学べ・盗め先人たちの恋愛テクニック

街コンレポート_ベージュのストールを巻いている金髪の外人女性

永遠のマドンナ・峰不二子から恋愛テクを盗め!

多くの漫画やアニメが登場しても、いまだ男性に支持され続ける魔性の女といえば峰不二子。では、なぜ彼女はこうも男性を虜にするのでしょう。

ミステリアスだから?セクシーだから?不二子ちゃんにならえば、あなたも必ずやモテ度アップ!

どうしたって、あのボディに目が行きますが、ナイスボディなキャラクターはほかにいくらでもいます。 「じゃあ何で不二子ちゃん?」という疑問の答えは、そこに男らしい一面もあるから。
颯爽とバイクを転がす姿もそうだけど、敵地に乗り込む根性や度胸、1度決めたら最後まで諦めずに貫く精神など、行動もまた男らしかったりします。そのくせ、謎が多く、自由気まま。掴めそうで掴めないところに、男性は惹かれ、追いかけたくなってしまうようです。また、上品な言葉使いや、どこの国の言葉でも巧みに操れそうな頭の良さも魅力のひとつかも。
ルパンよろしく、何かしら不二子ちゃんから盗めれば、あなたも魔性の女の仲間入り?

『名探偵コナン』で女子力UP!?男性人気が欲しければ“毛利蘭”に学べ!

女子力のお手本”を探している乙女の皆様。実は意外なところにお手本がいるんです。そのお手本とは、アニメ『名探偵コナン』のヒロイン「毛利蘭」。アニメといえどあなどれませんよ。さっそく蘭ちゃんの女子力の秘密を探っていきましょう。

「逞しさ&か弱さ」
蘭は空手で犯人をやっつけたり、危険な場所へ単身突入したりする男勝りな強さが魅力のひとつ。ただ強いだけでは無く、時々幽霊を怖がったり、想いを寄せる新一に会えず切なげな表情を見せる“か弱さ”も持ち合わせているのが女子力ポイント! このギャップに男性はメロメロ!?
「家事をいとわない」
高校に通いつつも、毎日のように父親の小五郎や、コナンの食事を作る蘭。さらに新一が家に帰ってこないので、いつ帰ってきてもいいようにと時々彼の部屋の掃除まで! “家事が上手い”ということよりも“大切な人が快適に過ごせるように”心配りできる点が女子力の高いポイントですね。
「とにかく一途」
抜群の容姿とスタイルのため、作中でも頻繁に男性に声をかけられる蘭。しかし少しもなびいたりせず、いつでも新一の帰りを待っています。その一途さが男心をくすぐるわけ。誰かを一心に思う女性は、けなげで可愛いものですよ。

実はモテるための指南書!?『シンデレラ』に学ぶ恋愛テクニック

女性の皆さんはきっと幼い頃に童話の『シンデレラ』を読み、憧れた経験があるんじゃないでしょうか? 大人になって「魔法で美しくとか、王子様なんて物語の中の話」なんて現実的に考えているかもしれませんが、実は『シンデレラ』は恋愛テクニックの宝庫。シンデレラにテクニックを学んじゃいましょう。

「自分から出会いを求めて行動する」
シンデレラは意地悪な継母や姉達に、ドレスや装飾品を台無しにされたにも関わらず、魔法使いの力を借りて舞踏会へ行きました。行けば継母や姉達にまた意地悪をされるということは予想できるはず。でもこの勇気が恋愛にはとても大切。勇気を出して舞踏会に行ったからこそ王子様に会えたのです。出会いの場に足を踏み出せば、可能性はいくらでも広がることをシンデレラは教えてくれています。
「遅れて到着する」
準備に時間のかかってしまったシンデレラ。舞踏会に到着するのは既にパーティーが始まった後のこと。ただ、遅刻したことがみんなの注目を浴びるというプラスの効果をもたらします。皆に自分の姿を印象付ける事ができ、この時に王子の目にも留まったのです。皆さんも「ここぞ」という合コンなどに遅刻していくと、男性陣に印象付けることができるかもしれませんよ!
「忘れ物をする」
シンデレラの物語で最も印象的、かつ恋愛テクニックとして最も強力なアイテムと言えばそう、“ガラスの靴”ですよね。王子様と散々踊って気を引いた後に、12時の鐘が鳴ると、ガラスの靴を置いて逃げるように帰ってしまいます。これは、形ある物を置いて去ることで相手の記憶に強く残すという高等テクニック。王子様はガラスの靴を目にするたびにシンデレラの姿を思い出し「また会いたい」と強く思います。シンデレラって実はすごい策士かも?

