「普通に結婚できると思っていたのに…」独身アラサー女性のための反省会

街コンレポート_頭を抱えて座っている女性

「気持ちは20代女子」…その感覚があなたを「アラサー独女」にさせている?

ついこのあいだまで20代女子だと思っていたのに、気がつけばアラサーと呼ばれる年齢になっていた…と気持ちと現実のギャップに悩んでいるアラサーの独身女性は多いはず。20代前半のままのファッションや価値観から抜け出せずにいると、男性から痛いと思われて出会いを逃がしているかもしれません。

「アラサーだと自覚している私には関係ない」と思っている方も、もしかしたら無意識に痛い行動をしているかも。まわりから痛いと思われるポイントをピックアップしてみました。女の子気分は今日で卒業して、一緒に大人の女性の階段を一歩上ってみませんか?

20代前半のファッション感覚を手放せない

アラサーになったら「かわいい」の基準の断捨離が必要

20代女子の気分のまま「かわいい!」と思って選んだその服、実はまわりから「若作り」だと思われているかも。特にミニスカートや露出の多い洋服、花柄やレースのついたガーリー系、個性豊かな原宿系など、20代の頃に「女の子っぽくて可愛い」と褒められていた服も今となっては痛いアラサーのシンボルファッションなんです。

「着たい服」から「似合う服」へのシフトチェンジを

アラサーになったら「着たい服」から「似合う服」にシフトチェンジしていかなければいけません。「アラサーになったからって着たい服も着れないなんて!」と言いたくなる気持ちも分かります。でも、10代の頃に年相応のファッションじゃない女性を見て「若作りしすぎ」と思ったことはありませんか?その女性も若作りに必死だったわけではなく、20代女子の頃のファッション感覚から抜け出せなかっただけかもしれません。

ファッション感覚はすぐには手放せないもの。まずは20代前半の頃から変わらずに読んでいるファッション雑誌があれば、アラサー女性向けのものに変えてみましょう。自分に似合う服を知ることで、痛い女性から大人の魅力あふれる女性として男性からの評価も変わってくるはずです。

アラサーになってもまだまだ現役の「女子」気分

女の子気分でいていいのはギリギリ20代前半まで

20代前半のときはセーフだったことがアラサーになるとアウトになってしまうことも。たとえば自分のことを名前で呼んでいたり、女子を名乗っていたりすると男性からは「いつまで女の子気分でいるんだ」と冷ややかな目で見られてしまいます。

SNSに「♯女子会」というハッシュタグをつけて写真をアップするのも、男性からすると女子という言葉にしがみついているように見え、独身のアラサー女性が集まって傷を舐めあっている痛々しい姿に映ることも。

アラサーの辞書からは「女子」という言葉を削除して

アラサー女性からすれば女子という言葉にしがみついているわけではなく、雑誌やメディアでよく目にしたり耳にしたりして何気なく使っているという方も多いはず。けれど、女子という言葉ひとつで男性からの評価を下げるのであれば、人前では口にするのは避けたほうがベターです。

街コンレポート_携帯電話を操作している女性の手元

「結婚してなくても毎日が充実してます♪」SNSでリア充アピール

SNSの中では独身アラサーでもリア充の私…本当に?

SNSに流行りのカフェやスイーツ、自分へのご褒美として利用した憧れのホテルのスパや高級レストラン、海外旅行などの写真をこまめにアップしていませんか?男性の目には、独身のアラサー女性が寂しい日々を過ごしていると思われないようにリア充アピールしている姿、として映っています。押してもらったいいねの数も、そう考えるとなんだか寂しくなりますよね。

SNSと現実のギャップに悩む前に向き合い方を見直そう

本当に毎日が充実している方はSNSに投稿しなくても幸せや充実度オーラを感じられるもの。さらに過度なリア充アピールが続くと自慢にも思えて、人間関係が崩れるきっかけにもなります。他人からこう思われたいという理想の自分をSNSで演出しているのであれば、SNSとの向き合い方を見直してみてはいかがでしょうか。

