一夜限りの関係を持つ前にチェック!後悔しないために気をつけること

街コンレポート_男女が向き合っています

一夜限りの関係を持ち、大人の関係を楽しめるならそれもアリですが、朝目覚めて激しく後悔してしまうのは避けたいですよね。一夜限りの関係で悩む前に、気をつけたいポイントをチェックして、無用な後悔をしないようにしましょう。

一夜限りの関係を持ちなぜ後悔してしまうのか

好きでもない人と関係を持ったことに自己嫌悪

お酒が入りその場の雰囲気に流されたり、断り切れず関係を持ってしまったりしたとき、自分自身を許せなくなってしまうことがあります。好きでもない人と一夜を過ごし、自分を安売りしてしまったという後悔で自己嫌悪に陥るパターンです。

意識をなくすほど酔っていた、ものすごく辛いことがあり忘れたかったと自分の行為に対して言い訳ができるケースはまだ良いですが、ただ流れに任せてしまったという場合は、余計に自分を責めてしまいます。

恋人やパートナーに対する罪悪感

恋人やパートナーがいる人が一夜限りの関係を持ってしまった、いわゆる浮気をした場合は、相手を裏切った罪悪感から強く後悔してしまうこともあるでしょう。罪悪感を持ちやすいのは、社会のルールや常識をきちんと守るタイプの人。浮気は悪いことだと知っているのに、その常識を破ってしまったという後悔の念にさいなまれます。また、相手に特に不満がないのに浮気をしてしまった場合は、彼や彼女の顔を見るたびに申し訳ないという気持ちになり罪悪感に悩むこともあるのです。

人間関係が崩れることに対する不安

一夜限りの関係を持った相手が友達や会社の同僚など、すでに何らかの付き合いがある人だと、その後の2人の関係がどうなるのか心配になってしまいますよね。友人としてうまくいっていたのに、その友人を失うかもしれないと不安になる人もいるようです。また、職場の人の場合は気まずさや働きづらさなど、確実に関係がギクシャクするだろうと想像できます。共通の知り合いにバレるかもしれないという不安もあるでしょう。

セックスを楽しめなかった

欲望に任せて楽しい一夜を過ごすはずだったのに、まったく相性が合わなかった、好みのタイプじゃなかったと、後悔するケースもあるようです。また、体は案外デリケートなので、いざというときに体調不良になったり、気持ちが急に冷めたりというパターンも。予想外のことなので、その場になってみないとわからないことではありますが、朝目覚めた時激しく後悔することがあるようです。

妊娠や病気への不安

その場の勢いやノリで関係を持ってしまうとき、避妊や性感染症への対策をしない人もいるようです。特に女性にとっては、望まない妊娠をしてしまうことへの不安がよぎるのは当然と言えるでしょう。

一夜限りの関係を求めてくる人は、不特定多数の人と性交渉している可能性大。その分性感染症にかかるリスクも大きくなります。しっかりと避妊しなかった場合は、男女ともに妊娠や病気への不安が増し、より後悔する気持ちが強くなってしまいます。

相手につきまとわれた

自分は一度だけと思っていても、相手はそう思っていないこともあります。好意を持たれデートに誘われるだけならまだいいですが、セフレとしてキープしておこうとする人もいるようです。都合の良い相手として認識されると、自分を安売りしたことに後悔するのは必至。さらに、ストーカーのようにつきまとわれるまでになると、後悔どころか恐怖でしかありません。

そもそも、なぜ一夜限りの関係を持ってしまうのか?

酔った勢いには要注意

お酒は適度な量であれば、コミュニケーションを円滑にして楽しい時間をつくってくれるもの。でも、飲みすぎると気分が大きくなったり、正常な判断ができなくなったりします。そんなに好みの相手でなくても素敵に見えてしまい、その場の雰囲気に流されてしまうことも。開放的な気分が性欲を刺激して、一夜限りの関係を持つにいたるのは男女共通と言えるでしょう。

寂しさや辛さを忘れたい

失恋してしまった直後や辛いことがあったとき、何かで心の隙間を埋めたいと思ってしまうのは、誰にでも起こることです。誰でもいいからそばにいてほしいと思ったとき、たまたまそばにいた人と一夜を過ごしてしまうのはあり得ます。気持ちが弱って正常な判断ができなくなり、自暴自棄になってしまい、普段ならしない行動を取ってしまうことも一夜限りの関係を持ってしまう理由の一つです。

男性は欲望のみであることがほとんど

男性には生まれながらにして持っている子孫を残すという本能かがあり、一夜限りの相手を求めるのはある意味自然なこと。セックス自体が目的である男性が多いことは間違いないようです。むしろ一夜限りの関係を求めているとも言えるので、恋愛とは程遠い感情。女性はセックスを恋愛と結びつけて考えがちなので、この気持ちの違いが後悔につながるパターンもあるでしょう。

相手に押し切られることも

女性の場合は、相手が情熱的に迫ってきて断り切れずに応じてしまうことも多いようです。優柔不断な性格がわざわいしたり、上手に口説かれつい流れに任せたりすることも・・・。あまりに優しい性格で手厳しく強い口調で断れない女性は、相手から逃げるのは大変かもしれません。一夜限りで終わらず何度も関係を迫られたり、避妊をしてくれなかったりと身勝手な相手に振り回されてしまうケースもあります。

