街コンは2回目のデートが重要!必ず勝つためのポイントとは

街コンレポート_海辺のベンチで飲み物を飲みながら話しているカップル

初デートを乗り越えた後、2回目のデートにつなげられた!ここまできたら、街コンでの勝利はもう目の前です。しかしデートに対するハードルが下がっている分、失敗も多いのが2回目のデートの恐ろしいところ。女性の口コミを参考にしながら、2回目のデートを成功させるために必要なポイントを見ていきましょう。

賛否両論!街コンで出会った男性と、2回目のデートを経験した女性の口コミ

  • 街コンイベントで出会った男性と、何度かデートを重ねた末に付き合いました。海沿いのカフェに行ったり、砂浜を歩いたり、普段体験できないデートでドキドキでしたよ。
  • 気になった男性には私から連絡を取り、個別でデートを重ねました。まだ付き合いには至っていませんが、いずれは告白したいと思います。
  • ディナーデートに誘われました。話が合うし、ご飯もおいしかったのですが…店員さんに対する態度が最悪で。上から目線だし、お釣りの受け取り方も嫌な感じ…そんな一面を目にして、一気に冷めました。
  • 目いっぱいおしゃれして、気になる相手と2回目のデート。こっちはヒールをはいているのに、相手の歩くスピードが早くてウンザリしました!思いやりを感じられなかったです。

1度デートに誘えても、街コンで勝ったことにはならない

自信過剰にならない

「1回デートに成功しているんだから、次のデートもきっと大丈夫!」と思っている方は多いのではないでしょうか。相手の反応が良く、次に誘える雰囲気があっても油断は禁物です。1人で盛り上がっていると、相手との気持ちのすれ違いが起きる原因に。関門をクリアした喜びをぐっとこらえ、2度目の成功に向けて気持ちを切り替えましょう。

女性は警戒心が強いことを理解する

女性にとって、1回目のデート後から2回目のデートまでの時間は、はっきりいって「品定め」の段階。相手はあなたの振る舞いや細かい所作などから、あなたという人を細かくチェックしています。勢い余って的外れな行動をとると、せっかく積み上げた好感度も地に落ちてしまいますよ。

2回目のデートこそ、お互いにとって重要な時間

あなたを信用して承諾したからこそ、相手もあなたに気があることはほぼ間違いないでしょう。しかし、このデートを成功させない限りは、せっかく参加した街コンも水の泡。ここからは2回目のデートで気を付けておきたいポイントを掲載しています。デート本番の前に、しっかりチェックしておきましょう。

ありえない!デート当日のNG行為

遅刻をする

気が緩みすぎて、2回目のデートに遅刻するのは論外です。デート初めの段階で相手に不快感を与えてしまうのでは、デートの成功どころか社会人としての品格を疑われるかもしれません。

なれなれしい態度を取る

ボディタッチをする、なれなれしい態度をとるといった行為はやめましょう。またお店の店員や道中ですれ違う人に対する態度も要注意。普段からタメ口で話す癖がある、感情的になるとすぐ顔に出る、という方は気を付けてください。

以前話した内容や、相手の話を全く覚えていない

前回のデートで話したことを復習せず、同じ内容の話を繰り返すのは「人の話を聞かない不誠実な人」と思われてしまいます。前回のデートで話した内容をしっかり復習し、その内容を深掘りするように話すと好印象です。

夜遅くまで無理やりデートに付き合わせる

2回目のデートは1回目のデートより距離が縮まりやすくなっています。だからといって相手の都合を考えず、夜遅くまで連れ回すのは失礼。多くの女性は付き合う前の段階や過程を重視します。日付の変わらないうちに解散すれば、自分に対して真剣に向き合ってくれる人、という印象を与えられるでしょう。

2回目のデートで知っておきたい4つのポイント

初デートから2、3週間以内に日程をセッティングする

日程は詰め過ぎても空けすぎてもよくありません。相手にとって調整しやすい日程を意識し、次回のデートを提案しましょう。なるべく1ヶ月以内でセッティングすると、お互いに日程を調整しやすく、忘れにくいのでオススメです。

初デートとパターンを変える

初デートがランチや遊園地などの昼デートであれば、2回目のデートはディナーやナイトショーなど、夜にしか楽しめないパターンを選びましょう。初デートでは見せられなかった自分の一面をアピールできます。

相手に対する関心をとことんアピールする

これまでの会話で、相手が話した内容を復習しておきましょう。「そういえばそんなことを言っていましたね」と言い添えることで、相手に関心を持っているというアピールができます。

じっくり話す雰囲気をつくる

2回目のデートは、よりじっくり話せる場所選びがポイントです。開店時間が決まっているお店に入った場合、場所を変えるのもアリ。ムードのあるおしゃれなバーに場所を変えることで、今まで出なかった話題が生まれるかもしれませんよ。

決心がついたら、潔く思いを伝えよう

2回目のデートは、告白のタイミングがちょうどいい

告白までに必要なデートの回数に決まりはありません。ただ、街コンを始め、イベントを通して出会った場合は、長引かせずにきっぱり伝えた方がよいでしょう。唐突すぎず、間延びすることもなく自然な流れで告白できます。

真剣な態度で素直に伝える

2回目デートは、相手をある程度知りつつ、もっと知りたいという段階。そのため、「もっと君のことが知りたい」という気持ちを素直に伝えることが成功の近道です。変に気取らず、自分の思いを伝えることに徹しましょう。しかし、遠回しの表現では伝えたい思いも伝わりません。告白をするうえで何よりも大切なのは真剣さです。心から思っていることを、取り繕わずに伝えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。