30代になってもモテる女性の特徴

街コンレポート_海辺で寄り添ってシャンパンを飲んでいるカップル

30代にもなると20代の頃に比べて女性としての魅力がなくなり、どんどん老けていくばかり・・・。そんな中、30代を過ぎてもモテる女性はたくさんいます。「30代になってからモテるようになった」という30代女性も少なくありません。30代になってもモテる女性の共通点は何なのか。ここでは、30代でモテる女性の特徴について紹介しています。

モテる30代女性の特徴

外見に気を遣っている

30代になると、どうしても体力的な衰えは出てきます。モテている30代女性はその現実をしっかりと受け止めた上で、毎日の肌のケアやメイクといったお手入れを怠りません。若い頃よりも外見に気を遣っているのです。服装にも気を遣うのが大切で、20代の頃までは好きな格好をしても許されてきましたが、30代では自分に合った綺麗で清潔感のある服装が求められます。流行りのファッションを真似するよりも、ベーシックな服を着こなすほうがポイントは高いと言えるでしょう。

30代という年代に合わせて、肌を綺麗に保ったり見た目の清潔感を出したりすることがとても重要なのです。

包容力がある

30代女性はさまざまな経験をしているからこそ、「許せること」が増えているはずです。モテる30代女性には落ち着きがあり、男性を包み込むような優しさを持っています。小さな事では怒らない、イライラしないといった相手を思いやる言動ができる女性は、男性に「包容力があって素敵な女性だな」と感じさせられるのです。

男心を理解し、ありのままの男性らしさを受け入れてくれる女性は男性にとって魅力的に映ります。しっかりしている男性でも、時には女性に甘えたいという人は少なくありません。そんな男性にとって、包容力があって一緒にいて安心できる女性が求められるのです。

女性らしさと色気がある

30代女性の1番の武器が大人の色気です。20代の頃だと露出度の高い服を着るだけで、目に見えてわかりやすい色気を出すことができました。しかし、30代になってくるとその色気が出にくくなります。腕や脚、胸元などを露出するのに抵抗が出てきたという女性もいるでしょう。しかし、若い女性が出すことのできない本当の色気を持っているのが、30代女性なのです。

モテる30代女性が持っている色気は、仕草や表情・言葉遣い・服装から出るもの。丁寧で綺麗な振る舞いの女性を見て、色気を感じる男性は多いのではないでしょうか。ここで言う色気というのは性的な魅力ではなく、あくまで上品に振る舞うアラサー女性の色気のことです。見た目の色気よりも、内面から溢れる色気のほうが魅力的に感じる男性はたくさんいます。

自分をしっかり持っている

他人の言葉や態度にすぐ影響されず、自分の意志をしっかり持っている芯の強さがある30代女性はモテます。自分の価値観や自分らしさが分かってくると、それが魅力に変わるのです。20代の頃は周りに同調したり流行り乗っかったりしていた女性でも、自分をしっかり持つことで雰囲気が変わってきます。

また、自分の意志をしっかり持っている女性はデートでも引っ張っていく力があり、そういった姉御肌の性格が好きな男性も多いのです。

ストレスを溜め込まない

女性同士の人間関係や、鬱陶しい上司との付き合いなどで日々ストレスは溜まるものです。そのストレスが原因で、美容や体調に悪影響を及ぼす場合も。30代にとって、ストレスを溜め込まずに発散すことはとても大切です。ストレスを溜め込んでいる表情は、なんだかいつも怖い顔に見えたりあまり笑わない印象を与えたりして、話しかけようと思いません。モテる30代女性はいつも笑顔で、話しかけられやすい雰囲気をつくっているのです。

時には人に頼ったり甘えてみたりしてストレスを溜め込まず、自然体でいれることが大切。ストレスを溜め込まない女性は、自分自身を上手にコントロールしている証拠になります。

モテない30代女性の特徴

「私なんて」が口癖

日本人女性は謙虚さや奥ゆかしさが魅力のひとつです。しかし、「私なんて…」が口癖の30代女性は、ひがみや妬みに見えてしまう危険があります。

例えば「素敵なバッグですね。私のなんて安物です」「英語が話せて良いですね。私なんてまったく話せません」と言うと、自分では謙虚なつもりでも相手にはひがみに見られているかもしれません。

いつも疲れて見える

30代にもなると仕事量が増え、責任も重くなってくる年代でしょう。気を張って頑張っていると、ふと鏡を見たときに自分の顔が疲れて見えるといった女性は少なくありません。20代の頃は夜遅くまで仕事ができたり、友達と朝まで遊んだりできたものです。

しかし、30代は疲労が見た目に出やすくなります。化粧をばっちりしていても、疲れた顔はまるでおばさんです。見た目がおばさんだとモテるのはなかなか難しいでしょう。

教養がない

20代の頃のように「え~わかんない」と知らないことばかりだと、男性が求める大人な女性にはなれません。30代で教養が感じられない話し方をしていると、男性から「一緒にいても楽しくない女性」と思われてしまう可能性があります。また、公共の場でメイクをしたり何でも燃えないゴミに分別したりといった、マナーが身に付いていない女性も不名誉なレッテルを貼られてしまうので注意が必要です。

言葉遣いが汚い

言葉遣いが汚い30代女性は男性から幻滅されます。ご飯のことを「飯(めし)」と言ったり、美味しいを「うまい」と言ったり、まるで男性が使うような言葉はNG。無意識に使っている言葉で損をしている30代女性は数多くいます。

また、若者が使うような言葉も避けたほうが無難です。以前流行った「きゃわたん(かわいい)」「つらたん(辛い)」といった言葉は10代の女の子が使うと可愛くて問題ないのですが、大人の女性には似合いません。美しくて柔らかい言葉を選ぶようにしましょう。

30代でモテ期を呼びよせる方法

彼氏がいないことをアピールする

「30代で彼氏がいない…」と悲観的になるのではなく、むしろその事実はアピール材料になります。男性は30代の女性を見た場合、結婚しているか彼氏がいると勝手にイメージする方がほとんど。そのため、30代女性と出会っても恋愛対象とならないケースが多いのです。

彼氏がいない事実をアピールすることで、男性もその女性を恋愛対象として考えるようになります。

自分磨きを怠らない

10代や20代は若さという武器があるので、その年代でかわいいのはそれほど魅力にはなりません。正直、10~20代でかわいい女性は腐るほどいるのです。しかし、30代になると肌が衰えていくので、かわいければ同じ年代の女性たちに差をつけることができます。かわいい芸能人の年齢が30代だったという事実に、驚いた経験がある人は多いことでしょう。つまり、30代の女性でかわいいのはそれほどインパクトがあるのです。

自分磨きを怠らずに見た目が綺麗な自分を維持できれば、周りの男性から驚かれる魅力が手に入ります。

結婚に焦っていない

男性側からすると、30代女性と付き合う上で気になるのが結婚です。30代女性は年齢的に結婚を考えているのは明白なので、男性は「とりあえず付き合ってみよう」という気持ちになりません。そのため、結婚に焦っている女性にアプローチしてくるのは、結婚に焦っている男性になります。

つまり、結婚に焦ることでアプローチしてくる男性を限定しているのです。

まとめ

いかがでしたか?

モテる女性の特徴やモテを呼び寄せる方法をしっかりと理解して行動することで、グッと魅力的な大人の女性に映るはず。小さなことからコツコツと、是非実践してみてください!

 

自分を磨いて、街コンに参加してみようという方はこちらから!

コメントを残す