男女の友情は成立しないのか?結論を知りたいあなたへ

街コンレポート_思い悩む人々

異性の友達の本心を知りたいと思うことはありませんか?ここでは、男女の友情が成立しない派・する派の意見、男女による意見の違いをご紹介。本当のところ、男女の友情は成立するのかしないのか・・・その結論を徹底解説します。

男女の友情は成立しない!ナシ派の意見

どちらかが恋愛感情を持つ

異性として好きという感情はなくても、人間的に好きという気持ちがあって友達付き合いをしているので、その気持ちが恋愛感情に変わるときが必ず来る、という意見が大多数。一緒にいる時間が長くなればなるほど、気持ちの変化が起きやすいと言えるでしょう。

自分は大丈夫と思っていても、相手の気持ちがいつ変わるかわからないと考える人も多いようです。

好意があるかもと期待する

気の合う友人として付き合っている間柄でも、何か起こるのではないかと暗に期待している人もいます。友達以上恋人未満という微妙な関係なのかもしれません。

また、そもそも異性を友達として見ることができないという、男女の友情完全否定派も。どちらかに好意がないと、遊んだりデートしたりするのはあり得ないと思っているのです。

友情が成立しなかった経験がある

ナシ派の中には、実際に相手を好きになってしまった経験がある人もいるよう。好きになったことで付き合いがうまくいかなくなるケースもあれば、告白してうまくいくケースもあるようです。結果はどうあれ、男女の友情は成立しないと身をもって体験した人の意見を聞くと、説得力がありますよね。

何が起こるかわからない

所詮男と女・・・何が起こるかわからないし、絶対に何もないとは言い切れないという意見もあります。酔った勢いやハプニングから男女の関係になってしまい、友情が崩れるという人も。関係を持っても友人関係を続けられる人もいるかもしれませんが、気まずい雰囲気になるのは想像できるでしょう。

男女の友情は成立しない理由

異性として見てしまう

恋愛感情と友人として好きな気持ち。どちらも好きには違いないので線引きが難しいものです。何かの瞬間に相手を異性として意識して、好きになってしまう可能性は大いにあります。異性を恋愛の対象として意識するのは、ごく当たり前のこと。好きになることで、今までの関係性が変わってしまうの自然の流れとも言えるでしょう。

心の中では期待している

友人だけど異性として相手を見ている場合、何かあれば恋愛に発展するかも・・・と期待していることがあります。きっかけさえあれば恋愛に発展する関係性なので、友情が崩れるのは時間の問題なのかもしれません。

友情を恋愛感情と勘違いする

一緒にいて気を遣わず、楽しく過ごせる友人。素敵な関係ですが長く一緒にいると、どこかで相手を恋人だと感じてしまうことがあるでしょう。恋愛相談や将来の悩みなどを話し合ううちにお互いの理解が深まり、恋愛に発展することは十分にあり得ます。それで二人が幸せになるのならとても良いことですが、友情は成立しないという結果になるでしょう。

体の関係を持ってしまう

男女の友情が成立しないケースで最も多いのは、体の関係を持ってしまうことだと言えるでしょう。何が起こるかわからないというナシ派の意見にあるとおり、距離の近い男女が理性を保ち続けるのは難しいと考える人が多いのです。一線を越えてしまうと純粋な友情を保つのは難しく、男女の友情は成立しないと言えるでしょう。

男女の友情は成立する!アリ派の意見

恋愛モードにならない

異性として相手を意識することがないので、何をされても恋愛モードにならないという意見があります。一度恋愛の対象から外した相手に、また恋心が芽生える可能性はないと考える人もいるようです。

また、友人関係がうまくいっているので、今の関係を壊したくないという意見もあります。

気を遣わず話ができる

お互いの信頼関係がしっかりできている場合は、何でも相談できる相手として友情が成立するというケースもあります。恋人や同性の友達には相談しづらいことでも、本音で相談できるというメリットがあるようです。同性にはない視点からの意見が聞けるのも、異性の友人がアリな理由です。

好みのタイプじゃない

相手がまったく好みではなく、恋愛対象にならないから友情が成立するというアリ派の意見。その気がないので、肉体関係を持つ可能性も少ないと考えているようです。異性としての魅力と、友人としての魅力は別のものだととらえるため、純粋な友情が成立すると考えています。

幼なじみ

小さいころから一緒に過ごしていると、兄弟姉妹のように感じてしまい、恋愛感情が湧かないことがあります。相手が幼なじみの場合は、友情が成立することがあると言えるでしょう。相手の成長過程が分かるため、お互いに的確なアドバイスができる良い友人になる可能性があります。

男女の友情が成立するケースとは?