呼吸から歩き方まで!誰でも簡単にできるCAの美人テク

空の旅を快適にするため、乗客に優しく接する憧れの職業・CA(キャビン・アテンダント)。すらっとした美人が多い印象もありますが、そこには日々の努力が隠されているようです。そんなCAの美人テクを学んでいきましょう。

「歩き方」
モデルのような歩き方をするイメージがあるCA。ただ、モデルが見せるウォーキングをしているのではなく、腕を後ろに振るようにしているだけ。そうすることで、胸をピンと張ったエレガントな歩き方に。
「呼吸」
普段、何気なくする呼吸にも秘訣アリ。深く呼吸をすることで、ストレス解消にも繋がり、心も体も健康になるんだとか。
「口角」
意識しないと、口はだらりと下がってしまうもの。常時、口角を2ミリほど上げることを意識すれば、話し相手に笑顔を提供できる上に、自分が知らぬ間に見られているときも、いい印象を与えます。
「水」
朝起きて水、お風呂に入りながらも水、寝る前も水と、とにかく水を飲みます。代謝が上がり、ダイエットやデトックス、美肌効果も期待できるそうですよ。1日1.5リットルの水が必要とされているようなので、常にミネラルウォーターを持ち歩くことを心がけましょう。なお、常温がおすすめとのこと。

ホステスさんの仕事から学べ!男性の心をつかむ恋愛テクニック

気になる人がいてもどうしたらいいかわからない! こんな時は、多くの世の男性を手玉に取っているホステスさんのテクニックを参考にしてみましょう。

「ちょっとだけよ」
男性にお願い事をするなんて、「めんどくさい子だな」と思われて嫌われてしまう。そう思っていないでしょうか。実はその逆なんです。男性は女性に頼られると、自分に好意があるんじゃないか、と思うため、それがきっかけで意識してもらえるようになります。ポイントは、相手の負担にならない“ちょっとした”お願い事にすることですよ。

「教えてー」
男性は自分の知識をアピールしたいもの。気持ちよく喋らせてあげるためにも、「教えてー」と言って、知識を披露する場所をつくってあげましょう。もちろん教えてもらったら、感謝の言葉も忘れずに。間違っても「それ知ってる」なんてことは言わないようにね。
「悪い子のススメ」
気に入られようと良い子になり、尽くしすぎてしまうと、男性はその女性に飽きてしまいます。そのまま都合のいい女にならないように、時には、ミステリアスな面を見せたり、簡単には手の届かない雰囲気を出して、興味を持たせ続けましょう。釣った魚には餌をあげないというタイプの男性は意外と多いものですよ。
「スマイル0円」
やっぱり最後は笑顔。ニコニコして幸せそうな人を見ると、こっちまで幸せな気分になっちゃうことってありますよね。笑顔が素敵な人は、性別問わず好かれるものです。

メールはあえて無視!?ホストに学ぶ恋愛テクニック

女性にモテたい男性の皆さん、恋愛テクニックを磨くなら、一人で試行錯誤するよりも、プロフェッショナルに教えてもらうのが近道です。女心をくすぐる技を日々磨いている“ホスト”の恋愛テクニック、盗んじゃいましょう!

