バツイチは街コンで不利?

街コンレポート_男性がソファーに座って飲み物を飲んでいます

街コンは種類がたくさん!バツイチでも参加者多数

街コンに参加したいと思っても、『バツイチ』というワードに付きまとわれて参加をためらっている人もいるのではないでしょうか。しかし街コンの中にはバツイチでも楽しめるものがたくさんあります。
街コンは「ニーズがあれば街コンあり」という具合にその種類をどんどん拡大してきました。「バツイチだけど出会いたい!」「街コンに参加したい」という人は多く、そんなニーズに応えた街コンが存在するのです。それ以外にも様々な趣味に対応した街コンが年々増加。バツイチという理由で尻後まずにあなたの得意なフィールドで相手を探してみませんか?ここではバツイチの人の街コン事情をまとめています。

バツイチの人が街コンに参加する上で知っておきたいこと

バツイチは相手にされない?

バツイチの人が街コン参加を躊躇する最も大きな理由は「バツイチは相手にされない」と考えているからではないでしょうか。明らかに平均年齢が低く、結婚経験がない男女が集まる街コンでは確かにバツイチが不利に働くこともあるでしょう。
しかし、今や3組に1組が離婚している時代。ひと昔前のようにバツイチというだけで大きな傷がつくことはありません。自分にあった街コンに参加すれば良い相手と出会うことは十分に可能です。

再婚に踏み切っても良いのか

一度離婚をすると、「自分は結婚に向いていないのではないか」「結婚は面倒くさいもの」など結婚に対してネガティブなイメージを持ってしまう人もいるでしょう。しかし、1度の結婚生活で結婚に対するイメージを固定化させてしまうのは時期尚早。夫婦のあり方は多種多様で新しい相手に出会えば新しい形ができます。離婚経験や以前の結婚生活の視野だけで自分や異性へのイメージを決めつけてはいけません。再婚に踏み切っても良いのか迷うのではなく、まずは行動してみましょう。

離婚理由をどう伝えるか

バツイチは以前ほど気にされませんが離婚の原因は気になるという人が多いようです。理由を伝える際どのような理由であれ、前パートナーの非を長々と語ってはいけません。離婚で100%どちらかが悪いという事は暴力など一部を除いて非常にレア。自分の非をしっかりと見つめられる人のほうが再婚を考える上で魅力的に映ります。離婚当時の自分や相手の非をしっかり分析し次こそは結婚生活を継続させたいと思うのなら、気になる異性と個人的に連絡を取り合う仲になった後にその気持ちを伝え、真剣に話し合ってみると良いかもしれません。

街コンレポート_スーツを着た女性が携帯電話を見ています

バツイチ向け街コンに参加するメリットデメリット

メリット

    • 異性を美化しすぎない

恋愛中はお互いに相手のことが良く見えるもの。会うときは普段よりお洒落し、相手に喜んでもらえるなら合わせるのも苦ではありません。そのため異性に対する価値観に誤解が生じることも。しかし、結婚をして毎日生活を共にすると完璧でい続けるのはほぼ不可能です。良くも悪くも付き合っている段階では見えなかった部分がお互いに見え出します。
結婚した経験がある人のほうが飾らない異性の生活を知っており過度に美化する危険性が低いと言えるでしょう。

    • バツイチに理解がある

バツイチ向けの街コンでは相手もバツイチ。普段バツイチという事で尻込みしてしまう人でも相手も同じ境遇なら積極的に参加できるでしょう。実際バツイチ向けの街コンでは、結婚生活の酸いも甘いも知っている参加者同士打ち解けるのが早いようです。自己紹介の時にバツイチであることを言って異性と距離ができるという事はありません。自然体でいられるのがバツイチ向け街コンのメリットの一つです。

    • 今度こそ離婚しない!と思っている

失敗して初めてわかることってありますよね。自分の未熟な点や絶対に許せないポイント、結婚する前は漠然としていたものが明確になったため離婚したのではないでしょうか。それは相手も同じです。お互い価値観の重要性がわかっているので距離が近づいたら結婚生活に何を求めるか、何が嫌なのかを腹を割って話し合い、理想的な関係を築けるケースが多くあります。

