緊急注意報!アラサー女子に恋愛こじらせパンデミック発生

街コンレポート_女性がomgのパネルを持っています

無自覚こじらせ病には早めのワクチンで対策を

独身アラサー女子の間で蔓延している「こじらせ病」。年齢や独り身コンプレックスをこじらせるあまり、恋愛観やイイ女の基準がひねくれてしまうのが特徴です。そのまま放置していると、いつのまにか重症化して手遅れになってしまうこともあります。誰からも声をかけられない痛いアラサー独女になりたくない方は、まずは自分がこじらせ病かどうか自覚することが大切です。今すぐこじらせ病にかかっていないかを確認して、20代のうちに対策をしておきましょう。

独身アラサー女子が発症しやすい「こじらせ病」の症状

もしかして「サバサバ」を勘違いしているかも

煮ても焼いても食べたくない自称サバ女化にご用心

「サバサバ=裏表がない正直な女性」と勘違いして、悪口ばかり吐いている痛い自称サバサバ女子になっていませんか?相手が傷つくことをズケズケと言ってしまうと場の空気を悪くして、まわりからの評価を下げるきっかけになることも。自称サバサバ女子がよく口にしがちな「女友達といるより男友達といるほうが気が楽」というフレーズも要注意です。一緒にいる女性からすると気持ちの良い言葉ではなく、モテアピールに感じてしまうこともあります。そもそも女子と話が合わないのも、無自覚に相手の気を悪くする言動が原因かもしれません。

サバサバはダメな自分をごまかす魔法の言葉ではない

彼氏がずっといなかったり料理ができなかったりすることを「私、中身オトコだからさ(笑)」と、サバサバの一言で片づけてしまうのも無自覚こじらせ病の症状の1つ。サバサバは自分のダメな一面を上手にごまかせる魔法の言葉ではありません。そのままだと現実が見えていない女性として、彼氏ナシ・旦那ナシ・女友達ナシのおひとりさま人生が確定してしまうかも。自分にとって都合の良いサバサバ女子像をまわりに押しつけていないか、普段の言動を見直してみましょう。

男性に甘えたり頼ったりするのが苦手

オトナ女性を意識しすぎて独り上手になっていませんか?

「もうアラサーだから…」と年齢コンプレックスをこじらせてしまうと、自立したオトナ女性を目指して男性に甘えたり頼ったりするのが苦手になりがち。女性らしいファッションや振る舞いに対しても、男性ウケを狙いすぎてないか気にして迷走することも。こじらせが重症化すると、男性からの好意を素直に受け取ることができなくなって恋愛から遠ざかってしまいます。

オトナ女性こそ「甘え」のスパイスを上手に活かして

1人で何でもこなしてしまう女性は同性から見ると素敵ですが、男性にとっては近寄りがたい存在です。誰にも頼らないことだけが大人の女性の証明ではありません。時には相手を立てて上手に甘えたり頼ったりするのも、大人の女性ならではの恋愛テクです。普段クールな女性が自分にだけ甘えてくれる姿は、男性からすると自尊心がくすぐられて気分が良くなります。1人きりでも生きていける女性だと恋愛対象から外される前に、自立と甘えのほどよいバランスを心がけましょう。

「どうせ私なんて…」が口ぐせになっている

ネガティブ思考の先に恋愛や結婚のゴールなし

こじらせアラサー女子は「どうせ私なんて…」とネガティブに物事を捉えてしまい、まわりからの褒め言葉や好意を素直に受け取ることができません。まわりに対してもひねくれた目線で見てしまうため、人の悪いところばかり目についてしまいます。飲み会や女子会などで誰かの悪口や愚痴ばかりを口にしている方は、こじらせ女子になりかけているので要注意です。否定的な言葉ばかりを口に出していると、男性から扱いづらい女性だと思われて恋愛から遠ざかってしまいます。

自分で作ったアラサーの枠から1歩踏み出して

独身のアラサー女子がこじらせやすいのは、まわりにどんどん既婚者が増えてきて「私には女性としての魅力がないんだ…」と自分に自信がなくなっているのが原因です。アラサーという年齢をこじらせているため、「アラサーの私なんかが婚活をしても無理」「アラサーだから若い子と張り合っても勝てない」「アラサーの私から誘われても迷惑のはず」など、はじめる前から諦めるクセがついています。けれど、そのままだと独り身のまま30代・40代を迎えるだけ。「どうせ私なんて」という言葉からは何も生まれません。こじらせ女子を卒業したい方は、まずは自分で作ったアラサーの枠から1歩踏み出すことからはじめてみましょう。

過去の恋愛やトラウマをひきずっている

恋愛スイッチがオフになってから、もう何年目?

