ポイントを押さえて好感度UP

街コンレポート_男女3人で会話を楽しんでいます

ポイントを押さえて好感度UP! “女性が喜ぶ褒め言葉

彼女が欲しい、モテたいと思っている男性諸君、とりあえず女性を褒めましょう。女性は自分を喜ばせてくれる男性に好意を持つもの。褒め言葉のポイントを押さえておくと、モテ度はグッとUPしますよ。それでは、“女性が喜ぶ褒め言葉”を見ていきましょう。

    • 良い奥さんになれそうだね

将来結婚して、素敵な奥さんになることを夢見る女性は多いもの。女性ならではの細やかな気配りに対して言えば、喜ばない女性はいません。

    • 参考になるなぁ

女性は男性に下に見られたり、意見を尊重してもらえないことも多々あり、ストレスを感じているもの。男性に意見を尊重してもらえると誇らしくなり、また褒めた男性を“懐の深い人”と感じるようですよ。

    • 似合うね

ベタなことこそ大切です。髪型や服装が変わった時に、「新しい髪型似合うね」「今日服の感じいいね」など、いつもと違う点を褒めてください。日々女子力を高めようと努力している女性にとっては、気付いてもらえることが嬉しいのです。さっそく試してみてくださいね。

出逢って3分で仲良くなれる! 女性の呼び方

女性と出会っても、中々親しくなることができない… そんなお悩み中男子に秘訣を伝授しましょう。知り合ったばかりの女性と距離を縮めるポイントは“名前の呼び方”。では、どんな呼び方が良いのでしょうか?

ズバリ、女性と一番親しくなれる呼び方は下の名前で呼ぶこと。シンプルですが、その効果を侮ることなかれ。

実は、某一流化粧品会社の調査で、女性が下の名前で呼ばれた時に、唾液中に含まれるストレスホルモン“コルチゾール”の濃度が平均13%減り、美しくなるホルモン“オキシトシン”が体内で平均15.9%増えたということがわかっています。

つまり、名前で呼ばれると女性は心が軽くなり、ときめきを覚えるということ。なお、呼び捨てでなくてもよいので、下の名前に“ちゃん”を付ければ好感度はバッチリ。ちょっと勇気を出してお試しあれ。

大人ぶるのはNG!? 年上女性が喜ぶアプローチ方法

好きな人がいるという男性の中には、相手が年上の女性だという人も少なくないでしょう。でも、世代が離れているとアプローチ方法もピンと来ませんよね。変に年上扱いをするのも失礼な気がするし、かといってこちらが大人ぶるのも難しい…。ではどういうアプローチが効果的なのか、ご紹介しましょう。

まず、会話を盛り上げるのに有効な手として、相手が学生だった頃に流行したものを押さえておきましょう。例えば当時のヒットチャートに入っていた流行歌なんかをチェックしておき、会話中に「こないだあの曲聞いて」なんて言えば「懐かしい! 青春時代の曲だよ~」と喜んでくれるのは必須。カラオケなんかでも盛り上がれちゃいます。

また、自分の知っていることを披露する会話法も有効です。例えば“パソコンやスマホの最新テクニックを伝授”するというもの。年上の女性は機械系が苦手な人が多いため、ちょっとした設定を代わりにやってあげたり、使いやすくなる情報を教えてあげれば感心されるはず。「ちょっと頼りがいがあるな」なんてポイントアップできますよ。

最後に、心構えとして“無理にリードしない”ということを覚えておきましょう。年上の女性は経験豊富なため、年下の男性が高いディナーをご馳走したり、エスコートしようとするのを「背伸びしてるな」と見抜いてしまいます。無理に背伸びされるより、等身大で素直に甘えてもらったほうが居心地がいいみたい。

自然体でアプローチするのが年上女性に効果的なようですね。肩の力を抜いて、積極的に好意を示せば、きっと想いが伝わるはずですよ。

皮下脂肪フェチに、いかり肩フェチ!? 女性の意外なフェチ

女性にモテたくてお洒落をしたり、体を鍛えたりするけど、どうせイケメンには勝てないし……と思っている男性はいませんか? 女性の中には意外なフェチを持っている人も多いんですよ。もしかしたらあるフェチの女性にとっては、あなたはかなりイケてるかも。

