バツイチは合コンでモテるって本当?

街コンレポート_ビールで乾杯している男女

バツイチといえばあまり良い印象を持たれなさそうなイメージですが、実は独身よりモテるケースもあるんです。なぜバツイチが合コンでモテるのか、モテるバツイチとモテないバツイチの違いは何なのか徹底解説していきます。

バツイチが経験値の高さの証明になる

バツイチがモテる一番の理由は「結婚生活を通して得た経験値」があるからです。バツイチの男性なら、過去に家庭を持っていたという事実だけで、家族を養える経済力と包容力をもっていることがわかります。バツイチの女性は、独身女性よりも家事ができるイメージをもたれやすいんです。

また、結婚と別れを経験しているぶん、忍耐強さが磨かれている男女が多いとのこと。どのようなすれ違いから夫婦喧嘩が勃発するか把握できているぶん、相手のわがままを広い心で受け止められるのでしょう。

独身との違いは?

結婚経験があるバツイチに対して、独身はどんな問題が隠れているか見抜きにくい傾向があります。結婚した後に、貯金なし、ギャンブル好き、借金持ちなどの問題が明らかになるケースは珍しくありません。

そのため、これから先の結婚を見越している人には、バツイチ男女のほうがモテやすいのです。

バツイチが合コンに参加する際に気を付けるべきポイント

バツイチがモテるという事実に浮かれて、合コンでむやみやたらにアピールするのはNGです。モテポイントをはき違えると、一気に場の空気を白けさせる、または相手に幻滅される可能性があります。バツイチならではの合コンテクニックをまとめているので、参考にしてみてください。

バツイチ話は基本的に掘り下げない

合コンの参加目的はさまざまです。婚活パーティーのように結婚を前提に付き合える相手を探している人はごくわずか。どちらかといえば、恋人や友達をつくるために参加している人が多いでしょう。そんな中、必要以上にバツイチエピソードを語れば、空気が読めない人だと思われること間違いありません。楽しい場を白けさせてしまう可能性が高いため、婚活モードのトークは避けてください。

子どもがいることも、合コンの場ではあえて言わないほうが良いでしょう。

自己紹介でサラッと伝えるのが◎

バツイチ話は掘り下げないほうが良いですが、合コンで真剣に恋人をつくりたいと思っている人は自己紹介でバツイチだという事実をサラッと伝えておきましょう。あなたは隠していないつもりでも、真剣に付き合い始めた後にバツイチだという事実が伝われば、相手はあなたにウソをつかれていたと思ってしまう可能性があります。

結婚を連想させる質問は避ける

合コン参加が久しぶりなバツイチさんは、合コンのマナーと婚活パーティーのマナーをはき違えている可能性があります。
趣味や特技に関する質問はまだしも、収入や家族構成、将来子供が何人欲しいかなど、結婚を連想させる質問ばかりしていると、相手に引かれてしまう可能性大。合コンでは当たり障りのない会話で場の雰囲気を盛り上げ、気になる相手がいたら別日にデートに誘うのがおすすめです。

下ネタを言わない

下ネタ発言はバツイチさんの大人の魅力をブチ壊す要因。若い未婚者なら下ネタを言っても愛嬌で許されたりしますが、バツイチの人は「大人っぽくて頼りになりそう」というイメージとのギャップが大きく、ドン引きされてしまうかもしれません。大人としての品性を疑われ、「だから離婚したんじゃ…」と思われてしまいます。モテるバツイチになるには下ネタ封印が必須です。

聞き役になる

聞き上手なバツイチさんは、包容力のあるイメージをもたれやすい傾向があります。合コンはグイグイ質問するタイプや自分語りタイプの参加者が多く、聞き役に徹する人があまり居ません。そのため、バツイチはライバルに差をつけやすいのです。がっついた質問はせず、さりげなく相手の悩みや近況を聞き出して、相手のことを気遣う言葉を投げかけられたらGOOD。

あからさまなお世辞を言わない

例え褒め言葉だったとしても、あからさまなお世辞は相手に不審感を抱かせます。人によっては、誰にでもそう言っているんだろうと思ったり、お持ち帰りするためにがっついていると思ったりするでしょう。

とくに容姿に関するあからさまなお世辞は、イヤミだと受け取られる可能性が高いため要注意。合コンで相手を褒めるときは、仕事や趣味など、相手が頑張っていることを褒めるのがベストです。

趣味の話をする

これはバツイチ男性限定の話です。趣味について熱く語るさまに母性本能をくすぐられたという女性が多くみられました。ただし、合コン参加者がついていけないようなディープすぎる趣味語りはNG。あくまでも周りとの温度差が生まれない程度の熱量で、少年のように目をキラキラさせながら語りましょう。読書や映画鑑賞などのインドア系趣味よりも、バイクやサッカーなどのアウトドア系趣味のほうが母性本能をくすぐりやすいそうです。

収入が不安定なバツイチ男性は趣味トークを避けて

収入が少ないバツイチ男性は例外です。モテるどころか「趣味にお金を使いすぎて家庭にお金を入れなかったから離婚したのでは?」と思われ、計画性がないというマイナスイメージがついてしまいます。

モテるバツイチの秘訣

サポートしてあげたいと思わせる「ぬけ感」が必須!

バツイチさんは大人っぽい落ち着いた印象をもたれやすいですが、それだけではなかなか恋愛に発展しません。相談しやすい人、良い人止まりで終わってしまいます。

趣味をキラキラした目で語る、相手の良いと思ったところを真っすぐに褒めるなど、少しだけ子どもっぽい一面を出してみてください。第一印象の落ち着いた雰囲気とのギャップで、きっと相手をノックアウトできるはずです。

モテないバツイチの特徴

同じバツイチでも、合コンでドン引かれてしまうバツイチがいます。特徴をまとめているので、当てはまるかどうか確認してみてください。

  • 経験人数を自慢する
  • 定職についていない
  • モテ武勇伝を語りはじめる
  • 下ネタを連発する
  • 元嫁・元旦那をディスる

下品な発言がバツイチ男女の株を下げる理由

上記の特徴は独身の人がやっても嫌がられるポイントですが、バツイチだと「だから別れたんだろうな」と思われてしまうため、よりアウトです。ちょっとやそっとのことでは消えないマイナスイメージをもたれてしまいます。

今回ご紹介したモテるバツイチの秘訣を踏まえて、新たな出会いを見つけてみてください。

コメントを残す