリゴ糖は腸の中の善玉菌を増やし、腸内環境を良くしてくれます。食物繊維とオリゴ糖のダブルの働きで、お腹はスッキリ。便秘しやすい女性には嬉しい飲み物です。

美肌・老化防止・ダイエット効果・・・侮れない!美容効果のある食べ合わせ

女性が大好物といえばダイエット。ありとあらゆるダイエットに励んできたと思いますが、意外と軽視されがちなのが食事の“食べ合わせ”。実は、食べ合わせで得られる美容効果ってかなり多いようです。それではお薦めの最強タッグを見ていきましょう!

「納豆&キムチ」
ダイエットに効果アリ。乳酸菌を含むキムチと納豆菌が組み合わさると、乳酸菌がどんどん増え、腸の動きを活発にしてくれます。ダイエットだけでなく、便秘防止効果もあるのでお肌もつるつるに。

「トマト&オリーブオイル」
老化防止に効果的。トマトは肌の調子を整えるビタミンCと、老化防止に効果のある抗酸化物質のリコピンが豊富。オリーブオイルにも同じく抗酸化物質が入っているうえ、トマトのリコピンの吸収を助ける力も。

「ピーマン&キノコ類」
美肌に効果的。ピーマンに含まれているビタミンCは熱に強いのが特徴。美容ビタミンであるビタミンB2の入っているキノコ類と一緒に食べれば、美肌効果が大幅UP! どれも美味しく食べられる組み合わせばかりなので、毎日の食事の際に意識してみてくださいね。

良いことずくめ。朝ごはんを食べてキレイになろう!

朝忙しくて朝食を抜いている人はいませんか? ある調査では20代の50%以上は朝食を食べないそうです。朝は一分でも長く寝ていたい! と思っているあなた、朝食を食べるメリットをみすみす逃すのはもったいないですよ。朝食は体に良いことがいっぱい。今回はその中でも朝食の美容効果についてご紹介します。

「体内時計を調節してくれる」
朝食は体内時計に深く関係しています。朝食の量より夕食の量が多いと「夜型」に、その逆だと「朝方」の生活リズムになるそうです。午後10時から午前2時は、成長ホルモンが分泌される「お肌のゴールデンタイム」。この時間に睡眠をとると、美肌効果は間違いなしです。朝食を食べて朝方の生活リズムを手に入れましょう。

「体温が高まる」
一説には、体温が一度下がれば代謝が12%、免疫力が37%低下すると言われています。朝食を食べると、寝ている間に低下した体温が高まり代謝がUP! ダイエット効果が期待できるとともに、胃腸の働きも良くなるので便秘解消の効果も。さらに免疫機能も活発になるので、病気知らずの体になれますよ。

「メラトニンを分泌させる」
アンチエイジング効果があるとされ、注目されているのが成長ホルモンの「メラトニン」。メラトニンの分泌に必要なのが、「必須アミノ酸」と「太陽光」の二つですが、必須アミノ酸は体の中では生成されないので、太陽光を浴びても必須アミノ酸が無ければ意味がありません。太陽光を浴びる前に朝食で必須アミノ酸を補給しておきましょう。

美容にダイエット、疲労回復にも効果的!毎日摂りたい昆布の魅力

今よりもっと魅力的になれば、ステキな恋人ができるはず! と、美容やダイエットのために食事に気をつけている人は多いと思います。ただ中には、サプリメントやダイエット食品はちょっと懐事情が許さない、抵抗がある、なんていう人も。 では、とっても身近で手軽に買える“昆布”の力をご紹介しましょう!