    • まつげ

男性は女性と違って、毎日ビューラーでまつげをカールさせたり、マスカラを塗ったりしないので、まつげがとても健康的な人が多いですよね。男性が目を伏せた時に目立つ、フサフサで長いまつげにキュンとする女性が多いようです。

    • いかり肩

少し上向きに張っているいかり肩に、堂々とした男らしさを感じる女子がいるみたい。肩の辺りの筋肉や太い骨がごつごつと見えているのもポイントのようですよ。

    • 皮下脂肪

とっても意外ですが、うっすらとついた皮下脂肪に色気を感じる女性が少なくないようです。メタボのような内臓脂肪では無く、皮下脂肪というところが重要。特に筋肉の上にうっすらついた皮下脂肪の人気が高いです。奥が深いですね。

    • のど仏

女性にはない男性ののど仏は、男らしさを感じる部分の一つ。横から見たときの、あごからのど仏を通り、鎖骨へかけてのラインが好きという女性は多いようです。白いワイシャツの襟と、のど仏の組み合わせは特に人気が高いんですよ。

左利きにドキッ!? 女性が男性に魅力を感じる意外なフェチ

匂いフェチや筋張った腕フェチなど、女性が男性に魅力を感じる部分は色々とありますが、まだあまり知られていないマニアックなフェチが世の中にはあるようです。モテないと思っていた男性も、意外と自分に当てはまるフェチを見つけられるかも。さっそくチェックしてみましょう。

    • ヒゲのジョリジョリフェチ

男性がヒゲを剃った後、手でなでた時のジョリジョリがたまらなく好きという女性が意外といるみたい。あのジョリジョリは女性には中々ない感触だから、男らしさを感じるのかも? ただ、「きれいに剃った後がいい」「少し伸びかけがいい」など、ジョリジョリ好きの間でも論争があるみたい。う~ん、マニアックです。

    • 左利きフェチ

左利きの男性が、右利き用に作られているハサミや自動改札、自販機で、少し困っている姿が良いという声が。きっとこのフェチは「助けてあげたい」と思う母性本能が強い女性か、困っている姿に愉快を感じるSっ気のある女性のものでしょうね。左利きの男性は、ちょっと不器用そうにしてみると意外とモテルかも!?

    • 歯フェチ

男性が笑ったときに見える歯が好きだという女性は案外多いようです。白く清潔なことはもちろん、綺麗な歯並びにドキッとしちゃうみたい。特に男性の歯は女性の歯に比べて大粒なので、そこに男らしさを感じるようです。モテたい男性は綺麗に磨いた歯でスマイルを心がけましょうね。

これを無意識にできるようになったらモテモテ!? 男性をキュンとさせる女性の癖

男性に可愛いと思われたい、というのはきっと女性の人生にとって大きなテーマのひとつですよね。ただ、男性がどういうポイントで女性を「可愛い」と思うかとなると、意外とわからないもの。実は、女性が無意識にやっている癖が男性をキュンとさせるようです。いくつかご紹介しましょう。

    • 両手で顔を隠す

女性が恥ずかしがって両手を顔に当てる姿にグッとくる男性は多いみたい。男性の前で言い間違いをしたり、何か失敗をしてつっこまれた時に「もうやだ~」なんて言いながら顔を覆えば、ポイントアップしちゃいますよ。

    • ふとした時に鼻歌

何気ない瞬間に女性が鼻歌を歌っている様子は「無邪気で可愛い」と好感度が高いようです。特に料理をしている時の鼻歌を好きな男性が多く、中にはエプロン姿で機嫌良さそうに鼻歌を歌われると「結婚したい!」とまで思っちゃう男性もいるみたい。ただ、あくまでもさりげなくなので、熱唱して男性を驚かせないように注意してくださいね。

    • 困った時に口を尖らせる

何か困難にぶつかった時につい口を尖らせてしまう癖は、男性からすると胸キュンポイントのようです。いつも無表情の女性より、表情がくるくる変わる女性を好む男性の方が圧倒的に多いもの。嬉しい時の満面の笑顔はもちろん、困った時も、わかりやすく表情に出てしまうのが素直で可愛く見えるんだとか。

女性よりも女性らしい! 歌舞伎の女形に学ぶ“女性らしい仕草

女性の皆さん、歌舞伎の女形を見て「私より女性らしい!」なんて思ったことはありませんか? それは本物の女性よりも、女性らしく見える仕草を研究しているから。女形から“女性らしく見える仕草”を学んで、女っぷりをあげてみませんか?

