年下女性の上手な口説き方

街コンレポート_男女がベンチに座っています

年下の女性が好きだけど、相手が「自分より5歳以上うえは対象外」と言っているのを聞いて、落ち込んでいる人はいませんか?

年上という武器を最大限に活用してアプローチすると、年下女性を口説き落とせる確率は格段に上がります!

ここでは、年下女性を口説くときの行動指針を紹介しています。すぐに諦める必要はありません。自分から行動することが大切です。

年下女性を口説くには

積極的にアピールする

気になる年下女性を見つけたら、積極的に話す機会を作り、こちらからデートに誘いましょう。年下女性から年上男性に声をかけるには相応の勇気が必要。男性側から積極的に話かけてくれたほうが女性は嬉しく感じるようです。

好意があるかないか曖昧なままでいるよりも、自分の気持ちを素直に表現するほうが男性らしさが伝わり、年下女性からの高評価につながります。相手の様子を見て関係性を引っ張っていくのが、年上男性としての腕の見せどころでしょう。

しつこくするのはNG

若い女性には悩みがつきもの。男性からすると他愛もないようなことでも、深く悩んでいるがゆえに誰かに聞いて欲しくてソワソワしているのです。このときの悩みは、誰かに話して発散してしまうことでスッキリできるため、どんなに退屈な話であっても耳を傾けてあげると好感度が高まります。

そのような悩みを打ち明けられたら相槌をうち、たまに優しく協調してあげるのがポイントです。女性の主張を否定したり、自分の話にすり替えたりすると幻滅される可能性があるので、年上男性の余裕を見せてたくさん甘やかしてあげましょう。

悩みの相談相手になる

若い女性には悩みがつきもの。男性からすると他愛もないようなことでも、深く悩んでいるがゆえに誰かに聞いて欲しくてソワソワしているのです。このときの悩みは、誰かに話して発散してしまうことでスッキリできるため、どんなに退屈な話であっても耳を傾けてあげると好感度が高まります。

そのような悩みを打ち明けられたら相槌をうち、たまに優しく協調してあげるのがポイントです。女性の主張を否定したり、自分の話にすり替えたりすると幻滅される可能性があるので、年上男性の余裕を見せてたくさん甘やかしてあげましょう。

デートは自分の行き慣れている場所にする

年下女性とのデートでは「若い子が行くような場所にしよう」と思いがちですが、実は逆効果なんです。年代によって選ばれるデートスポットに違いがあり、気を遣って年下女性に合わせると「ここは元彼と来た」という事態になるかもしれません。

好奇心の旺盛な年下女性であれば、行ったことのない場所でも十分に楽しめるため、よく訪れる場所を選んで連れて行ってあげましょう。そんな場所だとエスコートもしやすくなるので、スマートにデートを楽しめます。

まわりの友達に自慢できる彼氏になろう

女子会のメインとなるのは「恋バナ」で、彼氏がいるとその話で盛り上がります。年上の彼氏となると友達からの関心度が高く、同年代との違いを話すことで優越感を得られます。そのため、気になる年下女性がいれば、その人に見合った彼氏にならなければいけません。見た目は無理に若作りせず、年相応のファッションでOK。

また、女性は世代を問わず爽やかで清潔感のある男性を好むので、意識してみるのもおすすめです。しぐさや行動なども、大人っぽさを感じられると評価が上がります。

彼女の友達と一緒にいるときは全員の話を笑顔で聞き、意見を求められたら女性側に立った意見を述べて器の大きさをアピールするのも◎。友達の前でさりげなく彼女を褒めるという上級テクニックを見せるのも効果的です。

【シーン別】年下女性の口説き方

職場の場合

職場の気になる女性にアプローチをかける場合、他愛もないことを話すことから始めて2人の距離を縮めましょう。縮めるコツは、お互いの共通点を見つけること。まだるっこしいと感じるかもしれませんが、職場で変なことをして仕事に影響が出てしまってはいけません。

ある程度仲良くなったら、特別な女性として扱っていることをアピールしましょう。その後、年上男性として相談に乗り、その流れで「よければ、ゆっくり食事でもしながら話さない?」と誘ってみるといいでしょう。

食事に行くタイミングはその日の夜がベスト。翌日や来週に延ばしてしまうと、彼女に考える時間を与えてしまいます。相手に断る隙を与えないのがポイントです。

婚活パーティーの場合

婚活パーティーで年下女性と出会うには、「年下女性×年上男性」といった年齢制限のあるものを選ぶのがベスト。5~10歳ほど年下の女性と出会える確率が高くなっています。

フリータイムでは「話しやすい人」を意識して、ノリ良く話を盛り上げましょう。その際は笑顔を心がけると、相手に良い印象を与えられます。ファッションは、スーツのような無難な服装よりも、シンプルでカジュアルなスタイルがおすすめです。

メール・LINEの場合

メールやLINEで口説く場合は、文面の長さに気をつけましょう。文面は、相手と同じくらいの長さにするのがポイントです。気になる女性からまだメールをもらったことがなければ、メールが好きかどうかチェックしましょう。好きなら多少長くてもOKですが、嫌いであれば簡単に返事を返せる長さにするのが◎。

内容は、狙っていることを感じさせるものは基本的にNGです。ある程度仲良くなるまでは、言葉遣いを軽めに面白かった話や写メを載せるといいでしょう。返事の催促はなるべく控えてください。

デートに誘ったり、愛の告白をしたりするのは男性の役目です。メールやLINEで好意を伝えるときは、嘘偽りのない直球を心がけましょう。

コメントを残す