「メールはたまに無視!」
プロのホストはマメな印象がありますが、落としたい女性に毎日メールを送るわけではなく、3日送ったら1日放置するんだとか。女子は常に追いかけられているより、時々、突然冷たくされた方が「私のことどう思ってるんだろう」と気になるようです。
「10分に1回は名前を呼ぶ」
女性と会話している時、相手の名前を呼ばずに話し続ける事も出来ますよね。でも「○○ちゃんはどう思う?」など、あえて名前を挟むようにすると女性は親近感を感じ、2人の距離がぐっと近づきます。あまり頻繁だとしつこい印象になるので10分に1回くらいがちょうどいいみたい。
「目標を語る」
自分が仕事で達成したいことや、将来の夢など、目標を語ると女性にポジティブなイメージを持たせることができます。また、目標に向けて具体的にしていることを話せば、努力家の一面をアピールできて、女性からは“可愛い”“サポートしたい”と思ってもらえるとか。
「褒める時は疑問形で」
できるホストはただ「可愛いね」と漠然と褒めず、「どうしてそんなに可愛いの?」とか「綺麗な髪だね、どんなケアしているの?」と、必ず疑問形にするんだとか。そうすると、女性は普通に褒められるよりも喜びが大きくなるようです。小さな工夫ですが、女心を抑えたホストのテクニック、さすがですね。

目指せ所作美人!旅館女将&舞妓さんから学ぶ“美しい所作

立ち居振る舞いの美しい女性ってとても魅力的ですよね。逆に容姿が美しくても、動作が粗雑な女性だと幻滅してしまいます。そこで旅館女将や舞妓さんといった所作のエキスパートから美しい立ち居振る舞いを学んじゃいましょう! “所作美人”になるいくつかのポイントを伝授します。

「なごり手」
旅館では食事の配膳をする時、食卓についている人の前に器を出した後、さっと手を引いてしまうのではなく、指先で器をなぞり、少し“余韻”を持たすようにゆっくり手を引きます。これだけの動作で女性らしさがぐっとUP。食事も気持ちよくできそうです。
「円を描く」
舞妓さんの所作の特徴の一つに、動作を直線的にしないで“円を描く”というものがあります。難しそうですが、例えばものを人に渡すとき、まっすぐ相手に突き出すのではなく、持ったものを下に気持ち下げ、もう一度持ち上げるように、弧を描いて渡すと動きが女性らしく見えるんだとか。もちろん、渡す手は両手が原則ですよ。
「一度立ち止まる」
舞妓さんは挨拶をする時は一度立ち止まり、お辞儀をします。誰かに呼ばれた時も、立ち止まって振り向きます。そうすることで落ち着きや優雅さを演出できるんだとか。動きに“ゆとりを持つ”ということが大事みたいですね。是非おためしを!

“美は一日にして成らず”パリジェンヌに学ぶ美人習慣

テレビの旅行番組などで、フランスのパリあたりの景色が流れると、街行く女性たちがとても素敵に見えませんか? スタイルが良く、健康的で美しいパリジェンヌたち。彼女たちの美の秘訣は、毎日の習慣の中にありました。ではその美人習慣をご紹介しましょう。

「冷たいシャワー」
フランス人女性で、長時間温水のシャワーを浴びる人は少ないとか。温水で体を温めた後は冷たいシャワーを浴びます。そうすることで血液の流れを良くし、また肌の毛穴を引き締めるそうですよ。
「素肌に近いメイク」
フランス人女性のすっぴんは、化粧した時とほとんど変わらないといいます。肌の健康を一番に考えるため、洗顔と保湿をした肌にベースメイクは薄め。薄付きのファンデーションに少しだけハイライトを追加。チークやマスカラといったポイントメイクは普段はせず、パーティや記念日などの特別な日だけにします。
「ワインを飲む習慣」
ワインを日常的に飲む女性が多く、これが美の秘訣でもあるようです。ワインは老化防止に効果的な抗酸化物質や、しわ、たるみから肌を守るポリフェノールを多く含んでいるので美容にはとってもGOOD。だけど、「美容のため」というより「好きだから飲む」という人が多いみたい。無意識に美容に良いことをやってるのだから、さすがです。
「フラットシューズでよく歩く」
スタイルキープのためにジムで運動する、というより、ヒールの無いフラットシューズでよく歩くのが、結果的にナイススタイルに繋がるようです。フランス女性は、ウインドウショッピングや公園の散歩など、とにかく歩くのが大好きだとか。

楽しんでやるからこそ、習慣として続くんですね。“美は一日にして成らず”を体現しているパリジェンヌを見習いたいものです。

キスしたいときは下唇を噛んでみて!映画に学ぶ男が女にドキッとする仕草

女の人のどんな仕草で男の人はドキッとするのか、それを学ぶのに最適なのは“映画”かもしれません。あの映画スターたちの、男性をクラクラさせちゃうテクニックを学んでいきましょう!