    • なで肩に見せる

意外と女性らしさが出やすいのが“肩”。細く丸みのある“なで肩”はとても女性らしく見えます。たとえ肩ががっしりしている女性でも、肩甲骨に力を入れ、後ろの下方に引くようにするだけで印象は随分変わりますよ。さらに脇を締めて、肘をできるだけ体につけるようにすれば、なで肩らしく演出できるのでお試しあれ。

    • 立ち姿

正面に対して少し体を斜めにして立ちます。猫背にならないよう、背筋はピンと伸ばしましょう。これだけのことで、前方から見られたときに、体全体を細長く華奢に見せることができるんですよ。

    • 伏し目

歌舞伎で見る女形は、どこか儚げだと思いませんか? それはいつでも“伏し目がち”にしているから。伏し目は奥ゆかしい女性を演出するのに効果的。男性と会話するときに、普段は少し視線を落として物思いにふけっているように見せ、ここぞという時だけ力強く相手の目を見つめましょう。儚さと力強さのギャップで、男性をドキッとさせることができますよ。

「恋愛対象」からは卒業! 結婚したいと思わせる女性の特徴とは?

男性が女性に求めるものは様々ですが、恋愛相手に求める要素と、結婚相手に求める要素はまったく違うもの。では、恋愛対象ではなく「この人と結婚したい!」と男性に思わせるにはどうすればいいのでしょうか。今回は、結婚相手候補に求められる要素を3つご紹介します。

    • 女磨きを忘れない

結婚したら1日中スウェット、家から出ずに体重が増え、まるで別人… みたいな人がいますよね。それが原因のひとつとなり、男性が浮気して離婚というのは結構多いようです。結婚生活は長いですから、常に女磨きを忘れない姿勢を印象付けることが必要です!

    • 仕事をしている

あるアンケートでは、男性が結婚したい女性の職業1位は薬剤師だったそうです。先行きが不安な世の中ですから、女性が自立しているということは大変重要です。仮に結婚して専業主婦になるとしても、いざというときは働けると男性に思ってもらいましょう。

    • 無言でも気まずくならない

男性は恋人に、美人、可愛い、刺激的という要素を求める傾向がありますが、結婚相手となると話は別です。一番重要なのは安心できるということ。無言になっても気まずくならない、むしろ無言でも心が通じ合うくらいの関係を築ける女性が、結婚相手として求められるようですよ。

女はやっぱり愛嬌だった!? 経験豊富な「アラフォー」男性が惚れる女性とは?

芸能人の年の差婚や、父親とほぼ同年代の彼との恋愛をテーマにしたドラマが好評だったりと、最近年上男性に惹かれる女性が増えているようです。年上と言っても10歳前後の差ではなく、父親たちの年齢に限りなく近い男性に惹かれたりすることもある模様。そこで気になるのは、年上男性はどんな女性にグラっとくるのか。「アラフォー」男性が魅力に感じる女性のタイプをご紹介します。

    • 外見重視から内面重視へ

これまでの恋愛経験で培われた感覚といえるかもしれません。美人は3日で飽きるといいますが、仕事で忙しい日々の中せっかく一緒に過ごすなら、心のフィーリングが合う人がいいと思うのは納得もできますよね。また、容姿が整っている美女よりも愛嬌たっぷりの笑顔で癒しを与えてくれる女性を魅力的に感じるようです。人を見る目の肥えたアラフォー男性に好かれたいなら、見た目よりも中身を磨いたほうがよさそうです。

    • 派手な子よりも地味な子

派手な女性は消費家。地味な女性は倹約家というイメージがあるようです。年上の彼氏だからといって金銭的に甘えすぎたりすると、自分の経済力に惹かれているのか? と思われてしまうかもしれません。金銭感覚がしっかりしているほうが、相手も付き合っていて安心できますよね。

    • 料理や家事ができる家庭的な女性

結婚を意識する年齢にある男性は、女性の家事能力も気になるようです。部屋がきれいに整頓されていたり、美味しい手料理を披露してもらえたら、「この子と結婚してもいいな~」と思ってもらえるかもしれません。まら、子供好きや子供のあやし方がうまいというのも家庭を連想できる一面なので、好感度は高いですよ。

コメントを残す