「私も若い頃は~」と過去の恋愛武勇伝ばかり語る

過去の自慢ばかりするのは痛いオバさん化のはじまり

会社の飲み会で後輩が恋愛トークで盛り上がっている時に「私も昔はね」と聞かれてもいないのに過去の恋愛事情を持ちだすのは、男性や後輩から痛々しく見られるので禁物。「男ってほんと○○だよね」と得意げに語るのも、周りの人たちの心の中に「独身のあんたが何を言っているんだ…」という言葉を浮かばせるだけ。過去の話ばかりしてしまうのは、今が充実していないことの裏返しです。

幸せにしてくれなかった男は忘れて今に目を向けてみて

これまでの会社の飲み会や女子会を振り返って過去の話ばかりしている、または「○○で妥協して結婚していたら…」などと元カレの話を持ち出して愚痴ってはいませんか?ドキッとした方は、痛い独身アラサー女性になりかけている証拠です。過去にばかりとらわれて今近くにあるかもしれない出会いの種に気づけずにいると、独身のまま30代、40代になっているかも。一緒にいても幸せになれなかった男性のことは忘れて、今のあなたを幸せにしてくれる出会いに目を向けてみましょう。

街コンレポート_頭を抱える男性

「普通の男性でいいのに」…その普通の基準が高望み

普通の基準がズレたままだと行きつく先はおひとりさま人生

20代前半の頃から男性に求める条件が変わっていないアラサー女性は、その基準が今となっては高望みになっているかもしれません。「普通の男性でいい」と言いながら「一般企業で働いていて年収は450万円以上、見た目はイケメンじゃなくていいけど私より5cm以上は身長が欲しい。あと借金やギャンブル癖がなくて、都会暮らしだけど実家暮らしじゃない人」などすべてに対して平均値を求めてはいませんか?そのままだと、普通の男性を見つけられないまま独身街道まっしぐらです。

すべてが平均点を満たしている男性はそもそも「普通」じゃない

けれど、本当にどこにでもいる普通の男性というのは、どれか1つは平均値以下なことがほとんど。逆に、アラサーの独身男性が理想の女性像として「仕事ができて家事もバッチリ、男のすることに文句を言わない、言葉づかいが丁寧で気配り上手、品のある色気があるとなお良し」と言っていたらどうでしょう。「高望みしすぎ」と呆れませんか?なかには「だから結婚できないのよ」と思う女性もいるかもしれません。普通の男性を求めるアラサー女性に対して、同じことを男性も思っています。すべてに対して平均点を求めるのではなく相手のマイナス点も受け入れることが結婚へと1歩近づく近道です。

チヤホヤされていた頃が忘れられない…SNSのいいねの数が生きがい

もっと私を見て!SNSで承認欲求を満たしていませんか?

会社に入社したばかりの新入社員の頃は、自然と男性社員が寄ってきて褒めてくれたり仕事を手伝ってくれたりしたもの。けれど、毎年新しく若い女の子が入ってきて、気がついたらお局サマとしてチヤホヤされる対象から外れていたアラサー女性もいるでしょう。チヤホヤされていたあの頃が忘れられないからと、SNSのいいねの数で承認欲求を満たしてはいませんか?特にSNSに入浴中の足や胸の谷間をチラ見せしているような露出の高い写真や、手作りの料理やスイーツなどの写真をあげて男性からの反応やいいねを求めているアラサー女性は要注意です。

SNSでチヤホヤされていても、現実は…

いいねの数が生きがいになっている女性は、男性だけでなく同性からも痛々しく見えてしまいます。男性からのいいねの数で優越感に浸っている間に、現実では同年代の同僚や友人がどんどん結婚して取り残されてしまいかねません。年齢や露出でしか女性を評価しない男性からのいいねは、本当にあなたが欲しかったものでしょうか。自分の年齢や現実を受け入れて、若い子にはないアラサー女性ならではの魅力にいいねを押してくれる男性との出会いを探しに行きましょう。

