どうして女性は「可愛い」をやたら使うのか

街コンレポート_可愛い子ぶって手で口を押えている女性

世の女性は何かと「可愛い」という言葉を使いがちです。赤ちゃん、動物、中にはおじさんを見て可愛いという女性もいます。それは男性には理解が出来ない感情です。
たいして可愛くないものでも、可愛いというその心理はいったいなんなのでしょうか。
謎に迫っていきましょう!!

「可愛い」のイメージの違い

女性が男性に「この子可愛いでしょ?」と見せてくる写真が男性にはピンと来ない、なんてことはよくある事だと思います。それは、そもそも男性の「可愛い」と女性の「可愛い」の価値観の違いからくるのです。
女性は全体的に見たイメージや中身のイメージ、しぐさや動作のイメージといったように、「可愛い」の定義が男性よりはだいぶ広めなのです。
一方男性は、単純で「可愛い」というのは外見そのもの。「可愛い」と言われると真っ先に外見が出てくるのです。ですので、男性にとって、女性の言う「可愛い」とは奥深い境地といえるでしょう。

女性が「可愛い」を伝えてくる心理

男性と一緒に歩いていて、突然女性が「あれ可愛い~」なんて指差すこと、ありますよね。そうやって男性に語りかけてくる心理は一体何でしょうか。
それはだいたいが「可愛いという自分が大好き」というアピールや「自分の事も可愛いと思ってほしい」という、深層心理が隠れているのです。もちろん、純粋な「可愛い」という気持ちも含まれていると思いますが……。
このような時、男性は意味不明であっても、すかさず「確かに、可愛いね」など否定をせずに答えてあげてください。そうすると、女性にも共感の喜びが広がっていくのです。

女性の言う「可愛い」を否定してはいけない理由

素直な男性は、女性の「可愛い」に対して理解が出来ない場合「何が可愛いの?」「どこが可愛いの?」などと女性に問いかけてしまいます。
しかしそんなことを言われた女性は、この人とは合わないかもと感じてしまう可能性があるので要注意。女性の持つ感性に異議を唱えているだけになるのです。
何度もこんな間抜けな疑問を口にしていると、女性と心が通わなくなります。女性の感性に対して何度も「NO!」を突き付けているのと変わりません。女性は男性にも一緒に「可愛い」と言ってもらいたいのです。(女性は共感してもらうのが好きな生き物ですから)
それを拒んでしまうと、女性とのコミュニケーションを取れなくなる可能性が高まるという事を覚悟しておきましょう。
そもそも「可愛い」連発女性のレベルの低い感性に共感する必要などありませんので、お互いさまですね。

女性の「可愛い」の意味は深い

女性から「可愛い」と言われる男性も少なくないと思います。でも男性は女性に「可愛い」と言われてもいい気はしません。馬鹿にされているような、見下されているような、何故かイラッとすることがあると思います。
確かに、女性が「可愛い」という場合は、自分よりも小さい、弱い、守ってあげたくなる対象といったニュアンスが込められていることが多いので、男性そのものに対して言う時は「幼稚でバカっぽい」とさげすむ気持ちで男性を見下している場合と、純粋に可愛らしく感じた、という2通りの意味があるかもしれません。
ハッキリと言えることは、女性が男性に「可愛い」を言うという事は、その男性は恋愛の対象ではないという事です。

可愛いと言われて喜ぶ男性は数少ないとは思いますが、今後女性が何かを見て「可愛い」と発した場合は、「そうだね」と共感してあげてください。女性はただ共感してもらえるだけで嬉しい生き物なのです。

コメントを残す