透き通るツヤツヤ肌へ!アラサーの肌ケア事情

街コンレポート_洗顔している女性

放っておくと肌荒れが進むアラサー肌!どうすれば改善できる?

アラサーはお肌の曲がり角といわれるほど、肌の変化が著しい時期です。20代前半の頃と比べて肌がくすみ、シワやたるみが目立つようになります。そのまま放っておくと、毛穴の開きや乾燥などに悩まされる「汚肌」まっしぐらです。肌が汚いと周りからの印象が悪くなるだけでなく、合コンやパーティーなどでも周りの目が気になってしまう場合も。その状態をずっと続けるのは自分にも周りにもマイナスです。早めに肌の老化を防いで、透き通るツヤツヤ肌をキープしましょう。

アラサーは肌トラブルが増える時期

アラサー以上の年齢になると、肌が荒れやすくなってきます。20代になったばかりのときはメイクを落とさず寝てもダメージはなかったのに…という方もいるかもしれません。その理由は、歳を重ねるごとに起こる肌機能の低下。保水力や再生力が次第におとろえ、老廃物を排出する力がなくなってキレイな肌を保てなくなるのです。

適切なケアをしないと肌はどんどん老化していく

肌機能は年齢とともに低下していくとはいえ、ケアをしているかどうかでその見た目は違ってきます。何もせず日焼けやシミをそのままにしている場合は改善の必要アリ。そのままにしておけば老化していく一方ですが、適切なケアをすればつるっとしたたまご肌に戻すことも可能。化粧水や乳液一つとっても、成分やケアの仕方によって肌の機能をサポートできます。吹き出物やシミがあるからと諦めるのではなく、キレイな肌を手に入れるためにできることをしましょう。

肌だけでも印象が変わる?合コン・イベントで差をつけるには

清潔感や美しさの指標ともいえる肌は、人によって顔のパーツよりも重視されやすい部分です。合コンで肌が荒れている相手を見て、清潔感があるといえるでしょうか?肌は生活習慣が現れることもあり、メイクや髪型だけでは取り繕えないところ。キレイな肌の女性は異性だけでなく、同性からも好感を持たれやすいといわれています。

肌が汚いと嫌われる可能性も…

極端な話ですが、吹き出物やニキビがあるとキレイ好きな人には敬遠されることも。恋人や毛っこ内手を探すイベントの場合、見た目や仕草などが重視されます。なるべくキレイに保っておくと、相手からの印象が良くなるかもしれません。

いつまでもキレイな肌を保つために

確かにアラサーの肌は荒れやすいのですが、適したケアをすることでツルスベ肌を保てるのも事実です。いつまでもキレイな肌を保ちたいなら、スキンケアや日焼け止め、ベースメイクなどを工夫して、自分に合ったケア方法を見つけましょう。

まずは基本のスキンケアを見直す

キレイな肌を手に入れる第一歩は、洗顔やクレンジング、保湿など基本的なスキンケアをするところから始まります。特にアラサーの肌に欠かせないのが保湿ケア。肌の水分量は歳をとるたびに減っていきます。保湿を雑にしていると、どんどん乾燥しやすい肌に。30代までは変化を感じにくいかもしれませんが、40代になると乾燥のダメージが肌にドッと現れます。今のうちから化粧水や乳液、美容液などを使い、肌のうるおいを保ちましょう。

逆効果なやりがちNGケアって?

