バツ2で新しい恋をするための出会いの場はどこ?

街コンレポート_結婚指輪と一組の背を向けたカップル

離婚してバツが2つあったとしても、働く場所があってきちんと生活ができていれば、わりと充実した毎日を送れているかもしれません。それでも、人生のパートナーがいないことに寂しさを感じることも少なくないはず。心のよりどころがあれば、人生はもっと楽しくなりますよね。

こちらでは、バツ2でも恋をあきらめたくない方にチェックしてほしい出会いの場についてまとめました。

バツ2でも受け入れてくれる人はいるの?

世間的にバツ2は良くない印象を持っている方が目立ち、陰ながら傷ついている方は多いものです。ただ、逆に考えてみればバツを2回経験するほど、異性から求められた経験があるということ。ネガティブに捉えるよりもポジティブに考えたほうが、新しい出会いを引き寄せられます。

バツ2だろうと関係なく「恋がしたい」と思っている方のため、いくつか出会いの場を紹介します。

新しい習い事をしてみる

結婚していた頃は家庭のことや仕事で手いっぱいになり、習い事に通う時間がなかったという方も少なくないですよね。パートナーと別れて心にぽっかりと穴が開いているなら、新しい習い事をしてみてください。

興味があることにチャレンジすると気持ちが明るくなるだけではなく、習い事を通して、自分と同じような価値観や人生観を持った人と出会える可能性があります。

特にやりたいことがなければ、独身男性との出会いが期待できる料理教室や英会話教室を選択肢に入れてみてください。最近では若い生徒が増えているという社交ダンス教室もおすすめです。

友人に異性を紹介してもらう

自分の目で選んだ人と二度もうまくいかなかった経験があるなら、思いきって他の人に紹介してもらうのはいかがでしょうか?

今までは「こういう人はちょっと…」と敬遠していたタイプの異性でも、話してみると意外と話が弾み、趣味が合うということはよくある話です。

友人は事前にあなたの背景を相手に伝えたうえでセッティングしてくれるはずなので、バツ2だとわざわざ伝える必要もありません。いろいろと事情を組んだうえで引き合わせてくれるぶん、他の出会い方よりも気負わなくて済みます。

職場を見渡してみる

再婚された方の体験談でよく語られているのが職場での出会いです。パートナーがいた頃は異性として見ていなかった同僚が、離婚した後に魅力的に見えることがあるのだとか。

または離婚のショックを分かち合い、慰めてもらっているうちに気づいたら交際に発展していたケースも珍しくありません。

「職場恋愛なんてありえない」と思っている方は、少しだけ見方を変えて職場を見渡してみてください。あなたが気づいていないだけで、良い縁がすぐそばにあるかもしれませんよ。

街コンに参加する

1人でも生きていけるし、とくに再婚は意識していない…という方でも気軽に参加しやすいのが街コンの魅力です。全国各地でさまざまなテーマを掲げた街コンが開催されていて、探してみると離婚経験がある方でも参加しやすい街コンがいくつかヒットします。

再婚とまではいかなくても、同じ時間を共有できる彼氏・彼女がほしいと思っている方が数多く集まっているので、1つの出会いの場として検討してみるのはアリでしょう。

婚活パーティーや婚活サイトを利用する

再婚したいと考えているものの、バツ2ともなると友人に異性を紹介してもらったり街コンへ参加したりするのは気が引ける方もいるのではないでしょうか。それなら、婚活パーティーや婚活サイトで新しいパートナーを探すのがおすすめです。参加者全員がもれなく「結婚したい」という意志を持っていて、再婚したいなら最も手堅い手段といえます。

婚活サイトなら、実際に会う前にバツ2であることを伝えられるので、カップル成立後にトラブルが起こることも少ないはずです。

バツ2で新しい出会いがあった方の体験談

  • 30代でバツ2になり、40歳に突入しようかという頃に素敵な出会いがありました。三度目の結婚です。私くらいの年齢になれば、みんな色んな過去があって、いくつになっても通じ合える人と出会えると思います。
  • バツ2で現在2人の子どもがいます。生活に困らない分のお給料をいただきながら仕事もしていますよ。もう結婚はするつもりはないのですが、同じ年齢の彼氏がいます。結婚はなしで、このまま恋愛関係を続けていく関係です。こういう生き方もアリだと思います。
  • 20代でバツイチになり、30代でバツ2になりました。今は40代ですが、お付き合いしている方がいます。私は容姿がいいわけではなく、はたから見ればきっと「何で結婚できるの?」って思われるタイプです…。それでも出会いはちゃんとありましたよ。
  • これまで夫の転職癖やモラハラに振り回され、バツが2つあります。とくに2人目の夫とは離婚調停を経験し、精神的に参っていた時、相談に乗ってくれた男性がいました。何だかんだあって彼と結婚することになり、思ってもみなかったご縁に自分でも驚いています。
  • 離婚してから2年のバツ2です。別れたことに未練はなく、結果的に良い決断だったと思って過ごしているうちに、彼氏ができました。もう結婚するつもりはありませんが、恋を諦めない限り自然と彼氏はできると思います。

明るく生きていれば素敵な出会いはきっとある

新しいパートナーを求めていてもなかなか出会えないと焦ってしまいますが、気持ちが滅入りそうになる時ほど明るく前を向くことが大切です。バツが2つついていると考えるのではなく、人より2回も結婚生活を体験できたと明るく捉えてみましょう。

考え方が変わると出会う人への見方も変わり、自分では気づけていなかった良縁に気づけるはずです。新しく出会うパートナーのことを想像して、いろんな出会いの場へ足を運んでみてくださいね。

コメントを残す