「美肌効果」
肌の荒れや乾燥を防ぐのに必要不可欠な甲状腺ホルモン。実は昆布にたっぷり含まれているヨウ素は甲状腺ホルモンの原料になります。そのため昆布の摂取は乾燥や肌荒れ対策にとても効果的。さらに肌を美しく保つビタミンB2も含まれているため、美肌作りには心強い食品なんですよ。

「ツヤ髪&綺麗な爪に」
白髪対策や抜け毛対策など、髪の健康に昆布が効くというのは昔から言われていますよね。昆布に多く含まれるミネラル成分には代謝を高める効果があり、またビタミンB1の疲労回復効果によって、健康な髪が育つと言われています。また体の不調によって、白くなったりツヤを失ったりしやすい爪も同様に昆布が綺麗にしてくれるそうですよ。疲れが溜まっていて、髪がパサパサ、爪が割れやすいなんて人は積極的に摂取するといいかも。

「ダイエット効果」
昆布には食物繊維がたっぷり。便通を良くし、便秘でぽっこりしたお腹をスッキリさせてくれますよ。またアルギン酸という成分には、脂肪の吸収を防ぎ、コレステロール値を下げる力が。油っこい食べ物を食べた時にはカロリーを抑えたり、メタボの予防に一役買ってくれます。さらに脂肪の蓄積を防ぐフコキサンチンも含まれており、ダイエットに勤しむ人にはありがたい食材です。

ギネスも認めた!やっぱり凄いアボカドの美容効果で彼氏も喜ぶツヤスベ肌に!

いまや男ウケメイクの主流は“ナチュラル”。ファンデーションの分厚いベールに包まれたお肌では、ナチュラル感はつくれません。かといって、荒れた肌はなおNG。彼氏も思わず触れたくなるような肌を手に入れるには、内側からの肌質改善が必要です。そこで頼りたいのが「食べる美容液」とも呼ばれるアボカドの美容効果。やっぱり凄い! その効果のほどをご紹介します。

「豊富なビタミン」
アボカドには、約11種類のビタミンが含まれています。中でも含有量が多いビタミンEは若返りのビタミンとも呼ばれ、抗酸化作用があり老化防止に役立ちます。アボカド1個に、1日に必要な量の3分の1ものビタミンEが含まれています。

「コエンザイムQ10」
なんと、美容サプリメントの成分としても扱われるコエンザイムQ10も含まれています。生きていくうえで体は、活性酸素というものを発生させます。これが細胞を破壊し、老化の原因になるのですが、コエンザイムQ10は抗酸化作用が強く、活性酸素から体を守ってくれるため、アンチエイジングや美肌に効果を発揮します。

「オレイン酸」
オレイン酸には悪玉コレステロールを減らす作用があり、動脈硬化などの生活習慣病に効果を発揮します。また、血液がサラサラになることでお肌のターンオーバーも促進するので、ここからも美肌効果を得ることができます。

たくさんの美容効果をもたらしてくれるアボカドは、「世界で最も栄養価が高い果実」とギネスブックにも認定されているそうです。1つで豊富な栄養補給ができ、忙しい社会人のみなさんも簡単に取り入れることができるのではないでしょうか。アボカド効果を取り入れて、彼氏も喜ぶツヤスベ肌を手に入れちゃいましょう。

ちっちゃいけれど綺麗の素がたっぷり!小豆の美容効果

女性はいつでも、いつまでも綺麗でいたいもの。もちろんそのために食べ物にも気を遣っているわけですが、意外と知られていないのが“小豆”の有効性。お正月のぜんざいや祝い事の時にお赤飯をちょっとだけ…なんてもったいない! 小豆には、美容効果がたっぷりなんですよ。

「美肌効果」
小豆に含まれているビタミンB2は代謝を促し、肌の生まれ変わりを助けてくれます。また小豆に含まれているポリフェノールはワインを同量飲んだときよりも効果が高いんだとか。抗酸化作用を発揮して肌の老化を防いでくれるので、お肌を若々しく保つための力強い味方になってくれますよ。

「便秘解消&むくみ解消」
小豆には豊富な食物繊維が含まれているため、腸を刺激して便通を促してくれます。またサポニンも便通を良くし、利尿効果もあるためデトックス効果バッチリ。お腹周りをすっきりさせるとともに、手足のむくみまで解消できちゃいます。

「疲労回復効果」
仕事や家事などで疲れがたまって、寝ても中々すっきりしない…なんていう人にも小豆はオススメ。小豆にたっぷり入っているビタミンB1が疲労回復を助けてくれます。定期的に小豆を摂ることで、ちょっとしたことではへこたれない、疲れにくい体を作ってくれます。小豆の力で疲れも吹き飛ばして、心も体も綺麗になっちゃいましょう!