既婚者やパートナーがいる人

男女の友情が成立するためには、お互いに恋人やパートナーがいるとうまくいきやすいようです。恋愛感情を向ける相手が他にいれば、異性の友人に気持ちを向ける可能性が少ないと言えるでしょう。

また、それぞれのパートナーにも、異性の友人と付き合うことを理解してもらうことが必要です。

異性として全く意識していない

お互いに好みのタイプじゃない、異性として意識してないという状況であれば、男女の友情が成立するかもしれません。恋愛の対象にならないことで体の関係を持つ可能性が低くなり、友情を保つことができると言えるでしょう。異性として生理的に無理、という相手でも友人ならOKというケースもあるようです。

相手を信頼している

付き合いが長くなり、相手のことを良く知ったうえで友人を続けるという人もいます。恋愛に発展することで、友人関係を壊したくないと思うほど、信頼関係ができているのでしょう。そこまでの関係が築ける相手は貴重な存在。大切にしたいという気持ちがあるのです。

街コンレポート_男女3人で会話を楽しんでいます

男女による意見の違いはある?

女性の場合

女性は、男女の友情が成立すると考えている人が、比較的多いようです。女友達同士の見栄の張り合いや愚痴などに疲れ、男友達といたほうが楽だと思う人や、男らしい性格だから男性といたほうが気を遣わないという人もいます。また、女性は肉体関係を持つことにそれほど積極的ではなく、恋愛対象となる人とそうではない人をはっきりと分ける傾向があるため、友情が成立すると考えるのでしょう。

男性の場合

男性は、友情は成立しないというナシ派が多い傾向にあります。どうしても異性として見てしまい、何かきっかけがあれば一線を越えてしまうだろうと考える人が多いようです。二人きりで会うとき、多少の下心があるという男性も少なくないでしょう。

一方で、いったん友情を感じると女として見られなくなる、肉体関係を持っても友人でいられるというアリ派の意見も。女性の気持ちも同じなら良いのですが、ズレている場合は友情が続かないと言えます。

男女の友情が恋愛に変わる瞬間を考える

知らない一面を見た

ギャップ萌えという言葉があるように、意外な一面を見せられると心が大きく動いてしまうものです。強気だと思っていた友人が急に弱い一面を見せるなど、分かっているつもりだった友人の性格や行動パターンがいつもと違っていたとき、不意に恋に落ちる可能性はあります。

いつもそばにいてくれる

悩みを聞いてくれたり、辛いときに寄り添ってくれたり、気が付けばいつもそばにいてくれる・・・そんな友人の存在に気づいたとき、一気に恋心に火が付くことがあるでしょう。特に気持ちが落ち込んでいるときには、恋愛スイッチが入る可能性大。お互いに信頼し合い、相手のためを思って親身になる状況は、恋愛に発展する一歩手前だと言えます。

やはり男女の友情は成立しないのかもしれない

いろいろな経験や考え方があるので、ある・なしの断言はできませんが、男女の友情は成立しないケースが多いと言えそうです。一線を越えるか越えないかが大きなポイントになりますが、人間の本能的な面からも、男女が恋愛感情を持つのは自然なことです。それを乗り越えて信頼関係を築いた男女の友情はあるのかもしれませんが、ほとんどのケースは紙一重。どちらかの気持ちが動けば、一気に崩れてしまう可能性があるでしょう。

友情が成立するかどうかは、お互いの気持ちが同じであることが必要。相手の気持ちを理解し、心地よい関係を築いていきましょう。

コメントを残す