「彼と別れなかったら結婚できていたかも」「あの彼で妥協しておけば良かった」など過去の恋愛をずっと引きずって新しい出会いに1歩踏み出せないアラサー女性は多いもの。ほかにも元彼の浮気やトラブルなどがトラウマで、恋愛に臆病になっている方も多いでしょう。若い頃よりも結婚を意識するようになるアラサー女子だからこそ、次の恋愛は失敗できないと慎重になりすぎてしまいます。

幸せになれる恋愛方程式は1つじゃない

アラサー女性は過去の幸せだった記憶やつらかった経験を元に、自分だけの恋愛方程式を持っています。方程式に当てはまる男性こそが正解だと思っているので、過去の彼と比べたり相手に求める条件が厳しくなったりしがち。けれど、上手くいかなかった過去の恋愛方程式にこだわったままでは、いつまでも結婚という答えにたどりつくことはできません。幸せになれる恋愛方程式は1つではなく、相手や年齢によってさまざま。過去を振り切って次の恋愛に1歩踏み出すためにも、新しい出会いを受け入れてみてはいかがでしょうか。

白馬の王子さま願望が強すぎる

エベレスト級の理想で恋愛にたどり着けない遭難女子が急増

こじらせアラサー女子が恋愛下手な原因の1つは、男性に求める条件や理想が高いこと。「出会いがない」と嘆いている方は、もしかすると理想が高すぎて近くに男性がいても目に入っていないだけかもしれません。特に、理想のタイプや条件が若い頃と変わっていないアラサー女子は要注意です。残念ながら、年齢を重ねていけばいくほど若い頃のように男性からチヤホヤされなくなるのが現実。多くの女性が憧れるような理想の男性を、20代前半の若い子と取り合ってもほぼ勝ち目はありません。

自分の魅力を素敵な恋人で埋めようとしていませんか?

こじらせアラサー女子の多くは自分に自信がないのが特徴です。理想が高くなってしまうのも、多くの女性が理想とする素敵な恋人を手に入れて魅力ある女性として認めてもらいたいという、自己肯定感の低さをこじらせた結果です。けれど、自分を特別なお姫様にしてくれる白馬の王子さま願望が強くなればなるほど、完璧な王子様なんてどこにもいないという現実をつきつけられてしまいます。自分も完璧ではないからこそ、相手にも完璧さを求めないようにすることが恋愛上手になる近道です。

街コンレポート_コーヒーとドーナツ

無自覚こじらせ病は不治の病ではありません

こじらせ病のワクチンがよく効くのは20代のうち

無自覚こじらせ病の症状を見て「もしかして私ってこじらせ女子だったのかも…」と気づけたアラサー女子は、今ならまだ間に合います。こじらせ病が怖いのは、最初はアラサーになったことでこじれていた一時的な症状でも、放置しておくと一生モノの人生観や恋愛観として確立してしまうこと。大人の女性が持っていたい一生モノは、愛する人からもらう婚約指輪や女性として輝けるアイテムだけです。風邪もひきはじめの対処が大切なように、こじらせ病も20代の初期症状のうちの対策が今後の幸せのカギを握っています。

自分を受け入れられない女性は幸せも受け入れられない

自分に自信をなくしているこじらせアラサー女子は、自己価値や女性としての魅力を年齢や男性に求めやすくなります。けれど自己肯定感が低いままだと、どれだけ魅力的な男性と出会っても満足感を得られなかったり、自己肯定できない理由を「あなたが愛してくれないから」「運命の相手じゃないから」など男性を責めてしまって上手くいかなかったりと、幸せから遠ざかるばかりです。

こじらせ病を治すワクチンを処方できるのは「あなた自身」だけ

このままでは自分のことも愛せい、男性からも愛されないという悲しい未来が待っているだけ。こじらせアラサー女子を幸せへと導いてくれるのは、若さや男性のステイタスではなく自分自身です。年齢を積み重ねてきたからこそ得られた知識や経験を自分の魅力だと受け入れて、今度こそ幸せになれる恋愛に1歩踏み出しましょう。

コメントを残す