同窓会で褒められたい!服装を選ぶコツ

街コンレポート_女性2人が洋服を選んでいます

かつての同級生と久しぶりに合える同窓会。日にちが近づくにつれて「卒業後の友人たちはどのように過ごしてきたのかな?」「素敵に見られたいな」など、想いを巡らせるのではないでしょうか。
特に初めての同窓会の場合「素敵だね!」と思われたいばかりにハリキリ過ぎて「場の雰囲気から浮いてしまわないかな?」と悩んだり「見せたい自分とは?」と考えたり、服装について悩んでいる人は多いでしょう。

ここでは、同窓会の会場の違いや年代別に異なる服装の傾向など、同窓会の服装選びのポイントについて紹介します。

会場別に選ぶ同窓会の服装

同窓会の雰囲気は開催する会場に大きく左右されます。一般的な会場は、ホテルの宴会場・レストラン・居酒屋など。ドレスコードが求められる場合もあれば、カジュアルな服装がベストな会場もあります。「私だけ浮いている?」と思われないように、会場をチェックしましょう。

居酒屋に合う服装選び

居酒屋での同窓会では気取らない服装がベストです。普段居酒屋で飲む時もルールがないのと一緒で決まりがありません。
多くは着席スタイルで料理が運ばれてきます。そのため大人数でテーブルを囲む場合、遠くの皿を取るために少し手を伸ばす必要があるので袖がゆったりとした服はキケンです。料理についてしまったりグラスに引っかかってしまったりと動きにくいので、腕周りはスッキリとした服装がおすすめですよ。

レストラン会場に合う服装選び

レストラン会場では、立食スタイルやブッフェスタイルが主流です。テーブルが少し残されていて椅子はなく、立って食事をしたりお話しをしたりします。居酒屋のように座った状態と比べると、全身が目に入るので服装が引き立ちます。レストランの同窓会もドレスコードはなく、カジュアルで清潔感のある格好がおすすめです。カーディガンにスカートやシフォンワンピースなど普段着の装いでOK。帽子やストールといった小物で差をつけるのもいいですが、室内ではできるだけ外す事がマナーです。

ホテルの宴会場に合う服装選び

ホテル会場の場合、ドレスコードが決められている場合とそうでない場合があります。ドレスコードがない場合がほとんど。初デートに着て行くようなワンピースやキレイめのジャケットなど、セミフォーマルな格好が良いでしょう。少しお洒落をする平服をイメージすると◎。結婚披露宴のようにパーティードレスだと浮いてしまう可能性が高いので、注意が必要です。また、サンダルやスニーカーもカジュアルすぎるので避けましょう。
対して、ドレスコードがある場合はインフォーマルな装いが適しています。レース仕立てのドレッシーなワンピースに織物やジャケットを合わせた上品な装いがおすすめです。少し背伸びをしてお洒落を楽しみましょう。

街コンレポート_洋服

年代別に選ぶ同窓会の服装

見せたい自分のイメージと服装や年代がずれてしまうと、気合が入り過ぎたり逆に老けて見えたりと、悪目立ちするコーディネートになってしまいます。年代別にありがちなNG例やおすすめの服装についてまとめました。

20代の服装選び

20代の同窓会だと、「大人っぽく見せたい!」と思うばかりに背伸びをした服装になりがちです。ケバケバしくなり、品を損ねて老けて見えてしまうでしょう。パステル系の優しい色合いのワンピースやレースなど、可愛らしく清潔感のある格好がおすすめです。大人の色気をイメージして、スカートが短かくしすぎるのもNG。いやらしく見えてしまいます。ワンピースを長めにしてガーリーに大人っぽさをプラスするといいでしょう。服装に華やかさが充分にある時は、アクセサリーはシンプルなものを選び、バランスのとれたスタイルを意識すると◎です。

30代の服装選び

30代は、仕事やプライベートに大きな変化のある年代です。結婚や出産を終えて家庭を中心とした生活をしている人もいれば、仕事をバリバリこなしてキャリアを積んでいる方もいます。20代の頃より経験を積み重ねてきたぶん、落ち着いた雰囲気の服装が似合う年代です。AラインやIラインのワンピースはスタイル良く見えますが、少し子供っぽく見えてしまいます。
ウエストにワンポイントでベルトをしたり、バイカラ―の大胆なワンピースを着たりすると似合うでしょう。セットアップで使っている組み合わせを工夫したりアクセサリーでこなれ感をだしたりすると、自分らしい着こなしができます。

40代の服装選び

40代は、コーディネートひとつで老けた印象の人とまだ若々しい人との差が大きく見える年代です。同窓会の場だと同年代が集まるので、その差が一目瞭然となります。肌のくすみが気になる人はワントーン明るい色のワンピースを着たり光沢のある素材のものを選んだりすると、華やかな印象になります。シフォン素材の軽やかな素材も、若々しく清潔感のある女性を演出できるのでおすすめです。年齢を気にしすぎて黒のベーシックなものを選ぶのはNG。黒は老けた印象を与えるので、注意が必要です。入学式や卒業式で使用したセットアップはお母さん感がでてしまうので、アクセサリーで雰囲気を変えるといいでしょう。

まとめ

同窓会の服装選びは、久しぶりの再会を楽しむためには重要なポイントです。会場の雰囲気を考えずにコーディネートを決めて派手になりすぎたり、年代的に合わない服で逆効果になってしまったりと、がっかりしたくありませんよね。1番自分らしい振る舞いができるように、要点をふまえながら同窓会の服装を選びましょう!

コメントを残す