街コン用語集

飲み

読み方: のみ

飲みといったらお酒ですよね。

お酒に含まれているアルコールを適度に摂取すると、陽気になったり、爽やかな気分になったりするので、コミュニケーションツールとしてお酒はとても有効です。

街コンでもお酒が出るイベントはたくさんありますので、街コンや交流パーティーをお探しの場合はアルコール提供があるもの探して選ぶと良いのかも知れません。

街コンや交流イベントに参加される方の中には、未来の恋人との出逢いといった目的だけでなく「飲み友をさがしたい」という人も参加しています。

同じ食事や料理の趣味・指向をもった友達探しとしても、アルコールが提供される街コンは使われているようです。

ただしお酒の飲み過ぎには注意が必要!

「異性と盛り上がるにはお酒が必要」という人も多いと思いますが、飲みすぎて羽目を外しすぎないように気をつけてください。

飲みすぎて、酔いに任せた絡みをすると周りの印象も悪くなりますし、記憶がなくなるほど飲んでしまっては、せっかく出逢えた素敵な異性のことも忘れてしまいます。

また、飲み過ぎも気をつけてほしいのですが、お相手に無理にお酒を飲ませるのもNG行為です。

お酒の代謝は非常に個人差があり、コップ一杯のビールで危険な状態になる場合もありえます。

イベントを盛り上げる最高のツールであるアルコール。

正しく飲んで楽しいイベントにしましょう!

街コンポータルスタッフの裏用語解説

アルコール提供がある街コンやパーティーは数多くあるのですが、提供されるアルコールの種類や量はイベントによって異なります。

お店にある全てのお酒が飲めるイベント、最初の一杯だけは必ずスパークリングワインのパーティー、無料でビールが飲めないタイプなど、イベントによって異なります。

お酒の提供量も完全に飲み放題のもの、2チケット制、有料1ドリンク制など、さまざまです。

基本的にはイベント参加費に飲食代が含まれているのですが、イベントの形式次第なのが現状となっております。

イベントの説明文には目を通しておいてくださいね。

最後に、街コンやパーティーでお酒を飲む量についてです。

今日は飲んだなー、と感じたらアウト。

ちょっと飲み足りないな、くらいがベストです。

「もう少し飲みたいよね、街コン終わったら二次会いこうよ」なんてセリフがサラッと口からでるいい感じのほろ酔いが、よろしいのではないでしょうかね。

更新日: 2018年6月1日

『飲み』に関連する用語

『飲み』に関連するタグ