【男女別に見る】一夜限りの関係で後悔するポイント

女性の場合

女性が一夜限りの関係を持つときは、寂しさを紛らわすためやその場の勢いに流されてしまうことが多いようです。気持ちの伴わない関係を持ったことで、罪悪感や自己嫌悪、虚しさを感じ後悔してしまいます。また、関係を持ったことで相手を好きになってしまうパターンも。一夜限りの相手としか見られずうまくいかないことも多いようで、結果的に後悔につながってしまいます。

また、妊娠してしまった場合はかなり深刻な事態に。不安や命に対する責任など一人では背負いきれないほど悩んでしまうでしょう。

男性の場合

男性の場合、一夜限りの関係を持つことを自慢する傾向もあるくらいなので、女性よりは後悔する場面は少ないと言えるでしょう。相手があまりにも好みとかけ離れていた、セックスがうまくいかなかったなどの理由から後悔することが多いようです。

また、避妊をせず相手が妊娠してしまったときは、男性側も悩むのは同じ。しっかりと責任をとれるなら良いですが、そうはいかない場合もあるでしょう。相手のケアをしてあげられる余裕がない場合、取り返しがつかないほど後悔することになります。

一夜限りの関係で後悔しないためには

寂しさや辛さは解消できないことを知る

失恋やショックな出来事があると人のぬくもりを感じたくなりますが、一夜限りの関係は、その場限りの付き合いでしかない場合がほとんど。別れた恋人の代わりにはなりませんし、精神的な結びつきは得られません。その時は辛さを忘れられるかもしれませんが、それは一瞬のこと。一人になったとき寂しさや辛さはさらに強まって襲ってきます。辛いことから立ち直るにはある程度の時間が必要。一時の快楽を求め一夜限りの関係に逃げず、友人と会ったり趣味や勉強に打ち込んだりと、熱中できるものを普段から持っておくといいでしょう。

お酒の勢いに任せない

お酒を飲みすぎると判断力が鈍り、一夜限りの関係を結んでしまう可能性が高くなります。相手が体目的の場合、自分は飲むペースをセーブして、様子を見ながら酔わせようとしていることもあるそう。前後不覚になるほど飲むと、そんな相手の様子もわからなくなってしまい、結果的に後悔することになるかもしれません。お酒に弱い人や、逆にいつも深酒をしてしまう人も要注意。飲みすぎた末、終電がなくなりホテルに行ってしまったというケースもよくあるようです。記憶がなくなるまで飲むのは避けましょう。

嫌ならきっぱりと断る意志を持つ

嫌なときははっきりとNOと言いましょう。やんわりと断っても、押し切られてしまうケースはよくあることです。簡単にデキる相手だと思われると、何度も繰り返し誘われる可能性も。自分を安売りして後悔するのはあなた自身。一緒に過ごしている短い時間で相手がどんな人間性なのか判断するのは難しいかもしれませんが、相手のことをよく観察することも必要です。好きでもない相手と関係を持った後で自己嫌悪に陥らないよう、きちんと意思表示をしましょう。

周りへの影響を考える

職場の同僚や友人の恋など、近い付き合いの人との場合は、後々のことを考えて行動すると後悔しないですみます。関係がバレてしまったら、大事な友人やパートナーを傷つけることは想像できるでしょう。また、自分自身も噂を立てられたり、なじんでいた環境に居づらくなったりして辛い思いをすることも考えられます。自分の行動がどんな結果を招くかを考えてみると、望まない関係を結ばないですむでしょう。

避妊は当然のルール

妊娠を望まないなら、避妊は当然のルールであり、お互いの責任でもあります。妊娠してしまい、男性側に全く責任感がなく何もしてくれなければ、女性はとても辛い思いをすることになります。また、性感染症を防ぐためにもきちんとした避妊は絶対に必要です。一夜限りの関係がすべて悪いというわけではありませんが、その場の雰囲気に流されずルールを守るのは大人として当たり前のことです。

連絡先の交換には注意

また会いたいと思っても、連絡先の交換には慎重になった方がいいでしょう。特に女性の場合は、つきまといやストーカー行為を避けるためにも連絡先を教えるのはやめておいた方が無難。都合のよい相手と思われ、望まない関係を継続して迫られるかもしれないからです。性欲のはけ口にされるのは誰でも嫌なはず。一夜限りの関係と割り切って、次への期待を持たせないようにしましょう。

一夜限りの関係だと割り切る

男性は体目当てで相手を求めることも多いようですが、女性も同じような気持ちになることもあります。お互いが合意の上で望んで関係を持つなら、その場を楽しむのもあり。一夜の関係だと割り切り、セックスを楽しめればいいと考えられる人ならば一概に悪いことだとは言えません。その際も、浮気や不倫関係ではない、きちんと避妊するなどのルールを守るのが大前提であることは忘れてはいけません。

まとめ

一夜限りの関係を楽しむこともあるでしょうし、その日をきっかけに恋愛に発展することが絶対にないとは言い切れません。一夜限りの関係で必ず後悔するとは限りませんが、後悔したくないなら自分を大切に考え雰囲気に流されない意志を持つことが必要です。いい加減そうな相手とは簡単に関係を持たないよう、相手の人間性を見極める目を養うのも大切。自分を守るのは、結局は自分自身なのです。

コメントを残す