30代のイタイ若作りから脱出!大作戦

街コンレポート_女性2人が洋服を選んでいます

女性ならいつまでも若々しく見られたいもの。
けれど「若作りしすぎ」「痛々しい」とは、全く知らない他人であっても絶対に思われたくありません。
どこからが若作りのしすぎなのか、具体的な例をファッション・ヘアメイク・行動に分けてまとめてみました。
ファッションやヘアメイクに自信がない人は、例と一緒に自分のスタイルを振り返ってみましょう。

ファッション編

まずはファッション編。
「ファッションは、着飾るものではない。着る物を選ぶということは、自分の生き方を選ぶことだ(ココ・シャネル)」という格言もあります。
ファッションはその人のライフスタイルまで現れるので、一番始めにチェックしておきたいポイントです。

ミニスカートでがっつり脚出し

30代を過ぎて、太ももから15cmの脚出しファッションは痛々しさの象徴ともいえるファッションです。
絶えまぬ努力で美脚を保っているとしても、みずみずしい20代や10代の足と比べるとかさつきやたるみが見え隠れ。
もうその脚出し、価値ありませんよ。

フリルやリボン、かわいいファッション

10代・20代の頃はお姫様気分で着れていたリボンやフリルもアラサーになると、いつまでお姫様気分ですか?と疑惑の眼で見られるはめに…。
いつまでも可愛らしい服装でいたいのは、女性なら分かります。ただ、男性から見ると隣は絶対歩きたくない対象です。

プチプラファッション

良い年齢になっても、安さ重視のファッションをしていませんか?
お金がない20代であれば、Honeysやearth music&ecologyをヘビロテしていても問題ありません。
けれど、社会人になって数年立つのであれば、お金を稼ぐにも慣れたはず。そろそろプチプラを卒業して大人の女性向けブランドに一転しましょう。
街を歩くピチピチギャルと服装が被ってしまった!なんてことになれば、辛い想いをするのはあなたです。

過度な露出ファッション

下着が見えそうなくらいの過度な露出は、若者でも怪訝な目で見られます。
それがもし30代であれば、もう大変。見苦しい意外の何物でもありません。
大人の女性にランクアップするなら、露出で色気を表すのではなく、仕草やスマートな対応で色気を感じさせましょう。

キャラクターもの

ディズニーやサンリオなど、可愛らしいキャラクターが大好き!服装だってそのキャラ物を着ていたい。という人もいるはず。
もちろん、我が道を行くなら止めはしません。好きに生きましょう。
けれど、大人の女性になりたい、30代を歩む前に痛々しい目で見られない服装を知りたい。と思うのであれば、話は別です。
キャラクター入りの服装は、子供っぽさを象徴するファッション。大人になるために、是非一度断捨離を。

オシャレは上級者ほど引き算が上手です。
キャラクターが1つあるだけで、普通の服が何重にも足し算された状態になるため、服装だけでもキャラクターとサヨナラしてみては。

ヘアメイク編

次はヘアメイク。
人の第一印象の70%は髪型で決まるともいいます。
金髪の人を見ると、金髪の人で覚えたり、アフロの人はその髪型をあだ名として読んだりする経験は誰にでもあるはず。
そのくらい第一印象に影響するヘアメイクなので、痛々しく見られたくない人は要チェックです。

アイドル系のヘアスタイル

30代にもなって、ツインテールなんてされたら周りはどよめきます。
可愛いから、憧れているからと言って、なんでもかんでも真似するものではありません。
テレビに映るアイドルは2.5次元だからこそ許されるのであって、現実の3次元に生きる人にとってはツインテールなんて非日常の世界です。
ハロウィンや仮装パーティーといったイベントでもない限りは、日常的な髪型を意識するようにしましょう。
ちなみに、ぱっつん前髪、立て巻きロール、オン眉前髪もその1種なのでご注意を。

街コンレポート_メイク道具

かなり昔に流行った感じのメイク方法

メイクにもファッションと同様に流行があります。
細眉から太眉へ、薄付きピンクからマットな赤リップへ。この時代の波に十年近く遅れてしまうと、もはや太古の化粧と変わりません。
タイムスリップして来たのですか?と思われるような、時代錯誤なヘアメイクは時代を分かっていない痛い若作りと思われるでしょう。
むしろスッピンのほうが、好印象を持たれるかもしれません。

