恋愛がめんどくさい!?恋愛ニートの特徴や抜け出す方法

街コンレポート_頬を押さえて怯えている女性

彼氏が欲しい!恋愛のドキドキを感じたい!と思うものの、「めんどくさい」という気持ちの方が強く、何も行動できない日々が続いていませんか?恋愛から遠ざかっている期間が長引くほど、出会いはどんどん減ってしまいます。なぜ「めんどくさい」と感じてしまうのか、またどうやったら怠惰な自分に打ち勝てるのか解説します。

恋愛がめんどくさいと感じる女性の特徴7つ

1.付き合う前の駆け引きがめんどくさい

好きになった相手と付き合うまでの「友達以上恋人未満」な間は、お互いに距離を近づけるための駆け引きをします。好意があることを匂わせたり、気を引くためにあえてドライに接してみたり…。そんな駆け引きこそが恋愛の醍醐味だと言う恋愛ジャンキーがいる反面、ストレスを感じる人もいるでしょう。「今日はいつもより長く一緒にいられた!」「余計なこと言っちゃったかも?」など、その日起こったことを振り返って一喜一憂することに疲れてしまうもの。特に片思い期間が長く続くと、恋愛の楽しさが疲れに変わり、「めんどくさい」という感情に繋がりやすくなります。

2.自分の時間を大切にしたい

寝たり、動画を見たり…家でのんびり過ごすのが好きな女性にとって、デートは至福の時間を奪う厄介者です。デートの計画を立てるためのやり取りやメイクやコーディネートを考える時に、つい「めんどくさい」と感じてしまう人は、恋活を始めても長続きしない可能性が…。しかし「行ったら行ったで楽しい」というのも知っているので、念願の彼氏ができれば休日の過ごし方が大きく変わるかもしれません。「彼氏をつくる」と決めたら、短期集中型の恋活がおすすめ。街コンをはじめとした一度にたくさんの相手と出会える方法で相手を探すのがおすすめです。

3.SNS・電話が苦手

既読スルーの常習犯は男性とのコミュニケーションをめんどうに思うことが多く、特にSNSや電話での反応頻度はわずかです。「一度返信すると、その後1時間くらいメッセージのやり取りが続くかもしれない」と、警戒することがしばしば。これから寝ようと思っている時だと、「明日の朝気付いたことにすればいいや!」と思って連絡を無視した挙句、朝の準備に追われていつまでも返信しないことがよくあります。

4.友達との時間が充実しすぎている

「女子会が毎月ある」「友達とよく旅行に行く」など、親しい友達と遊ぶ時間が多い女性は、楽しい毎日を過ごしていることで恋愛の必要性を段々感じなくなります。気の置けない友達との毎日は素の自分でいられて楽かもしれませんが、恋人とふたりっきりで居る時のドキドキは感じられません。またグループのひとりに彼氏が出来て、集まりが悪くなり始めた頃に焦りを感じることもあります。

5.推しの応援に一生懸命

アニメや漫画、ゲームなどの二次元キャラやアイドル・俳優などのイケメン芸能人に夢中で、お金と時間を「推し」に費やしている人も、恋愛をめんどくさいと感じやすいです。内心「彼氏がほしい」と思っていても、恋愛と推しへの愛は両立できないものとして最初から諦めることがあります。

6.恋愛にかかるコストを冷静に計算してしまう

「ありのままの自分を愛してほしい」と思う人も少なくないでしょう。しかし「ありのまま」を愛するには、内面を深く知るための長い時間がかかります。そのため「相手を狙うライバルが多い」「合コンor街コンで相手を探している」など短期決戦を求められる場合、見た目をどれだけ武装できたかによって、恋愛に繋がるかどうかが決まります。洋服やメイク、美容室代など、きれいになるためにかかるお金は膨大です。また合コンや街コンであれば、男性よりも安いとはいえ参加費がかかるもの。恋人をつくるためにかかったコストを考えて落ち込んでしまう人は、恋愛を素直に楽しめなくなります。

