「不倫辞めたい」を「辞めました」にする方法

街コンレポート_女性が海辺で落ち込んでいます

本気で不倫を辞めたいのに辞められない。気持ちが落ち着いてこのまま離れられそうだと思っても、連絡があるとついつい会ってしまう。そんな女性に向け、不倫を辞めるために必要な情報をまとめています。不倫のリスクを頭ではわかっているのに辞められない。もう苦しい思いはしたくない。そう思っている女性のお役に立てば幸いです。

目次

不倫は辞めたいと思っても辞められないもの

どんなに頭で世間的にいけないことだとわかっていても、未来がないとわかっていても、不倫に終止符をうつのは難しいものです。不倫を辞めるには、あなたがなぜ既婚男性に恋をしているのか、どうして酷いことをされても嫌いになれないのかを把握する必要があります。

不倫関係にハマりやすい女性の特徴

甘えられるのが好き

不倫関係にハマりやすいのは甘えられるのが好きな女性です。既婚男性は家庭を守るため、子どもたちの前でかっこいい父親でいるために気を張っています。そのぶん、不倫相手の女性の前では独身男性以上に甘える傾向が強いのです。普段はしっかりしていて大人な彼が自分にだけ子どものような一面を見せてくれる。見栄を張らず私だけに本音を言ってくれる。甘えられるのに弱い女性は、どうしてもグッときてしまいます。

わがままを言えない

日刊SPAが不倫経験をもつ25歳から45歳の女性に行ったアンケートでは、1000人中512人が長女だと回答。長女はその家庭にとって始めての子どもですから、親が厳しめに子育てをする傾向があります。また、「お姉ちゃんなんだから」という魔法の言葉で我慢を強いられてきた場合、親元を離れてもわがままを言えない女性が多いのです。どうやってわがままを言えばいいのかわからない。私が我慢して済むならそれでいい。そう思って関係に終止符を打てずにいませんか?

父親に思うところがある

幼い頃に両親が別れてしまった。父親があまり家にいなかった。家にいるけれどあまり会話をしなかった。そんな経験はありませんか?人は大人になると子どもの頃にできなかった経験を無意識に求めてしまうもの。本当はもっと父親に甘えたかった、ムカついていて文句を言いたかったなど、父親にできなかった欲求をさせてくれるのが既婚男性です。とくに子どものいる既婚男性は、無意識にあなたの心の奥底にある欲求を満たしてくれます。帰りが遅くなったら心配してくれたり、抱きしめてくれたり、いろんなところに連れて行ってくれたり、ご褒美を買ってくれたり。これが、不倫関係から抜け出せなくなってしまう理由の1つです。

自分に自信がない

恋愛経験が少なくて自分に自信がもてない女性。押しに弱くて流れでセフレになってしまったり、付き合ってもフラれたり浮気されたりすることが多い女性は不倫関係にハマりやすい傾向があります。

既婚男性は世間一般でいう「成功している男性」です。お金をもっていて、ある程度の役職についていて、家庭を築いていて、中には子どもがいる既婚男性もいるでしょう。そんな「成功している男性」が一時的であれ、大切な家庭ではなくあなたのもとに駆けつけてくれる。わざわざ時間をつくり、奥さんではなくあなたに愛をささやいてくれる。自信のない女性は、それだけで肯定されているような気持ちになり、手離せなくなってしまうのです。

根が真面目で影響を受けやすい

値が真面目で素直な女性ほど不倫にハマりやすい傾向があります。これは、不倫関係のある女性1000人のうち512人が長女だというデータにも少しつながる内容です。長女はその家庭にとって初めての子どもですから、親の不安や期待に応えようと物わかり良く頑張ってきたタイプが多め。しかし、その反動から、親元を離れるとハメを外しやすいのです。

すべての長女が…というわけではありませんが、夜遊び、ワンナイト、そして浮気や不倫など、今までの時間を埋めるようにハメを外してしまう傾向があります。そして、根が素直なぶん、ハメを外した中で関わった人たちの「正論」を吸収しがちに。

たまたま好きになった人が既婚者だっただけ。お互いに理解していれば浮気も不倫も悪いことじゃない。奥さんがいたって私たちにしかわからない愛の形がある。そんな言葉を聞いて、「そうだよな」と物わかりの良い女になっていませんか?

