幸せなクリスマスを過ごすために

街コンレポート_2匹のテディベアの間にハートが置かれている

「クリスマスは誰にでも平等に訪れるのに、メリークリスマス!って言いたくなるハッピーなクリスマスは人を選んでやって来るのよね…」

「去年のクリスマスは…、ああ、無理やりシフト入れられて店に立ってたな…。バカップル眺めながら平気なふりするのに必死だったわ」

「今年はカモフラージュに結婚指輪でも用意しようか」

ちょっと待ってください、まだ嘆くのは早すぎます!クリスマスの前に思い出してください、世の中にある出会いの場所を…。

ご縁を結べる出会いの場

彼とのご縁を結べる場所はいろいろあります。

  • 職場や学校、友人の紹介、趣味の集まり
    多少なりとも見知った人がいるので安心です。知りすぎてて新鮮味がなく発展しにくいデメリットはありますね。
  • マッチングアプリや街コン、婚活系イベント
    信頼できるかどうかが大事なポイントです。マッチングアプリだと「加工しすぎ!」なプロフィール写真やひどいときは偽名など、信頼性は低いと言えます。街コンや婚活系イベントは実物に会える場所なので、安心して参加できますよ。

どうしてクリスマスには彼氏がほしくなるんだろう?

イベントを意識しちゃうのは世界共通

クリスマスやバレンタイン、バケーションなど、イベントごとにパートナーの有無が気になるのは世界共通です。クリスマスだと、日本を含めたアジア圏は恋人優先が当たり前な感はあります。家族で過ごす大切な日と捉える国でも恋人を連れて集まるケースもスタンダード。ホーリーナイトは愛する人と過ごしたいと思う人が多く、1人で過ごしたいと思うのは少数派と言えるかもしれません。

周りが幸せオーラを出すので否が応でも焦ってしまう

自分では平気だと思っていても、やっぱり彼氏がほしい!と叫びたくなるシチュエーションがあります。

  • クリスマスカードと年賀状に漂う幸せオーラはダメージ大
    ほとんどメールやLINEで済ませる年末年始の挨拶。新婚家庭や子どもが産まれた家族は原点に戻るらしいです。中にはクリスマスカードと年賀状を合体させる強者もいて、ツリーかと思えば家族写真。不意を突かれるので脇腹えぐりこまれるようなダメージがあります。
  • イベント後が寂しくて仕方なし
    お月見とかハロウィンとか、クリスマス前にはなぜかパーティーイベントが盛りだくさん。楽しいのは楽しいですね。気の早いところなら11月からクリスマスイルミネーションがスタート。きれいな夜道を歩くのもかなり気が浮かれてしまいます。だからこそ現実に戻ったときの落ち込み具合は半端ないです。そばに彼氏がいたら…、「楽しかったね!」と言える相手がいたらどんなに幸せでしょう。
  • シングル=欠陥品みたいに思えて仕方ない
    「もちろんわかっていますよ、独り者だからといって誰も欠陥品扱いしていないってことは。でもね、世の中にあふれる番い(つがい)の群れに、なぜ私は入れないのか?って考えると、なにかしら欠陥があるのではって…」切実すぎる声です。他人が普通に出来ている(と思われる)ことが出来ない自分に、不甲斐なさを感じてしまうのかもしれませんね。

秋から冬にかけて、日本中、いえ世界中がパートナーがほしくなるシチュエーションだらけなのです。

幸せになる準備はできていますか?

クリスマスに向けて幸せをゲットするには準備が必要です。

身体のお手入れ

夏のダメージがすぐ消えるのは20代まで

日焼け対策・冷房の乾燥対策をばっちりやってても、ちょっとした隙にダメージを受けてしまうのは仕方ありません。ちゃんとアフターケアをするのが大事なのです。20代までならリカバリー力がまだあるので、シミの心配なんてまだまだ先。だけど30代は違います。なんとなく白に戻っていっても、どことなく疲れた肌になっています。

白く艶やかプルプル肌を取り戻せ!

