モテる男が実践している女性に好かれる話し方

街コンレポート_男性が悩んでいます

女性と話をするとき、どういうことに気をつけていますか?

モテる男性の話し方とそうでない男性でどこが違うのかは同性の目線ではわかり辛いところでしょうが、女性側の目線だと全く異なるものになります。見た目が決して良いとはいえない男性でも話術によりきれいな彼女ができるというケースもあるので、話し方というのはとても大切なのです。

ここではモテる男性が使っている話し方やテクニックについて紹介します。

モテる男から学ぶ話し方のポイント

低い声で落ちついて話す

緊張しているとつい早口になってしまいませんか?

女性に余裕がないと伝わってしまいます。緊張してしまうのは仕方がありませんので、ゆっくりと落ちついて話すようにしましょう。落ちついて話すことで女性も聞き取りやすくなるので、会話もスムーズになります。

また、低い声で落ちついて話すように意識してみましょう。低い声は女性を安心させられるといわれています。福山雅治さんや阿部寛さんが代表的ですね。お二人のルックスはもちろんですが、低い声も女性に支持されています。逆に声が甲高いと残念な印象をもたれてしまうでしょう。モテたいと思っているのなら、低い声で話すことを意識しましょう。

笑顔で楽しそうに話す

女性に好感をもってもらうにはまずは笑顔です。聞き手が話し手にどう影響を与えるかを数値化したメラビアンの法則によると人は言葉より表情や目線などの見た目から情報を多く受けるといわれています。そのため、笑顔で楽しそうに話すことがモテるためには大切なのです。女性と何を話したらいいのかわからないという人は、話題を考える前に笑顔を作ることから始めましょう。笑顔には気分を持ちあげる効果があり、自然に楽しく話せます。人は笑顔につられるものなので、女性と話すときは笑顔でいましょう。

目を見て話す

きちんと女性の目を見て話ができていますか?

当たり前のことだと思いますが、そもそも目を見て話せなかったり、すぐに視線を外したりとできていない男性は結構います。

普段はできていても、相談を受けた場合にも要注意。解決策を考えたりしませんか?そうすると目線が上にいきがちです。力になりたいという気持ちはわかりますが、女性から見ると話を聞いていないようにとらえられてしまいます。真剣になって考えているのに、悪い印象をもたれるのは残念ですよね。

相談を受けた場合、まずは解決策を考えるのではなく相手の目を見て話を聞くことに集中するといいでしょう。

モテる男が使う会話のテクニック

自慢話はしない

男性は「褒められたい」「すごい」と思われたいという欲求が強いため、つい自慢話をしてしまいます。しかし、聞いている側からすると面白いものではありません。特に女性は男性の自慢話に興味がないので、良い印象をもってもらえることは難しくなります。最悪なのは自分がモテるという自慢話。アピールできる内容だと思ってはいけません。興味をもたれるどころか引かれてしまいます。自慢話をしないように謙虚な態度でいましょう。

共通点を探し広げる

人は共通点が多いと親しみを感じやすくなります。モテる男性は口説きたい女性の共通点を見つけることが得意なので、会う口実を巧みに作り出せるのです。共通点は出身地や趣味、好きな食べ物など何でもOK。ただ話をするのではなく、まずは共通点を探しながら話をしましょう。1つではなく2,3…と共通点を多く見つけていくとさらに親近感をもってもらえるようになります。

また、相手の趣味や好きなことを聞き出し、興味があるように伝えるのも効果的。人は自分の好きな話をしたいものです。楽しそうに聞く姿勢をもてば、「話を聞いてくれる」と良い印象を与えられるでしょう。

相槌のバリエーションを増やす

女性は男性が話をちゃんと聞いているのか気にしています。そのため、単調な相槌だと話を聞いていない、興味がないと思ってしまい不機嫌になる女性もいます。モテる男性が使うテクニックとして相槌のバリエーションを増やすことが有効です。

相槌にも料理のように「さしすせそ」があります。

  • さ・・・さすが
  • し・・・知らなかった
  • す・・・すごい
  • せ・・・センスいいですね
  • そ・・・そうなんだ、それで

この「さしすせそ」を覚えるだけで相槌のバリエーションを増やせるので、ぜひ覚えて使ってみましょう。

ただし、「でも」や「だって」と話の腰を折るような相槌は使わないようにしましょう。それだけでも女性からの印象が変わります。

まとめ

モテる男性の話し方についてまとめました。

まず、ポイントとしては低い声で落ちつきを演出し、紳士的な振る舞いで接するようにしましょう。そして、自分ではなく相手にフォーカスを当てること。女性を前にするとネタがないと焦ってしまうのは、自分のことしか考えていない証拠です。相手の好感度を得るために共通点を探す、相手や自分をさらに知ってもらうといったことを考えながら話すようにすると、良い印象を与えられます。自分ことを知ってもらいながら、しっかりと相手の話を聞く。モテる話し方の基本ができているからこそ、モテる男になるのです。

コメントを残す