【男女別】恋愛の駆け引き

街コンレポート_女の子と男の子が糸電話をしている

恋愛の駆け引きテクニックや失敗談、駆け引き上手の特徴などをまとめました。恋愛を成功させるには駆け引きされる側の視点を理解しておくことが大切。自分が駆け引きする側、される側両方の視点に立って読んでみてくださいね。

恋愛の駆け引きとは?

何かを手に入れたい!と感じるのは、それがなかなか手に入らないから。恋愛においても、ずっと自分に夢中な異性より手に入りそうで手に入らない異性の方が気になってしまうものです。

あくまでも“手に入りそうで手に入らない”というのがポイント。完全に手に入らない高嶺の花を演じると、相手はやる気を失い別の花へ移ってしまいます。駆け引きも徐々に近づいていくからこそ意味があります。ここでは、恋愛の駆け引きについて、男女別にまとめました。

目次

女性向け

女性が男性を落とす駆け引き

意中の男性を振り向かせる駆け引きをピックアップ。男性の方も、こんな駆け引きをされたらどう感じるか想像してみましょう。

好意を匂わせる

駆け引きという言葉通り、最初は「駆け」の姿勢から入るのがポイント。まずは自分から好意を匂わせることで、相手に興味を持たせることができます。ただし、「確実に好意を持っている」と思わせてしまってはいけません。「好き」を言葉や態度で直接的に示すのではなく、性格や持ち物、特技など些細なことを褒めることで、彼を少しずつ肯定しましょう。間接的に「あなたに対して好意を持っている」とアピールしつつ、「確信はないけど俺のこと好きなのかも」と彼を悩ませることができるのです。

LINEの主導権を握る

女性の中には、相手からLINEが来るのを待つばかりで受け身になっている方もいるのではないでしょうか?相手からLINEが来た日は嬉しくて、来ない日は気持ちが沈む…。LINEの主導権を握ることで、その気持ちを相手にも感じさせることができるのです。

なんだか一方的な気がして不安になるかもしれませんが、これも駆け引きの「駆け」の段階。いつもLINEが来る人からなかなか返信がこないと、どうしても気になってしまいLINEが来るのを待ってしまいます。待っているだけでは、彼の心を揺さぶることはできません。

他の男性の存在を匂わす

駆け引きの「駆け」が成功して、ある程度打ち解けてきたのに関係が進展しない…。そんなときは、さりげなく他の男性の存在を匂わせてみるのも手です。今まで1対1のやり取りで安心しきっていたところに突如として現れた戦闘力未知数のダークホース。焦らないわけがありません。

ここで気を付けたいのが、あまりダークホースにベタベタしないこと。男性と遊んでばかりいる女性は魅力的どころか引かれてしまいます。”あくまで私の周りには女性もいるし男性もいる”という事を印象づけるだけで、必要以上に嫉妬心を煽ろうとする必要はありません。

連絡頻度を急に下げる

LINEやSNSでの連絡頻度を下げてみるのも、彼の気を引くのに有効です。ただし、それまでのやり取りで充分仲良くなっているのが前提。「駆け」の次の「引き」の段階にあたります。

これまで来ていた連絡が急に来なくなると、寂しいもの。最初こそ「忙しいのかな」と思われるぐらいですが、徐々に不安が募ります。連絡頻度を下げることで、それまでの頻繁なやりとりが”あたりまえ”ではないことに気づかせ、「またあんなやり取りをするにはどうしたら良い?」と考えさせるのが目的。あなたからLINEをしなくても彼からLINEが来るようになったら、彼があなたとの連絡頻度が下がったことを何とかしたいと思っている証拠です。

男性が女性を落とす駆け引き

男性の恋愛の駆け引きも、基本は同じ。「駆け」を経て「引き」に出るのが鉄則です。相手に好意を示せていないうちに「引き」を実践してしまうと、意中の彼女にとって「私に興味がない人、関係のない人」と思われてしまいます。まずはあなたの好意を彼女に認識させることで、気持ちに揺さぶりをかけられるのです。

ちょっと特別扱い

好意を示すのに最も手軽なのが、特定の女性に「ちょっと特別扱い」することです。女性は自分のことを大切にしてくれる男性に弱いもの。別れ際に駅の改札まで送ってあげたり、冷える野外で上着を貸してあげたり他の女性より少しだけ特別扱いすることで、どうしても気になってしまうのです。

ここでのポイントは”ちょっとだけ”。いくら自分に優しくても、他の女性への態度が悪い男性は好まれません。みんなに優しいけど、何となく感じる特別感をうまく演出できれば、女性は特別に扱われる理由を知りたくてたまらなくなってしまうでしょう。

誘いが多いように見せる

周りからの誘いが多いように見せることで、あなた自身を「みんなから愛されている人」と印象づけることができます。みんなから愛されている人が、自分に特別な好意を示してくれるのは女性にとって嬉しいもの。友人や会社の同僚など誘いがあればできるだけ乗るようにしましょう。