新陳代謝は自分が思う以上に早いスピードで落ちています。それを補うのが基礎化粧品です。ちゃんと年齢相応のものを使っていますか?上級者は自分の年齢にプラス5~10歳上の世代におすすめの化粧品を使っています。もちろん値段も張りますが、自分を大切にしたいならそこは工夫していくべきです。自分の身体を過信せず、白く艶やかプルプル肌を取り戻しましょう!

街コンレポート_洗顔している女性

心のお手入れ

男を見る目が腐ってませんか?

まさか未だに男性に対するチェック基準みたいなもので判断していませんよね?優しいとかオシャレとか大企業に勤めているとか、自分に当てはめられたらショックな基準値持っていませんよね?

もしまだ持っているのであれば、それは「男を見る目が腐っているから基準をクリアすればOK」にする短絡的思考になっている可能性大!優しさもオシャレ度合いも勤めている会社も、全て一過性のもので永遠に続くとは限らないもの。もっと長い目で見るべきポイントがありますよ。

↓↓↓こちらの記事では、男を見る目がない女性の特徴をまとめてみました↓↓↓
あなたは大丈夫?男を見る目がない女性の特徴とは

ささくれだった心に潤いを

そりゃ無関心より優しい方がいい、ダサいよりカッコいいほうがいい、収入もある方がいい。否定はしません。なぜより良い条件を相手に求めるのでしょうか?それは「自分では補えない部分を補うため」という心理が働いているからです。

  • 他人からの愛情が足りない人は優しくしてほしい
  • 自分はキレイになれないと思う人は美醜にこだわる
  • これ以上頑張りたくない人は誰かに頼りたい

頑張りすぎて、無理し過ぎて、心にささくれができてしまったから、そこをカバーするために「最低条件」をセッティングしてしまうのです。今こそ、そのささくれを治すときですよ。

環境のお手入れ

腫れ物に触るような扱いをされていませんか?

若いうちは「早く結婚しろ」「相手を紹介するぞ」など押し売りのような言葉を浴びせられてた人も、年齢を重ねると「結婚」が禁句だと思われがちです。ひどい場合だと自分だけお祝いの席に呼ばれないとか、呼ばれても上司と一緒のテーブルとか、もはや隔離政策です。

紹介したくなる関係作り

結婚や彼氏がNGワードになって縁遠くなっているのを感じたら、自分から飛び込むことが大事です。「お付き合いしてた方と別れちゃって…」と、まだ前向きであることをアピールしましょう。「もう彼氏がいない歴二桁でーす!」はナシですよ。ちゃんとコミュニケーションがとれる人間だと思われるように仕向けるべし!です。

素敵なご縁の結び方~シチュエーション別対策法~

準備ができたら次は行動です!

職場や友達、親の紹介(お見合い含む)

知人を介して紹介してもらうのは、いろいろな意味で安心感があります。「下手な人は紹介しないでしょ」と、紹介してもらう相手より仲介してくれる人への信用でスタート。本格的なお付き合いが始まっても何か心配な点が出てきたら仲介人に相談できるのもメリットですね。

ただし、その仲介してくれる人に失礼にならないよう考慮する必要があります。事前に「お付き合いに発展するかわかりませんが、それでも良ければご紹介ください」と念を押しましょう。そうすれば、もし相手と相性が合わなくて破談となっても紹介してくれた人の心理的負担が軽くなります。「ぜひ良い人紹介してください!」とお願いして紹介してもらったのに破談だと「良いやつだと思ったんだけどな~、ごめんね~。」と、罪悪感を感じさせてしまう可能性があります。1度ダメでもまた紹介してもらえるように、心配りは大切です。

