結婚ラッシュが辛い・・・。結婚ラッシュの波に乗れる人と乗れない人の違いは?

街コンレポート_幸せそうな花嫁

一般的に女性は20代後半に一度目の結婚ラッシュが来て、30代前半にもう一度結婚ラッシュがあると言われています。そんな中、結婚ラッシュの波に乗れなくて肩身の狭い辛い思いをしている女性も多いようです。ここでは、結婚ラッシュに乗れる人と乗れない人の違いは何なのか紹介していきます。

結婚ラッシュはいつ来る?

結婚は人生の節目とも言われますが、周囲が一斉に結婚し始める「結婚ラッシュ」を経験したことがある人は多いのではないでしょうか。結婚ラッシュは大きく分けて3回来ると言われており、その3回がいつ来るのかを紹介します。

第1次結婚ラッシュ

最初の結婚ラッシュである「第1次結婚ラッシュ」は24~25歳くらいで、就職して安定した頃というのが目安です。子供が欲しいと考えている女性の場合、体力的なことを考えてこの時期に結婚をしたいと考える人が多いのだとか。

初婚同士やどちらかが初婚である場合がほとんどで、祝う側も初めて結婚式に参加するといったケースも少なくありません。学生時代から長く付き合っているカップルなら、この時期に結婚することが周囲からのお祝いムードも高まりやすいです。

第2次結婚ラッシュ

次に訪れる「第2次結婚ラッシュ」は、28~29歳くらいと言われており、理由としては30歳を区切りに結婚したいという人が多いからです。20代は自分のために使ったので第1次結婚ラッシュには乗らなかったものの、30歳目前の年齢になることで結婚への想いが高まる女性は多くなります。

女性によっては婚活パーティーに参加したり、友人からの紹介も積極的に受けたりして、結婚相手を見つけようと必死になることも。焦り過ぎて相手をしっかり見極めず結婚してしまい後悔する人もいるほど、女性にとってはプレッシャーに感じる時期だと言えます。

第3次結婚ラッシュ

最後の結婚ラッシュと言われる「第3次結婚ラッシュ」は、34~35歳の間に訪れることが多いです。仕事に打ち込んだ20代を終え、落ち着いた時期に改めて結婚願望が出てくるように。第1次結婚ラッシュで結婚した友達の子供が大きくなっている時期でもあり、それを見て焦る人も多いでしょう。

最近ではこの第3次結婚ラッシュまで独身である人を対象にした婚活パーティーなども増えてきています。

結婚ラッシュの波に乗れる人と乗れない人の違い

男性を受け入れる態勢が整っているかいないか

結婚するにはもちろん相手が必要になるのですが、男性を受け入れる態勢を整えておかないと結婚ラッシュに乗り遅れる可能性があります。素敵だと思う男性がいても生活や見た目の面で受け入れられない、あるいは自信を持ってアプローチできなければ結婚を逃してしまうことになりかねません。

結婚ラッシュに乗るには、素敵な男性との出会いを受け入れられる準備をしておくことが大切。いつでも受け入れる態勢が整っていれば結婚のチャンスを逃しにくいですし、男性からアプローチしやすいというメリットもあります。

結婚ラッシュの波の乗る行動をとっているかいないか

常に受け身で自分から相手へアプローチしない、素敵な男性がいても自分を見つけてくれるのを待っているという人は結婚ラッシュには乗れません。恋愛が苦手で奥手だとしても、結婚するには相手を見つけて相手を知り、結婚できるかどうかを判断する必要があるのです。そのキッカケ作りを男性任せにしていると、いつまでも結婚相手が現れない可能性があります。

婚活パーティーに参加する、友達から紹介してもらうなど、自分から積極的に相手を見つける努力をしていると、結婚ラッシュに乗れる確率がグンっと上がるでしょう。

ガツガツし過ぎた姿を見せているかいないか

「結婚したい」「彼氏が欲しい」といったアピールをするのは大切ですが、ガツガツした姿を見せ過ぎると逆に相手に引かれてしまうことも。男性側からしたら彼女ならまだしも、結婚となるといろいろ考える時間も欲しいと思うので、あまりにガツガツした女性には近寄りにくい印象を持ってしまうのです。もし素敵な男性や結婚したという相手がいたとしても、「早く結婚したい」「すぐに結婚したい」など結婚を急かすような言動はやめましょう。

結婚ラッシュに乗るためにも、じっくり時間を掛けて自然に男性の心を結婚に向かせていくことが大切になってきます。

心に余裕があるかないか

結婚に対してそこまでガツガツしていなくとも、心に余裕がない女性は男性から好かれないこともしばしば。例えば、仕事が忙しくてイライラしていて気持ちに余裕が無いと、恋愛したいという雰囲気がないと思われてしまいます。男性は女性の気持ちに気付きやすい生き物ですし、とてつもなくタイプでない限りそういった女性にわざわざアプローチしてきません。

結婚ラッシュの波に乗るためには、休日は友達と遊んだり岩盤浴に行ったりしてリフレッシュし、周囲に余裕の無さが伝わらないように過ごすことがポイントです。

結婚に対して良いイメージを持っているかいないか

女性自身が結婚に対して良いイメージを持っているかで、結婚ラッシュに乗れるかどうかが変わってきます。例えば、周囲に結婚で辛い思いをした人がいたり、結婚することで生まれるデメリットばかり考えていたりすると、結婚に対して自然とネガティブなイメージを持ってしまうのです。結婚に対して良いイメージを持っていないと、結婚したい気持ちが生まれないので結婚ラッシュすら意識せず婚期を逃してしまいます。

結婚には良いところも悪いところもあるので、ネガティブなイメージばかりしないことが大切です。

結婚ラッシュが辛いときに気持ちを切り替えるコツ

独身女子会でストレス発散

独身女性は友人や知り合いの結婚式に参加した後は、一気に辛さが押し寄せてきます。ひとりでいるとどんどん辛さが深刻化していくので、同じ結婚式に参加した独身女性を集めて女子会でストレスを発散しましょう。

結婚できない不安、彼氏との現状、出産のタイムリミット、仕事のキャリアアップなど、独身女性が抱いている悩みを分かち合うことで、気持ちが楽になります。

仕事を楽しむ

結婚ラッシュがきたとき、自分は結婚できるのかといった不安で押し潰されそうになることも多いのではないでしょうか。

そんな時はとにかく仕事に打ち込んで楽しみましょう。「私には私の幸せがある」「結婚がすべてじゃない」と自分に言い聞かせ、仕事に打ち込むのも◎。結婚だけが女性の幸せではないので、大好きな仕事にのめり込んでいくのもアリです。

海外旅行

結婚ラッシュで不安や妬みで精神面が弱くなったら、リフレッシュするためにも海外へ良好に行きましょう。非日常空間で凝り固まった不安を無くします。広い世界に身を置くことで、自分が抱いていた不安や悩みがちっぽけに感じることができるのです。

思い切って1週間くらい休みを取り、パワーを充電するという意味でもとても良いリフレッシュ方法ではないでしょうか。

 

いかがでしたか?

結婚ラッシュに乗れるか乗れないかはあなた次第。行動や結婚に対する気持ちが関わってきます。ですが、1番大事なのは自分が辛くならずに楽しく過ごせるかどうか。結婚している人が必ずしも幸せというわけではないので、自分が今一番どうしたいのか、そのために何をするべきかが重要なのではないでしょうか。

コメントを残す