7.過去の恋愛で疲れ果てた

元カレの束縛が強すぎた、裏切られたなど、過去の恋愛で嫌な思いをした人は「どうせ同じ思いを繰り返すだけ…」と、恋愛を億劫に感じてしまうことがあります。周囲の人が「そういう男性と出会ってしまっただけ」「素敵な男性もたくさんいる」と励ましても、「私は男運がないから…」と思い込み、恋愛を諦めてしまいがち。めんどくさいを通り越してネガティブな感情にまで発展しているなら、無理に前向きになろうとすると余計に疲れます。しばらくは恋愛のことは考えず、傷が癒えるまでひとりでいる時間や友達との関係性を大切にした方が良いかもしれません。

街コンレポート_ジュースとフルーツを食べている2人の女性

↓↓↓こちらの記事では、人を好きになれない理由を探り、好きになるための方法をご紹介します↓↓↓
人を好きになれない!恋愛できるようになる方法とは?

「恋愛めんどくさい」状態から脱却するための4つの方法

1.期間を決めて「充電期間」を楽しむ

直近の恋で嫌な思いをした、あるいは今は恋愛よりも打ち込みたいことがある場合は、恋愛を「めんどくさい」と思うのではなく「今はお休み中!」と考え方を変えましょう。めんどくさいと思ったままだと、そんなつもりはなくても無意識のうちに「自分が怠けているようなイメージ」が強くなってしまいます。ポジティブに今の状況を受け止めるために、次の恋愛に向けて充電している期間として来るべき時に備えましょう。ただし充電期間を定めておかないと、延々と休むことになります。半年・1年など、リミットを設けてください。

2.腰が重い理由を書き出してみる

時間がない、出会い方がわからないなど、恋愛のどのような部分をめんどうに感じているのかリストアップするのもおすすめです。自分の思考を客観的に見ることで、「恋愛って思うほどめんどうなものじゃないかも?」と考えを切り替えられることもあります。例えば時間がネックになっている場合、絶対に自分のためだけに使いたい時間を定めて「週にこれだけの時間はデートに使える」と確認したり、だらだらスマホを見るだけで多くの時間を費やしていないか振り返ったりと使える時間を整理してみると、恋愛へのハードルが下がります。

3.恋愛の楽しい面に目を向ける

恋愛をめんどくさいと感じてしまう女性には、物事を冷静に判断できるリアリストが多いです。自分へのメリット・デメリットを瞬時に判断できるぶん、デメリットに気付いた瞬間「恋愛=めんどう」と思ってしまいます。

そんな女性こそ、彼氏ができた時にどんな楽しいことがあるかイメージするのがおすすめです。恋愛中は、相手のことを考えるだけで胸が高鳴り、世界が輝いて見えるもの。彼氏ができたら行ってみたい場所、やりたいことを考えるのも良いでしょう。恋がしたくなるような恋愛の良いところ探しも、めんどくさいという感情を捨てるために有効です。

4.価値観の近い人を探す

めんどくさくない恋愛をするために、自分の趣味・好みと合う人を探すのが良いでしょう。アウトドア派とインドア派だと休日の過ごし方が違うので、付き合い始めると趣味が合わずにデートが苦痛になります。反対に同じ過ごし方をする人であれば、趣味や好みに合う楽しいデートができる可能性大です。インドア派で「休日は人の多い場所に行きたくない!」と思うのであれば、お家デートができそうな人と付き合えれば、恋愛のめんどくさい部分をあまり感じないかもしれません。特に、映画や料理など趣味がある男性であれば、相手に話や趣味を合わせる必要がないので自然体で接することができます。

価値観の近い人と出会うには?

合コンをはじめ、異性と出会う方法はたくさんありますが、なかでも価値観の近い人と出会いやすいのが「街コン」です。漫画・アニメコンや料理コンをはじめ、共通の趣味を持った人だけが集まる「趣味コン」という街コンが多数開催されています。恋人と同じ趣味を楽しみたいと思う人は、趣味コンに参加するのがいいでしょう。

コメントを残す