だからと言って身の回りにいる多くの女性と親密にしているとは思われないように。付き合うと浮気しそうな男と思われると逆効果です。「今は私に目を向けてくれているけどその気になればいつでも彼女ができそうだな」と思われるよう、周りともさわやかな交友関係を築きましょう。社会人になってそのような付き合いがなくなってしまったという方は、趣味を始めるのもおすすめです。

自分をすべてさらけ出さない

相手に興味を持ってもらうには「もっと知りたい」と思わせることが必要です。すべてをさらけ出さず、ミステリアスな部分を残しておくようにしましょう。自分のことを理解してもらいたいがために、最初から自分のことを話し過ぎてしまうのはNG。人間関係や趣味関連など、聞かれて話すことはあってもすべて話す必要はありません。小出しにしていくことで、「信頼してくれたのかな」とか「他の所ではどのような感じなんだろう」など、あなたのことを考えさせることができます。

適度に主導権を持つ

デートの場所決めや日程など、相手の意見を尊重するあまり自分で決めることはないという方は要注意。「相手に合わせすぎること」=「振り回されること」なのです。振り回されることで、あなた自身疲れてしまうだけでなく、振り回されてもついてくる男と軽視されてしまいます。すべてを相手の都合に合わせるのではなく、ある程度主導権を握ることで、振り回されることなく尊重しあえる関係が築けます。

ただし、すべての主導権を握ろうとするのはただのわがまま。相手も面白くありません。デートの日程なら自分の都合のいい日程をいくつか提示したり、相手の好みをリサーチした上で「ここ行ってみない?」と提案できるととても魅力的です。

街コンレポート_女性が携帯電話を眺めています

要注意!駆け引き失敗談

うまく使えば効果的な駆け引きでも、使い方を間違えると逆効果に…。

駆け引きして相手の心を動かしたいと思っていても、今まで以上に自分がソワソワして自滅してしまうこともあります。男女ともにあり得る失敗談をまとめました。

LINEの返信を遅らせてみたら…

LINEの返信を遅らせたり、既読スルーしたりしているうちに、相手もそうするようになってしまいました。最初は彼の気を引くためだったのですが、今はお互いにとって既読スルーや返信遅れが当たり前になってしまい、とても寂しい思いをしています。

編集部のコメント

LINEの返信を遅らせるというのは、恋愛の駆け引きの中では一般的なもの。多くの人が一度は使ったことがある手法ですが、場合によっては相手との距離を引き延ばしてしまいます。

特に相手がどんな人なのかお互い分かっていないうちは、既読スルーや返信遅れをしても「こんな人なんだな~」と思うだけ。「なんで返信くれないんだろう」と不安な気持ちすら生まれず、LINEの頻度が減っていき自然消滅なんてこともあり得ます。

相手も自分とのコミュニケーションを楽しんでいるけど、なかなか関係が進展しないという場合以外は、気持ちよくやり取りしたほうが良いのかもしれませんね。

他の男性と仲良くしてみたら…

彼のことがすごく好きで、一方的だったらどうしようと焦っていました。そこで他の男性からもモテる女を演じようと「○○君からLINEがきた」とか「○○君と先約がある」といった駆け引きをしてみたんです。すると彼から「一途な子が好き」と言われて振られてしまいました。

編集部のコメント

相手を嫉妬させるための駆け引きは劇薬です。すごく好きな人が自分以外の異性と仲良くしていれば嫉妬するかもしれませんが、ちょっと気になるぐらいの人であればむしろ恋愛対象から外されてしまう可能性も。男女ともに一度「軽い」という印象がついてしまったら、信頼を回復するのは難しいものです。他の異性とはフラットに付き合いつつ、好きな相手にだけ特別感を出して信頼を得たほうが不要な誤解は生みません。

絶妙なアメとムチ!駆け引き上手はここが違う

何故駆け引きが成功する人・失敗する人に分かれてしまうのでしょうか?駆け引き上手な人の特徴をまとめたので、参考にしてみてください。

空気が読める

同じ駆け引きでも、タイミングや状況によってかなり効果は違ってくるもの。使い方や使い時を間違えると、好きな相手との距離を広げてしまいかねません。駆け引き上手は必要なタイミングで必要な駆け引きをします。うまくいっている相手に対し、嫉妬させて波風を立てるようなことはしません。

「自分が特別」だとわかる対応をしてくれる

駆け引き上手は、駆け引きの中でも「あなたが特別」だとわかるような対応をしてくれます。駆け引きの失敗でありがちなのが、過度にそっけなくしたり、他の異性と仲良くしたりすること。相手に「自分に興味がなくなったんだな」と思われると駆け引きの意味がありません。

駆け引き上手は相手の心を適度に揺らしながらも、特別感を演出することで「一緒にいると居心地が良い」と思わせるのが得意なのです。

駆け引きは適度に

駆け引きはあくまで着火剤。何もしなくても自然と盛り上がる恋なら、駆け引きなど必要ありません。それでも、じれったい関係からなかなか進展しない、相手がどう思っているのか分からないという方は、駆け引きテクニックを使ってみてくださいね。

↓↓↓こちらの記事では、駆け引き役立つかもしれない心理テクニックをまとめました↓↓↓
成就率UP!異性を落とす恋愛心理テクニック

コメントを残す