キャベツの50倍!食物繊維の王様「らっきょう」の美容・ダイエット効果

今の自分に満足。という方はどれだけいるでしょうか。「痩せたい」や「肌がきれいになりたい」など大なり小なり、気になる部分は誰しもあるはず。でもいざ恋愛するためには、気になる部分をなるべくつぶして自信をつけていきたいですよね。そんな女性の強い味方になるかも? と、いま注目されているのが“らっきょう”の美容効果。肌をきれいにしてくれるだけじゃなく、ダイエット効果も期待できるようです。理想の自分に一歩近づくチャンスになるかもしれません!

「ダイエット」
らっきょうがダイエットや肥満予防にいい理由は「フルクタン」という成分にあり! 食後の血糖値上昇を抑えてくれるほか、腸内でのコレステロールの上昇も防ぎ、便と一緒に排出する働きがあります。これによりコレステロールや脂肪が体につきにくくなるということで、ダイエット効果を期待できますよ。

「整腸作用」
水溶性の食物繊維の含有量はなんとキャベツの50倍! 食物繊維の王様と言えるほど、他の野菜と比べてもダントツに多いです。腸内環境を整え、便秘はもちろん下痢や腹痛など腸の悩みを一掃してくれる働き者。なお、食べる量は小粒らっきょうなら1日に10粒、大粒なら3粒程度で効果を期待できるみたい。これなら毎日続けられそうですね。

「美肌効果」
らっきょうに含まれる美肌効果を期待できる栄養素は、ケイ素、ビタミンC、ナイアシンと豊富。なかでも「ケイ素」は肌のしみ、しわ、免疫力低下を予防するとっても優秀なミネラルです。また、らっきょうの独特のにおいの原因物質「硫化アリル」は、美肌にかかせないビタミンB1の吸収を数倍に高めてくれるとか。「あのにおいがどうも…」なんて言ってられませんね。

美容にダイエット、疲労回復にも効果的!毎日摂りたい昆布の魅力

今よりもっと魅力的になれば、ステキな恋人ができるはず! と、美容やダイエットのために食事に気をつけている人は多いと思います。ただ中には、サプリメントやダイエット食品はちょっと懐事情が許さない、抵抗がある、なんていう人も。 では、とっても身近で手軽に買える“昆布”の力をご紹介しましょう!

「美肌効果」
肌の荒れや乾燥を防ぐのに必要不可欠な甲状腺ホルモン。実は昆布にたっぷり含まれているヨウ素は甲状腺ホルモンの原料になります。そのため昆布の摂取は乾燥や肌荒れ対策にとても効果的。さらに肌を美しく保つビタミンB2も含まれているため、美肌作りには心強い食品なんですよ。

「ツヤ髪&綺麗な爪に」
白髪対策や抜け毛対策など、髪の健康に昆布が効くというのは昔から言われていますよね。昆布に多く含まれるミネラル成分には代謝を高める効果があり、またビタミンB1の疲労回復効果によって、健康な髪が育つと言われています。また体の不調によって、白くなったりツヤを失ったりしやすい爪も同様に昆布が綺麗にしてくれるそうですよ。疲れが溜まっていて、髪がパサパサ、爪が割れやすいなんて人は積極的に摂取するといいかも。

「ダイエット効果」
昆布には食物繊維がたっぷり。便通を良くし、便秘でぽっこりしたお腹をスッキリさせてくれますよ。またアルギン酸という成分には、脂肪の吸収を防ぎ、コレステロール値を下げる力が。油っこい食べ物を食べた時にはカロリーを抑えたり、メタボの予防に一役買ってくれます。さらに脂肪の蓄積を防ぐフコキサンチンも含まれており、ダイエットに勤しむ人にはありがたい食材です。

コメントを残す