デメリット

    • 相手の離婚原因が気になる

離婚経験があると気になるのは当然その原因。同じことを繰り返さないか、性格に問題がある人なのかなど不安が生じることがあります。最近の離婚の原因で最も多いのは性格の不一致。この場合は相性や努力次第で十分カバーできる可能性が高いでしょう。しかし暴力や浮気など繰り返す可能性があるものはできれば避けたい所。可能なら相手の離婚原因をそれとなく探ってみるのもいいかもしれません。

    • 相手に子供がいるかも

自分や相手に連れ子がいる場合、結婚するにはあなたと相手2人だけの意思ではなく双方の子どもとの相性も重要になります。また、親権がない場合は養育費を払っていることも。その場合、結婚後の家計を圧迫してしまう可能性があります。バツイチの人と付き合う時はある程度覚悟しておくことが重要です。

    • 結婚の意識に差が出るかも

バツイチの人の中には一度離婚を経験しているため、結婚に対してネガティブな印象を持っている人もいます。街コンは気軽に参加できるため結婚はまだ考えられないけど一人は寂しいからと出会いを求めて街コンに参加しているという方が多いでしょう。すぐに再婚したい!という想いで参加すると相手との間に温度差ができ、出会いの幅を狭めてしまう可能性があります。次の結婚生活がうまくいくようゆっくり見極めながら楽しもうというぐらいの意気込みがちょうどいいかもしれません。

実際にバツイチで街コンに参加した方の口コミ

いろんな年齢の人が参加していました
バツイチ限定と聞き、年齢層が高いのだろうなと思っていましたが20代・30代の人も多く幅広い年齢層の人が参加している印象を受けました。参加している方は過去の失敗を次に生かしたいと前向きにとらえており私自身励まされました。気になった女性にメールすると返信があり、ゆったりと関係を進めています。(男性/30代)

バツイチ限定の街コンに参加してみました
離婚後独身生活を満喫していましたが、仕事が忙しくなり食事の準備や家事もろくにできなくなると家庭の温かみが恋しくなりました。バツイチや理解者限定というのに惹かれ、バツイチ限定街コンに参加。バツイチであることを気にしない前向きな方が多く、楽しむことができました。(男性/30代)

普通の街コンに参加したら…
離婚後、友人と一緒に街コンに参加してみました。隠しておくのもどうかと思ったので最初にバツイチであることを話すと、目の前にいた男性が驚き、子どももいるというと周りが静まり返ってしまいました。やはり初婚の人が多いとバツイチは対象外になってしまうのかもしれませんね。(女性/30代)

バツイチの人が街コンで成功するには?

バツイチの人が街コンを成功させるために大切なことは誠実さ。一度失敗した原因を見直し、次は絶対に結婚生活を継続させたい!という意気込みは同じように思っている人を引き寄せます。一番やってはいけないのはバツイチであることを黙っておくこと。親密になるほど黙っている事実が後ろめたくなり言いづらくなります。それは相手にとても不誠実。なるべく早い段階で伝えることが大切です。またバツイチの人が集まる街コンならそのような心配はないのでおすすめです。

バツイチの人が参加しやすい街コン紹介

30・40代中心バツイチ&理解者パーティ

バツイチの方やバツイチに理解のある男女を対象にした街コンイベントです。通常の街コンでは参加者は結婚未経験の方が多く、自己紹介でバツイチであることを伝えると相手にひかれてしまう可能性があります。しかし、こちらの街コンは相手がバツイチである前提でイベントが進んでいくため、カミングアウトするタイミングや、周りの反応を気にせず安心して参加できますよ。

バツイチ&理解者パーティの詳細
費用 男性5,500円 女性1,000円
主催 株式会社シャンクレール
所要時間 75分

 

↓↓↓実はバツイチの方が独身よりもモテる場合もあるそうです。こちらの記事で徹底解説しています↓↓↓
バツイチは合コンでモテるって本当?

コメントを残す