人の感情に敏感で臆病

不倫からなかなか抜け出せないのは、「本当はこうするのが正しい」という考えが何度も頭をよぎっているのに、正しい態度を取るのがこわい女性。人の感情に敏感で臆病な女性ほど、関係を切られてしまうかもしれない、傷つけるかもしれない、怒らせてしまうかもしれないと怯え、どうすればいいのかわからなくなり、動けなくなってしまうものです。

不倫男の中毒性は薬物と一緒

最近だとドラマ「凪のお暇」にて、誰とでも寝る男ゴンさんに惚れた凪に対して「用法用量守って付き合えば…」なんてセリフがありましたね。まさにその通りで、浮気や不倫関係は薬物と同じで人の心を壊します。

不倫はあなたに一時的な幸福感や安心感、刺激や快楽を与えてくれるでしょう。しかし、それらに対する代償は大きく、ハマればハマるほど身体と心がボロボロになります。中毒性で言えば薬物と同じで、いくら辞めようと思っても、周りに忠告されても、一度始めたらそう簡単には辞められません。

街コンレポート_男女が向き合っています

本当に不倫を辞めるために必要な3つのこと

不倫を辞めるには、不倫相手のいない生活に慣れるまで自己コントロールを継続する必要があります。これは、薬物やギャンブルなどの依存症治療と同じで、ただ決意しただけでは辞められません。完全に辞めるために「手に入らない環境」を意図的につくるしかないのです。

「手に入らない環境」づくりに有効な方法をいくつかご紹介します。

1.連絡先を消す

不倫を辞めるために絶対に必要な第一歩です。大好きな相手ですから、自分の手で消すのは難しいでしょう。そんな時は家族や友達を頼ってください。経緯を話す必要はありません。「前に進みたいけれど踏み切れないから、力をかしてほしい」と伝えれば、根掘り葉掘り聞かれることなく協力してもらえます。

連絡手段がなくなれば、少なくとも相手から連絡がくるたび心をかき乱されることがなくなります。冷静になる時間が増え、少しずつ前に進めるようになります。

2.あなたの欲求を満たしてくれる独身男性を探す

連絡を断つとどうしても不倫男との甘い日々を思い出してしまうもの。彼の前でだけはわがままを言って甘えられた。刺激を感じられた。甘えてもらうのが幸せだった。そう思うのも仕方ありません。

そんな時こそ、彼の穴を埋めてくれる独身男性を探しましょう。年上で普段はしっかりしている人。末っ子ならプライベートで甘え上手な可能性が高いです。バツイチ男性なら父性もあり、不倫男よりも安心できる存在になるかもしれません。出会う方法は何でも構いませんが、新しく出会った男性が結婚していることを隠していた…なんて事態だけは避けたいところ。その点を踏まえると、きちんと身元がわかる人が参加している街コンや婚活パーティー、友達の紹介などで相手を探すのがおすすめです。

3.不倫を辞めたい女性とタッグを組む

不倫を本気で辞めたいと思っていても、不倫は中毒性のあるものですから自己コントロールするのに限界があります。禁断症状が出て会いたくなったとき、止めてくれる人がいないとまた戻ってしまう可能性大。そうならないよう、同じように不倫を本気で辞めたいと思っている仲間を見つけることをおすすめします。

幸い、今はSNSで簡単に同じ境遇の仲間を見つけられます。あなたと同じように本気で辞めたいと思っている女性を見つけてタッグを組み、お互いの不倫相手のLINEをブロックしたり、一緒に合コンや街コンに参加して「どっちのほうが不倫男よりもイイ男を見つけられるか」を勝負したり…それって不倫で苦しんでいる今の状況よりすごく楽しいと思いませんか?

一人で彼の甘い言葉を振り切って忘れようとするのは難しいですが、同じ境遇の仲間と「絶対に忘れてやる!!」と強気になれば、きっと笑顔で次の道に進めます。

↓↓↓まずは自分に自信をつけましょう。こちらで「自信のある女性になるため」の記事をご用意しました↓↓↓
モテる女の代表!「自信のある女性」になるには

コメントを残す