「下唇を軽く噛む」
映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』から。アナが映画の中で繰り返していた「下唇を軽く噛む」という仕草。これって実は、相手にキスをしたいと伝えるのに効果的みたい。柔らかい唇を噛んで押さえつけるという行為は、「あー、そのぷっくりとした唇をもっと見せてくれ」と相手に思わせることができ、意識のすべてがそこに集中してしまうそう。確かにそういう感覚ってありますよねー、逃げるものほど追いたくなる的な。
「カップのふちを手でそっと拭く」
同じく『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』。グレイとアナがお茶をする一幕で、アナがさりげなくカップのふちを拭く行為。男性ならわかると思うんですが、これってなかなか際どい、何か次があるんじゃないかと期待させてくれる行為なんです。だってちょっとエロチックじゃありません? 女性の細くやわらかなの指が撫でるその先に… おっと、思考がおかしな方向に。
「ちょっとした仕草をおおげさに」
映画『ただ、君を愛している』で宮崎あおいが行っていたワザは、鼻を大げさにこすったり、疑問に思ったとき小首を傾げたり、挙動の一つひとつを分かりやすくすること。横断歩道を渡るときにバッと手を上げられたら、「この子を守ってやらねば!」と熱い使命感を胸に抱くはず。ただあまりにやりすぎて、変な人だと思われる可能性も否めないけど…。

映画から学ぶ恋愛テクニック… 恐るべし。あなたも明日から実践して、男の人をドキッとさせてみませんか?

男はティッシュペーパー!?海外セレブの“失恋から立ち直れる名言

ずっと一緒にいると思っていた恋人にフラれたとき、誰でも落ち込み、力が湧いてこない辛い時間を過ごしますよね。立ち直るきっかけが中々見つからないなんてことも…。そんな時は、恋愛経験豊富でエネルギッシュな、海外セレブの言葉に耳を貸してみるのもありかもしれませんよ。

「自分にふさわしくない男と長く付き合うほど、運命の人と出会うチャンスを逃しているのよ」
若者に人気のアメリカの歌手、テイラー・スイフトの名言。失恋した時に、運命じゃない人と今別れてよかった、と前向きにさせてくれる言葉ですね。
「あなたから去って行った人のことで泣かないで。次に出会う人はあなたの笑顔に惹かれるはずだから」
1920年代にハリウッドで活躍した女優、メイ・ウェストの言葉です。なんてステキな考え方でしょうか。こんな風に励まされたら、早く笑顔になって次の恋をしなくちゃ、と元気が出そう。
「自分にお酒を注いで、口紅をつけて、そして自分の力で立ち直るのよ!」
1940年代から活躍し、世界一の美女と呼ばれたイギリスの名女優、エリザベス・テイラーの名言。2011年にこの世を去るまで多くの恋をし、8回の結婚をしたという経験豊富なエリザベス。エネルギッシュな彼女ならではの言葉に力が湧いてきます。
「男はティッシュペーパーのように、ソフトで強くて、使い捨てできるのがいいわ」
アメリカの歌手シェールの言葉。失恋で落ち込んでいるときに“使い捨てできるのがいい”なんて言われたら、逆に勇気づけられちゃうかも。

茂木さんに学ぶ!脳科学を利用して失恋から立ち直る方法

大好きな恋人、あるいは片想いの相手にフラれた時は、まるで自分に価値がないような、どん底の気分になってしまいますよね。でも前に進むためには立ち直らなくてはいけません。そこで脳科学者の茂木健一郎さんが唱える、“脳科学を利用して失恋から立ち直る方法”をご紹介しましょう。