きちんとケアしているつもり…でも肌の老化が止まらない!という場合、知らないうちに肌にダメージを与える自己流ケアをしているかもしれません。肌を傷めやすい人がやりがちなNGケアをまとめてみました。

同じ部分ばかりゴシゴシ

ニキビやテカリが気になるからと、頬や鼻など同じところを指先で何回も洗ってしまうと、逆に肌を刺激して赤みが出たり皮脂が多くなったりします。肌に負担をかけにくい手のひらを使い、優しく洗ってください。

保湿しすぎ

しっかり保湿するためにオイルマッサージ、シートマスクで保湿…というケアも実はNG。保湿しすぎると肌の自活力が小さくなり、肌自体の保水機能が下がってしまいます。油分での保湿ではなく、化粧水で水分を補って美容液で栄養を取り入れ、乳液やクリームで保湿という基本を徹底しましょう。

角質ケアをしていない

肌に刺激を与えないように洗顔やクレンジングを最小限にしていると、角質ケアがされないため毛穴の黒ずみ、角栓の詰まりなどができやすくなります。代謝が落ちてくるアラサー世代は角質が溜まりやすいため、なるべくケアを心がけるのが大切です。

街コンレポート_スキンケア商品

スキンケアグッズの選び方

スキンケアグッズは、普段のメイクやケアの目的をもとに選ぶのが◎。毛穴汚れが目立つなら角質ケアができる洗顔フォーム、乾燥しやすいなら保湿力の高い美容液など、悩みに合わせたグッズを使うことで改善に近づきます。

クレンジング

クレンジングなら、ベースメイクの濃さを基準に決めるのがおすすめ。油分が多いと肌への負担が大きくなりますし、少なすぎてもゴシゴシ洗いの原因になります。しっかりメイクを落としつつ、最低限の負担に抑えられるものを選びましょう。

洗顔

アラサーの洗顔に必要なのは、角質汚れを落とす洗浄力です。といってもただ洗浄力が強い洗顔を使うのではなく、角質を取り除けるものが◎。肌細胞は一定期間で代謝されて生まれ変わりますが、歳をとるほど代謝の速度は落ちていきます。そのため、定期的に肌を掃除して毛穴汚れや肌のくすみを予防しましょう。洗顔フォームだけでなく、肌表面の角質を分解する酵素洗顔やピーリングを使うのもおすすめ。週に1~2回使ってお肌の掃除を心がけてください。

化粧水

肌の水分量が徐々に少なくなるアラサー世代の化粧水は、保湿力重視で選びましょう。セラミドやコラーゲン、アミノ酸などの保湿成分を複数組み合わせたものがピッタリ。小じわにつながる乾燥を防ぎ、しっとりつやつやを保つのがベストです。

美容液

乾燥や赤みなど、気になる悩みがあるときに役立つのが美容液です。美白や保湿、エイジングケアといった目的別の商品が数多くあるので、テスターで試してみて肌質に合ったものを購入すると良いでしょう。長期的に使うことで効果を得やすくなるので、値段もしっかりチェックを。

日焼け止めで老化の原因を防ぐ

肌の老化を促す原因の80%は、紫外線だと考えられています。季節や天気によって多少変わりますが、紫外線は基本的に一年中降り注ぐもの。くもりや雨の日でも日焼け止めを使いましょう。朝のスキンケアの締めとして顔と体に日焼け止めを塗ることで、白くくすみのない肌が手に入ります。

パーツメイクよりベースメイクに力を入れる

20代ではパーツごとのメイクに意識を向けがちですが、アラサーの肌ケアで重視すべきはベースメイク。年齢を重ねると目や唇などのパーツよりも全体に目が向けられます。下地やファンデに注力し、透明感のある肌に仕上げましょう。

すっぴんでいる時間を増やす

ファンデーションやチークなどは時間が経つと、酸化して肌を刺激するようになります。その状態を長く続けると敏感肌になりやすいので、帰宅後は早めにメイクオフするのが一番。すっぴんで過ごす時間を増やし、リラックスしましょう。メイクを落とすと気持ちを切り替えやすくなるメリットもあります。

肌をキレイに保って、モテるアラサーを目指そう

肌をキレイに保つだけでも、周りからの印象は違うもの。美肌を手に入れることで、異性からのアプローチも増えるかもしれません。年齢のせいにして諦めるのではなく、ケアを欠かさず日常生活でも好印象を与える肌を目指しましょう。

コメントを残す