20代とは違う?30代男性の恋愛

街コンレポート_スーツを着た男性が電話をしています

男性は30代から恋愛の真剣度が上がる!?

精神的にも、肉体的にも変化が表れ始める30代。恋愛に関しても同じです。調べてみると、30代より前と後では「恋愛に対する真剣度が違う」という声がいくつもあります。なぜ、男性は30代になると真剣に恋愛をしたいと思うようになるのでしょうか?

30代男性の恋愛観の変化とは

結婚願望は女性のほうが強いイメージ、ありませんか?

男性は女性と比べて、結婚願望が低いと思われがちです。しかし、男性も女性と同じで30代に突入すると、結婚に対して真剣に取り組もうとする傾向にあります。

本当に30代で男性は恋愛に対し、真剣になるのか。

男女関係なく、30代になると周りや将来が気になる人が増加。結婚も視野に入れた恋愛がしたい。そう考え始める理由には、以下のような心境の変化が関係しています。

外見より内面重視に

「付き合うなら有名人の○○みたいな~」という何気ない会話をしたり、聞いたことはありませんか?

「外見重視で、結婚願望も低め。20代までは大丈夫、まだ遊んでいられる年齢だから」と、男性によって理由は様々でしょうが、20代までは「まだ余裕がある」という気持ちがあるようです。

30代になると将来が気になり始め、結婚についても考え始めるでしょう。結婚するなら、一緒にいても苦痛じゃない内面美人と付き合いたい。そんな願望が出てきます。

癒しが欲しくなる

30代になると、仕事が安定してくる年齢です。人によっては昇進など、多忙になるでしょう。後輩もでき、自分のことだけでなくサポートもしなければなりません。

必然的に負担も増え、疲れもたまりやすくなります。30代にもなると、20代のように無理がきかなくなっていくのです。だからこそ、癒しを求め始めます。家に帰って、誰もいない部屋に言う「ただいま」。それが「おかえり」と返してもらえるようになったら?

おかえりと言われたい。一緒に、その日のことを話し合える相手が欲しい。そんな願望が芽生えます。

結婚に焦り始める

30代になると、気付けば周りに既婚者が増え始めます。実際に友人や年の近い親戚親子を見る、親や友人から結婚について聞かれることも多くなるでしょう。

家庭を持つ友人が増えると、遊ベる人も次第に少なくなります。友人と遊ぶ時間が減れば、昔は平気だった独り身も寂しさを感じるようになるでしょう。30代になれば仕事が安定してくる人も多くなるので、経済力に関する問題も解決しやすくなります。様々な要因が重なり、「結婚して誰かと一緒にいたい」と、独り身という事実に焦りを感じ始める男性が増えるのです。

30代男性が女性に求める理想って?

30代男性は恋愛観が変化する。では、理想はどう変わるのでしょうか。外見よりも内面重視なのは分かりました。では、具体的にどんな内面が好まれるのかを調べてみました。

家事を分担できる家庭的な人

1人暮らしの場合、もちろん自分で家事をしなければいけません。それ自体に文句はないけど、やっぱりたまには休みたい。だからこそ、家事分担などで互いをカバーできる相手を求めます。すなわち、家庭的な人です。

自分ばかりが家事をして、パートナーは手伝ってもくれない人とは生活できません。洗濯物や作る料理が増えるからこそ、2人で一緒にやっていきたい。家庭のことに積極的な女性が求められます。

互いのことを理解しあえる人

結婚を前提とした恋愛で大切なのが、相手との価値観。特に、自分の趣味を理解してくれない相手との結婚は大変です。一緒に生活するのですから、嫌でも目に入るでしょう。相手に趣味を否定されると、それがきっかけで関係が冷え切ってしまうことも。

自分の趣味に対して、一定の理解を示してくれる人。もっと欲を言えば、趣味を一緒に楽しんでくれる人が良いと考えています。

一緒にいて落ち着ける人

一緒にいるだけでリラックスできる。お互いがマイペースで過ごせる恋愛なら、ストレスもなく過ごせます。最初は適度な距離感を保ちつつ、ゆっくりと距離を詰めていける方法が好ましいでしょう。結婚願望をいきなり前面に押し出すのは禁物ですよ。

気を付けて!30代既婚者の罠

30代男性は真剣度が高くなるから安心できる?いいえ、残念ながらそうとは言い切れません。世の中には既婚者であるにも関わらず、未婚者と偽る男性もいるのです。そんな人に引っかからないためにも、以下の点に気を付けましょう。

薬指を見てみる

既婚者が未婚者と偽る際、やはり薬指の指輪は外すでしょう。しかし、長年付けていると指にはその跡が付きます。少し指が細くなっていたり、日に焼けたような跡があったら要注意です。

もし薬指を見ただけじゃ分からない場合は、その人の普段の写真を見せてもらうと良いでしょう。直接会っている時は外していても、過去に撮った写真には指輪が写っている。なんて可能性も否定できませんよね。ただし、写真を見せてもらう時に、薬指のみアップにしないように気を付けましょう。あまりジロジロと見ていると、相手に疑っているということが伝わってしまいます。あくまでもチラ見程度にしておきましょう。

デート場所のこだわりが強すぎる

デートに誘った際、積極的に場所を決めてくれる。あるいは、こちらが提案した場所に渋い顔をして「別の場所にしない?」なんて提案が。しかも、理由を聞いたらあいまいな返事しか返ってこない…。

自分の家の近くや、家族や友人と遊びに行く場所の場合、家族や友人に見られる可能性があります。それを避けるために、わざと遠い場所を選んだりこちらの意見を拒否したりすることも。露骨に避けたがる地域があれば、要注意です。

予定を入れても会えないことが多い

デートの予定を立てても、急に行けないという連絡が…。そういったことが1~2回だけなら、仕事の都合で仕方のないこともあり納得できます。しかし、家庭を持つ男性は家庭の事情を優先するため、ドタキャンする可能性が高いのです。

怪しいと思ったら、それとなく理由を聞いてみましょう。変にはぐらかされるようであれば、一度距離を置いて様子を見たほうが良いかもしれません。あるいは、自分から会いに行って確かめるのも1つの手です。

疑いすぎるのもNG!まずは楽しく話してみよう

結婚を考えるうえで、既婚者かどうかを見抜くのは重要です。しかし、疑いすぎるあまり未婚者である男性を傷つけてしまうかもしれません。

最初は疑いすぎず、楽しく会話することを優先してみましょう。そうすれば相手に良い印象を与えられますし、既婚者は気が緩んでうっかりボロを出すかもしれませんよ。

良いパートナーを探すなら、真剣度の高い相手を探してみよう

30代男性と、結婚を前提にした恋愛がしたい。そう考えているのなら、同じく真剣な付き合いを求めている男性が集まるイベントに参加してみましょう。ただし、参加層の幅が広い、参加費が安いなどのイベントには遊び目的の男性が参加する可能性があります。

そんな男性を避けるためにも、主催者が細かく条件を設定しているイベントを選びましょう。例えば街コンの場合、30代男性を対象としたものもあります。男性の参加費も女性に比べると高め。その分、恋愛に対し真剣度の高い相手と出会える確率も高いのでおすすめです。

コメントを残す