「脳に別ルートを作る」
辛い失恋をしてしまうと、その相手のことばかり考えてしまう。そのためいつも落ち込んでいる、という人が多いのではないでしょうか? 茂木さんが言うには、それは思考が脳の中の“失恋のルート”を何度も辿っている状態。そこから脱するためには、無理に忘れようとするのではなく、新たなルートを他に複数作り、その思考ルートを何度も辿るのが立ち直るのにいい方法だとか。例えば趣味や仕事に打ち込み、趣味ルート、仕事ルートを強化。そのうちに、脳の“失恋ルート”は消せなくても、次第に使われなくなっていくんだそうです。頭の中の“失恋”の比重を小さくするという方法、確かに効きそうです。
「あえて相手のことを考える」
別ルートを作る方法とは対極にあるように思えますが、これも有効なんだとか。ただ、漠然と相手のことを考えるのではなく、相手の欠点を考えて紙に書き出していきます。相手の良くない部分を書き出す事で、「自分にとってその男性が必要じゃなかった」という側面を考えることが出来、気持ちの整理がつくようです。

また、茂木さんは大きな失恋をした人の方が、大きな喜びも感じやすいと言っています。失恋もプラスに考えさせてくれる脳科学、励まされますね。

お笑い界のモテ男・田村淳に学べ!女性の心を掴む恋愛テクニック

あの安室奈美恵とも噂になるなど、芸人一のモテ男との呼び声高い。落とした女は数知れず。すべてを計算して色々な顔を使い分けるという、淳師匠のモテテクを学ぶべし!

「メールはギャップ」
メールで大事なのは本人とのギャップ。チャラい印象の人は誠実に、真面目なタイプはおちゃらけメールにすると、そのギャップに女性は興味を示すはず。
「落としてから上げる」
バラエティ番組などで女性にキツい突っ込みをした後、師匠は毎回楽屋を訪れて丁寧にフォローするとか。最初に厳しく、その後優しくフォローすれば、女性の心を掴んだも同然!
「プレゼントは二段構え」
記念日のプレゼントにぬいぐるみなどを渡し、これだけかと少しがっかりさせたところで、ぬいぐるみの中から指輪を取り出すわけ。ぬいぐるみとアクセサリーでなくても、“ガッカリ”と“嬉しい”の落差で女性は大喜び。どうですか、参考になりましたか?

師匠は「とにかく女性が何を求めているかを常に考えて、たくさん実行する」とも言っています。チャレンジあるのみ!

大切な話は右側から!メンタリスト・DaiGoに学ぶ恋愛テク

イギリス発祥のメンタリズムを日本のメディアに初めて紹介し、日本唯一のメンタリストとして数多くのTV番組に出演するDaiGoさん。観るたびにただただ驚かされるばかりですが、DaiGoさんのテクニックは恋愛の場でも有効なので、是非とも試したいところです。

「逆のイメージで褒める」
初めて会った異性に、見たままのイメージを褒めても、ほかの人と大差ありません。例えば、背が高くガッチリした体型の相手であれば、「頼りになりそう」という言葉ではなく、「優しそう」などの言葉で褒めてみましょう。
「大切な話は右側から」
左脳は肯定的、右脳は否定的に受け取る性質があるそうです。その性質を利用し、お誘いや大切な話などは、左脳に伝達されやすい右耳に近い距離で話すといいかも。
「ボディタッチ」
軽いボディタッチが相手との距離を縮めるのは、誰もが知るところ。ただ、二の腕が効果的ということは知らない人も多いのではないでしょうか。男女共に抵抗感もなく、警戒心を抱かせない二の腕に触れ、挨拶や会話をすると、印象にも残りやすいようですよ。
「デートはOK前提で」
どうしても誘う際に「もし良かったら、今度ご飯でも」と消極的に声をかけてしまいがちですが、そうではなく、「美味しいお店見つけたから、次の金曜日か土曜日に行かない?」と誘いましょう。具体的に誘うことで、相手は行く前提で答えを出そうとするみたい。

コメントを残す