過剰なつけま

過剰なつけまつげはもはや昔の流行。いまはナチュラルが流行りの時代です。
30代を迎えてもまつ毛をバシバシにつけるのは、可愛く見られるために頑張っているようで、見苦しさを感じるとか。
本人はこれまでの習慣として付けているかもしれませんが、周りから見ると30歳のつけまつげは違和感の塊なのです。
まつエクやまつ毛パーマ、カラコンも同じ印象を与えるので出来るだけ避けるようにしましょう。

行動編

痛々しい若作りは行動や口調にも現れます。こんな行動をしていないか振り返ってみましょう。

ぶりっこアピール or 無邪気アピール

「これかわいい~~!好き~~~!」「わーい!これ行きたかったんですぅ~ワクワク!」といったアピールは20代でも痛々しい行動。なんでもかんでも可愛いとテンションを上げるたびに、周りは冷ややかな目で見ているかも。ぶりっこが20代で身につけた処世術だったとしても、30歳を迎えたら別のスキルに乗り換えていきましょう。

SNSに自撮りアップしまくり

インスタやTwitterで、自撮りや胸チラ・脚チラ自撮りをアップしまくるのはプライベートが満たされていない証拠。現実世界で満たされていない分、SNSのいいねの数で自己顕示欲を満たしているんだな~とあなたのことを知っているフォロワーは思っているかも。
SNSの自撮りをするのは学生や20代まで。30代からは家庭を持ったり、仕事が認められたりと、SNSでいいねをもらわなくても実りある生活で満たされているものです。SNSが仕事につながる芸能人や自営業を行っている人ならまだしも、自撮りばかりを乗せるアカウントには痛々しさを感じてしまいます。
フォロワーの人も憧れているとコメント欄には書きつつ、別アカウントであなたを笑い者にしているのかも?

一人称が自分の名前

「○○はこれにする~」と、自分のことを名前で呼ぶのは小学生まで。社会に出ている普通の大人の口調ではまずありえません。そのため、違和感を覚えて幼いアピールをしている、かわい子ぶっていると思われてしまいます。
名前呼びは小さい頃は仕方ありません。幼いころは親から○○ちゃん、○○と名前で呼ばれるため、○○と親の真似をして自分のことも呼ぶでしょう。しかし、成長するにつれて一人称を覚え、あたし・ウチ・自分・私と変化していくものです。社会に出れば、基本的には私と使います。それが、いきなり小学生のように○○は~と、自分のことを名前で呼ぶと違和感を覚えるものです。

流行り言葉や口調を真似する

「草生えるww」「マジ卍」と2チャンネル用語や若者言葉を使っているのを本物の若者から見ると、頑張っている感が痛くみえることも。
大人らしい振る舞いが出来ない女性は、子どもおばさんと揶揄される対象になってしまいます。
若者言葉は卒業し、SNSやテレビばかりでなく本やニュースなどから、大人の口調を嗜んでいきましょう。

イタイ!から脱出するには?

若作りしすぎて痛々しい…と思われないためには、2つの道があります。

年相応のファッションを学ぶこと。
自分スタイルを作ること。

手っ取り早いのは年相応のファッションを学ぶことでしょう。
Twitterやインスタを使って、ファッションのお手本となる人を見つけて学んでいくのもあり。
同年代向けのファッション雑誌を購入して一から学び直すのもありです。

難しいのは自分スタイルを作ること。
自分にぴったりのスタイルがあれば、それはダサくも痛々しくも見られません。

緑が好きだから靴やかばんはいつでも緑に統一している。
肌が小麦色でサーフ系ファッションが似合うから、アクセサリーも海をモチーフにしたものに合わせる。
そういった自分に合っているものを理解している人は、無理に流行を追わなくてもその人らしいオシャレがにじみ出るもの。

アラサーを迎えるならこれを機に、自分に似合うファッションやスタイルを探してみても良いかもしれませんね。

コメントを残す