育ちのいい女性とは?

街コンレポート_女性がガッツポーズしています

育ちのいい女性は男性から好印象。男性の中には育ちのいい女性を恋人にしたいという人も多いようです。育ちの良し悪しは、普段の何気ない行動に現れるもの。意外と行動は見られているため、注意が必要です。

ここでは育ちのいい女性がしない行動をまとめました。日ごろを振りかえり、育ちが悪いように見られていないかチェックしてみてください。

思い当たったら要注意!育ちのいい女性がしないこと8選

育ちのいい女性からは、言葉づかいや行動に何となく育ちの良さが感じ取れます。マナーはしっかりと身についているため、接してみるととても好印象です。周りの人が不快に感じる行動をしてしまっていると、育ちが悪いと思われてしまうかもしれません。

ここでは、育ちのいい女性がしないことを8個まとめました。

人の悪口を言う

人の悪口を言うことは、周囲に対して自分の評価を下げている原因です。育ちのいい女性は周囲の状況に気を配ることができるため、悪口を言うと後々どうなるのかを考えることができます。心に余裕がないと、悪口を言ってストレス発散したくなることも。悪口は更なるストレスにつながるので、控えるのが得策です。

言葉づかいが汚い

育ちのいい女性はマナーや礼儀をしっかり教わってきたため、敬語や場に合った言葉の使い方ができます。言葉づかいは周囲にかなり影響されるため、家庭環境がもろに出るものです。言葉づかいが悪い人は、育ちが良くないと思われている可能性も。日ごろから意識することで、きれいな言葉づかいが自然と出てくるようになります。

食事の時汚い食べ方をする

食事をする際は、どのような教育を受けてきたのかがそのまま現れます。箸の持ち方や食べこぼしの有無など、小さなころからの習慣はなかなか変えられないもの。自分が食事し終わった後に、食べこぼしが多いという方は要注意です。育ちの良い女性は箸の持ち方がきれいで、食事が終わった後に食べこぼしが少ないのが特徴。食べ物を粗末にしないため、茶碗に残った米粒まで残さずに食べます。

挨拶や感謝の言葉を言わない

挨拶や感謝の言葉が言えない人は、育ちが悪いと思われます。挨拶や何かしてもらった時に感謝の言葉を伝えられるかどうかは、結構見られているポイントです。育ちのいい女性は、小さなころから挨拶や感謝の言葉を言えるように教育されてきたため、適切な場面で適切な言葉が自然と出てくるもの。

家族の愚痴ばかり言う

育ちのいい女性は、家庭環境が良く家族との良好な関係を築いているのが特徴。たとえ親や兄弟の愚痴を言ったとしても、周りから見るとほんわかしたようなものがほとんどです。家族への不満や愚痴が多い自覚がある人は、あまり言わないようにしたりユーモアを交えて話したりしてみると印象が変わります。

自分のことしか考えない

自分さえ良ければいいという考えは、育ちのいい女性にはあり得ません。育ちのいい女性は家庭環境に恵まれ、たくさんの愛情を受けながら育ってきたため心に余裕があるのが特徴です。心に余裕があると、他人を気遣うことができます。

高級ブランドにこだわる

育ちが悪い人は見栄を張るために、高級ブランドの服を常に身に着けていることも。育ちのいい人はTPOに合わせた服装をし、過度に目立つ服装はしません。その場に適したファッションができるのも、教育の賜物です。

場所を選ばず大声で話しをする

周囲の人を気遣わず、どこでも大声で話すのは育ちが悪い人の特徴と言えます。バスや電車の中で、友達と大声で話すのはマナー違反です。育ちのいい女性は周囲の状況に気を配ることができるため、場面に適した声の大きさで話をすることができます。

上記、8項目に1つでも思い当たる場合、「育ちのいい女性」から遠ざかっています。毎日の日常の中で気を付けるだけでも効果的!この機会に、自分の癖を見直してみましょう!

コメントを残す