マッチングアプリ

スマホでお手軽に出会えるマッチングアプリは、忙しい人にもトライしやすい出会いの場です。年齢層や趣味でヒットするアプリ、結婚への本気度、スペック、エリアなど、自分にあったアプリを利用すれば、より相性の良い出会いをゲットできそうです。

気をつけたいのが「出会いがバーチャルでスタートすること」を忘れがちな点です。相手の人となりを「本人が登録した情報」をもとに判断しないといけません。「何年前のプロフ画像?」「髪型とかオシャレだけどナルシストじゃん」「会社はもうすぐ退職予定で自営するってどうなのよ?」と、前情報とのギャップに恐れおののく事態もよくある話。そもそもバーチャルで始まるので、どこまで信用できるかは会ってみないとわかりません。

マッチングアプリは便利な出会いの場。本気で付き合える人なのかは自分で確かめるのが基本です。だから男を見る目が腐ったままで会うのは危険。ニュートラルな状態で利用するのが良いでしょう。

街コンや婚活パーティー

大人数で集まるのが街コンや婚活パーティー。話下手だからいきなり1対1で会うのはちょっと、という人でも安心です。

街コンだと集まるテーマが決まっています。たとえば趣味コン。スポーツイベントやゲームイベント、水族館・動物園、美術館・博物館など、テーマに沿って会話が盛り上がるので、相手がどんな人なのかを知ることも出来ますよ。「別の街コンで会ったことがある」というシチュエーションすら、趣味が合う証拠かも?!

婚活パーティーなら会話がスムーズに進むように趣味や職業などの情報が事前に渡されたり、ゲーム式で進んだりとたくさんの工夫がなされています。ほとんどの場合司会がいるので、スタッフが盛り上げてくれる雰囲気に乗って会話していくとかなり良い感じで過ごせそうです。

難点は同じメンバーに合う可能性があること。別のコンパで会った人とまたダブったシチュエーションは、いたたまれないものがありますね。ところが街コンや婚活パーティーには、友達と参加するという技が使えます。1人ではいたたまれなくても友達とならさらっと流せるので、チャンスを逃がしにくい出会いの場と言えます。

クリスマスありきで彼氏を選んだ結果

イベント終了後に残念ながら別れてしまった人の声を集めてみました。

一時しのぎだったのですぐ別れた系

  • 自分も相手も世間体を気にして相手を探していたのは事実。もし相性良ければ続けようぐらいの感覚だったから別にいい。
  • プレゼントがしょぼかったから

だんだん魅力的に思えなくなってきた

  • イベントが終わって気張る必要がなくなったらただのおっさんにしか見えなくなった
  • 食べる音や仕草すら冷める原因になるほど、イベントと日常のギャップが激しかった

クリスマスだけじゃなくて、いつだって彼氏がほしいのに

  • ずっと一緒にいられる人と出会いたいけど、何かのイベント前に付き合いが始まるってソレ目的だから本気が感じられない
  • クリぼっちが嫌だから声かけてきたんだろうなって、思いながら付き合ったら案の定だった

クリスマス後に別れてしまうのは、どちらも打算的に付き合うから。「打算じゃない本気の出会いがほしい!」心から叫びたいです。もうこの際叫んじゃえ!!

まとめ

クリスマスを前に彼氏がほしいをテーマに書き始めましたが、やはり感じるのは「クリスマスだから」ではなく、いつだって素敵な出会いがほしいってこと。だけど何となくほしいと思うだけだと、いつの間にか時が過ぎ、あっという間に○○歳、なんてことになりかねません。

たとえ世間が「クリスマス目当て」みたいな見方をしているとしても、そんなの自分の人生には関係のない話です。素敵な彼氏を見つける目的を達成するために、クリスマスを目標にするのは全然悪いことではありません。クリスマスをデッドラインに自分磨きを加速すれば、何もしない今よりもはるかに素敵な出会いが近づいてきます!

泣きたくなるほど幸せなクリスマスを過ごすために、今から動きましょう!

コメントを残す