街コンレポート_頬を押さえて怯えている女性

「アラサーだから~」「私もうババアだから」と自虐ネタが口ぐせ

後輩同士の目くばせは「またはじまった…」の合図かも

「もうオバさんだから」「ババアだから最近の流行りが分からない」など、若い子の前で自虐ネタを口にしてはいませんか?年齢にこだわっていないというアピールかもしれませんが、若い子からしてみれば「そんなことないですよ」というフォロー待ちに思えて、面倒くさく感じてしまいます。

アラサー女性の自虐ネタは百害あって一利なし

アラサーであることを自虐ネタにすることで、かえって年齢にコンプレックスを抱えているように見えてしまうことも。何気なく使っていたという女性もいるかもしれませんが、まわりには面倒くさい、絡みづらいなど痛々しい印象を与えてしまうだけです。自分をサゲる自虐ネタは卒業して、アラサー女性ならではの知識や経験を活かしたウィットに富んだ会話で大人の女性の魅力を発揮しましょう。

自然な出会いにこだわって「恋愛結婚」に夢をみている

大人になっても王子様と出会えなかったシンデレラへ

子どもの頃、「いつか自分も大きくなったら絵本で読んだプリンセスのように運命の相手と出会って結婚するんだ」とシンデレラ願望を抱いた女性は多いはず。そのまま大人になり、気がつけば30歳目前…この年になって「自然に結婚できる」というのは幻想だったんだ、と気づいた方もいるのでは?自然な出会いにこだわり、「婚活をする女性」は負け組と思うアラサー女性もいるかもしれません。けれど、結婚願望があるのに今まで独身でいるのは、自然に出会えなかったからのはず。ライフスタイルが固まってきたアラサーだと、待っているだけでは新しい出会いはありません。

街コンや婚活パーティーなども自然な出会い方の1つ

シンデレラだって家を飛び出してお城に出かけたからこそ、運命の相手と出会えたはず。アラサー女性も運命の相手と出会いたいなら、いろいろな場所に足を運んでガラスの靴を落としまくる必要があります。婚活が珍しいことではなくなった今、婚活パーティーや結婚相談所での出会いも自然な出会い方の1つと言えるでしょう。それに、あくまでも出会いのきっかけであって、そこからお互いを知って仲を深めていく過程は恋愛結婚と変わりません。

婚活パーティーや結婚相談所はまだハードルが高いと思うのであれば、気軽に参加できる街コンがオススメです。婚活の第一歩として、足を運んでみてはいかがでしょうか。

街コンレポート_海で麦わら帽子を抑えて遠くを見つめる女性

まとめ

独身のアラサー女性は「若さ」ではなく「大人の魅力」を武器にして

女の武器は若さだけだと勘違いしていませんか?

気持ちは20代女子のままオトナ女性へのアップデートを忘れていると、まわりから痛いアラサー女性として見られてしまうことはお分かりいただけたでしょうか。頭では分かっていても、アラサーと呼ばれるようになってから一気にオバさんになったような気がして、女としての価値がなくなったと焦っている女性もいるでしょう。けれど、年齢と一緒に人生経験を積み重ねてきたアラサー女性には若い子にはない大人の魅力という強い武器があります。

年齢をハンデにするのではなく経験をアドバンテージに

若さがお金で買えないように、積み重ねてきた経験もお金では買えません。若さだけが絶対という固定観念にいつまでもとらわれているのは、せっかく備わっているアラサー女性ならではの価値を自ら捨てているようなものです。年齢と向き合って自分の魅力に上手く活かしているアラサー女性は、男性にとっても若い子とは違う魅力的な存在として映るはず。気持ちは20代女子から卒業して、アラサー女性として幸せになれる道を歩んでいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。