街コン用語集

メリット

読み方: めりっと

街コンの一番のメリットは、敷居が低いことです。

街コンポータルサイトから好きなイベントを見つけたら、応募して参加費をお支払いするだけで参加が可能です。

参加費のお支払い方法も、クレジット決済をご利用すれば更にお手軽にご参加できます。

イベント内容についても、結婚前提のイベントでは独身証明書が必要になったり敷居が高くなりがちですが、街コンはパートナー探し、恋人探し、友達探しといった気楽な理由で参加することができます。

また、街コンではたくさんの人数と時間を使って話せるのもメリットと言えるでしょう。

婚活パーティーは、たくさんの人数と話ができますが、一人につき5分だけしか交流の場を与えて貰えないものもあります。

着席型の街コンイベントの場合、15分から30分ぐらいお話ししたらシャッフルといったシステムを採用していることが多く、沢山の異性とお話しするチャンスがあります。

立食型の場合は、コミュニケーション能力に差はありますが、自由に行動してお楽しみすることができるのも魅力の一つです。

「とにかく数」が目的の人は、自分のペースで連絡先交換をすることもできますし、仮にお互いが気に入れば、気兼ねすることもなくお二人だけでお話するのも可能です。

他にもイベントを通じて交流することが目的の人には「趣味コン」、漫画やアニメが好きな人には「アニメコン」「オタクコン」、20代限定、30代限定といった年齢が近い人だけが集まる「同世代コン」といったように参加者の属性が絞られているイベントも多いのも特徴です。

参加してみたら「年齢が離れすぎていて何を話していいのか解らなかった」「趣味や休日の過ごし方を聞いたけれど、自分には1ミリも興味がなくてつまらなかった」いったようなことが少ないため、コミュニケーションで困りにくいというのもメリットとは言えるのではないでしょうか。

イベントによりますが、美味しいごはんやお酒を楽しむことができるのも、メリットと言ってよいでしょう。

街コンで使った店舗が、気に入って通い詰めるようになった、街コンに参加したら参加者さんじゃなくてスタッフ店員さんがタイプで惚れてしまった、なんてのも実はよく聞く話です。

街コンポータルスタッフの裏用語解説

当たり前ですが、合コンには合コンの良さ、街コンには街コンの良さ、婚活パーティーには婚活パーティーの良さがありますよね。

街コンの良さといえば、細かいことはスタッフとお店がやってくれるので、楽しむことだけを考えればいい、というのがあるのではないでしょうか。

知り合いばかりが集う合コンとは異なり、初対面同士がグループとなってコミュニケーションを行う街コンのほうがお互い自由にお話できるのは間違いないです。

また、婚活パーティーのような交流パーティーですと、その場でカップリングしないと連絡先交換もできなかったりするので成果ゼロということもあったりします。

街コンの場合は、お互いに連絡先交換は当たり前で、本当のスタート地点は二次会のお誘いに乗ってか、LINEをスルーされないか、というところなのかも知れません。

更新日: 2018年6月11日

『メリット』に関連する用語

『メリット』に関連するタグ